MBTI

【MBTI】16タイプのどうしても許せない欠点

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISFJ-マナーの欠如

マナーのない人間を非常に嫌います。
このタイプの人だけではないのかもしれませんが、マナーのない人を嫌っているのです。
マナーとは状況をしっかり判断して、その場にあった行動をし、その場にいる人たちを尊重し気遣う事を言うのですが、このことがわかっていない人は多くいます。
できない人に対して、とても厳しい態度をとります。
他人の気持ちに配慮をし、その場にあった適切なコミュニケーションをとることができること、、、単刀直入に言えば礼儀正しい人との共感と関わりをとりわけ大切にしているのです。

ESFJ-冷たさ

冷たさ、冷淡な人というべきでしょうか。
人には温かさと言うものが必要で、互いにその温かさの上に関係が作られています。
冷淡な態度を取る人の中には、自分だけが注目されたいと強く思いすぎるせいか、自分だけの目線で物事を捉えて、人に無関心でいる人がいます。
そのような人とは関わる事を拒み、逆にこちらも冷淡になってしまうのです。
優しさと温かさが人生をより豊かにし、良い人生を歩めると考えています。
冷淡な人とは交わることのない、穏やかで温かい人生を送りたいと思っているのです。

ISTJ- 好戦的

信頼ある関係を大切にしています。
社会の中で、周囲の人や社会的に認められることも大切に感じています。
そういった社会生活の中で好戦的な態度を取る人とは距離を置くのです。
人と共存する社会の中で好戦的に活きるととは愚かな行いであり、関わる必要がないと思っているのです。
知的な面を大事に生きて行く事を大切にし、同じ考えを持つ人と時間を共有しあい、人生を分かち合って生きて行くことが一番の幸せだと感じています。

ESTJ-混乱

混乱によって起こる、更なる混乱。
そのことにより解決のないもっと入り組んだ混乱状態になってしまう事をとても嫌います。
混乱は自分がきちんと確立していないと起こると思っているようです。
混乱に立ち向かえる人ならば、外へ混乱が向かうことはないでしょうね。
だらしない人や、秩序のない人は混乱を起こし、周りを巻き込無こともしばしば。
そう言う人には魅了はあまりないもので、距離を持って接しているようです。
混乱のその状況を自分でコントロールができるのなら、交友関係は続くでしょう。
しかし、周りのことがわからない、理解ができな人とは決して交わることはないのです。

ISTP-執着

執着が起こす、不安感や悲しい摩擦に離れて行く事を選びます。
自由を謳歌し、楽しめるので、それを大切にするので誰か他人からの支配を受けたくありません。
どんな時でも人は自由であるのは当然で、自由を奪われることは支配であってもあってはならないとだと思っています。
自分に自信があれば、自分の本当の願望をそれを知る大切な人たちと分かち合って人生を楽しめるのです。
しかし執着が起きてしまうと、全てが不幸になってしまったと感じてしまうのです。
自由がある人生を送りたいと思うのです。

ESTP-無視

誰でも嫌な不快な気分のなるのは、誰かに真意が不明なままで無視をされる事。
相手が誰であれ、それが愛する人なら尚更、無視などの行為はあってはいけませんね。
愛する人や大切な人からのこのような対応には、心からの動揺を感じてしまいます。
また反対に彼らは自分の近くの人を深く気にかけ、自分の生活の最優先として考えているのです。
もし、誰かに無視をされるようなことがあっても、彼らはその関係を元に戻そうと努力を惜しまないでしょう。
そして、無視が続くような混沌としか空間からの解放を求め、新しい冒険へ旅立つことでしょう。

ISFP-放置

放置等言う言葉が人と人の間で使う正しい言葉かわかりませんが、その行為は放置と言う表現が当てはまるように思います。
気にかけてもらえないと言うことよりももっと進行である放置。
愛する人から放置されている事を感じた時、とても深く傷つくと考えられます。
重すぎた愛情があるならば、距離を持ち、互いにストレスを感じず穏やかに生きて行く事を望んでいるのです。
きちんと向き合い、互いに話し合い、放置ではなく程よい距離を共有できるのならば。関係は修復されて良い方向へ進んでいくのです。
関係修復という努力をせずに、放置などど言う事をしてしまうと、望まぬ結果へ進んでしまうのです。

ESFP-無視

いつも愛する人から注意をはらわれたい、気にかけて欲しいと望んでいるので、無視をされることはどんなことより嫌うのです。
生活の中で愛する人とのつながりを大切にしているので、拒絶や無視と行った行為はあってはならないと思っています。
もし、友人なので虫により悲しんでいることがわかると、そん気持ちを共有し、痛みを分かち合おうとします。
無視と言う行為は話し合いも持たず、悲しい一方的な行為ですので、これは最大の怠慢と捉えているのです。
常にオープンである事を望み、それがとても大切な関係を結ぶ事だと信じています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。