MBTI

【MBTI/心理機能考察】ESTPとSe-Feループについて

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

Se-Fe繰り返しの意味と解決方法

全ての性格タイプにおいて、主機能を助ける補助機能の使用がうまくいかない場合に補助機能と対立する機能を代替として用いる事で打開を図ります。この際に働く機能を代替機能、または第三機能と言います。

外側の世界と内側の世界を結ぶために働く主機能と補助機能のシステムを再構築するために作動させようとするために、主機能と第三機能を繰り返します。一般的に、外向的な性格タイプの場合、この繰り返しに入ると、外向的な機能に目が向けられますが、これは、悪いことでも否定的なことでもありません。ストレスがかかると、自然に用いられる主機能とは異なる劣勢機能が作動します。この状態が長く続くと、過度なストレスから、感情的および精神的に疲れ果ててしまいます。ですから、外向的な機能によって解放する手段を必要とします。

ESTPは、Se-Feの繰り返しに入ると、内向的な機能を完全に無視して、主機能である外向的感覚と、第三機能である外向的感情に焦点を当てるようになります。通常、ESTPは補助機能である内向的思考も利用しますが、この繰り返しに入ると完全に内向的思考は無視されます。この繰り返しに入ると、ESTPは、他者からの意見や評価に焦点を当てるようになります。ESTPは脚光を浴びることを楽しんでいますが、その状況は非常に不健康であると言えます。ESTPは、周囲の人々から関心を集めることに躍起になるあまり、自分自身を見失うことになります。

健全なESTPは内向的な思考に依存しています

ESTPがSe-Feの繰り返しに入っていない場合、主機能である外向的感覚に加えて補助的な内向的思考機能にも大きく依存しています。ESTPは、補助機能である内向的思考によって、物事を論理的に評価し、事実を見て、合理的な考え方からこの情報を分析します。感情的な方法で意思決定をするのではなく、一歩下がって、より論理的な角度から物事を見ようとします。ESTPは、情報を正確に分析したいと考えています。

ですから、ESTPは、この内向的思考を、世界を理解するのを助ける手段として、また、周囲の人々に不快感を与えないような反応をする手段として使用します。周囲の人々の感情や思考に巻き込まれ過ぎないように、自分の内側にある思考が重要であり、評価されるべきであることを論理的に理解しています。ESTPは、補助機能である合理的な思考によって助けられていると言えます。

ESTPのSe-Feの繰り返し

ESTPが外向的な機能のみに目を向けると、内向的機能を完全に無視し始めます。そのような状態が長く続くと、Fe-Seの繰り返しに入ります。これは、ESTPに極度のストレスまたは深刻な変化が生じたときによく発生します。また、ESTPが周囲に順応していないと感じた場合にも発生する可能性があります。そんな時のESTPは、動揺するあまり、より前向きな結果を見つけることを期待して、外向的な機能だけに頼ります。

そして、この状態が長引くとESTPに大きなストレスがかかる可能性があります。ESTPが外向的感覚および外向的感情に依存しているときは、他の人々を喜ばせ、感動させることに集中します。また、物事を分析する場合でも、常に周囲の人々の行動を理解し、それを参考にして取り入れようとします。さらに、ESTPは無謀になり、今この瞬間と周囲の人々の注意を引く方法に焦点を当てようとします。

ESTPは、パーティーの主役になり、他の人々を感動させ、自分をスターのように見せることに取り憑かれます。これは、外向的感情により、周囲の人々に感動を与えたいという気持ちと、外向的感覚による外部からの評価を得ることや、今この瞬間を最大限に楽しみたいという願望からから引き起こされています。通常、健全なESTPは愛する人を幸せにすることに関心があり、他の人から注目を集めることに関心はあるのですが、補助機能である内向的思考機能を利用して、他の人々に対する感情的な検証よりも自分の思考に目を向けようと済ます。

ESTPのSe-Feの繰り返しを回避する方法

ESTPが繰り返しを脱出する最良の方法は、無視している補助機能に集中することです。外部の世界に目を向けて興奮を体験することに集中する代わりに、本を読んだり、パズルを解いたり問題を解決したりすることが重要です。自分の内側に目を向けて、内向的な機能を引き出そうとすることは、ESTPが再び自分自身になるために必要なことです。健全なESTPは、物事を分析する時に、他の人々に頼る必要はありません。

ESTPは自分の内側に目を向けて、快適な時間を過ごす必要があります。そのため、このようなパズルや謎解きなどに集中することは、非常に役に立ちます。ESTPは研究と読書が大好きです。そのような行動は、ESTPを内向的な機能に集中するように後押しして、Se-Feの繰り返しで無視してきた内向的な思考を引き出すことができます。ESTPは、自分で考える時間が長くなるほど、健全な状態の思考や感情を再び感じ始めます。周囲の人々やつながりから一度距離を置くことは、ESTPがSe-Feの繰り返しから解放されるために必要なことです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。