MBTI

【MBTI】16タイプ別の恋の仲介者

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

INFJ

INFJタイプは、自分自身を仲介人と見なしたくないかもしれませんが、本当は得意なタイプです。
このタイプは、人々をつなげる調停者を上手に演じることができますが、
それは、人間というものとその感情をかなりよく理解しているので、誰と誰が相性がいいのかを把握できるからです。
このタイプは、気になるふたりがお互いの心を開けず苦労している場合に、繋がりを持つのを助けてくれます。
たとえ本人が望んでいなくても、このタイプは間違いなく仲介人に向いています。

ENFJ

ENFJタイプはとても優れた仲介人であることに加え、この称号を引き受けるのが好きです。
そして特にロマンチックな方法で人々を結び付けるのが大好きです。
このタイプは愛を見つけるのが本当に重要なことだと信じており、
他の人が幸せになるのを助けるためにできることをしたいと考えています。
愛する人を幸せにすることが最も重要なことだからこそ、自身にとっても仲介人の仕事は大切なのです。
また、このタイプは他人の感情を理解しているので、このことも他人を調停し結びつけるのに役立っています。

INFP

INFPタイプは、トラブルに巻き込まれる可能性が高いと感じてしまうので、仲介人役は好きではではありません。
このタイプは、他の人が幸せになりたいと望み、協力を求められたときにだけ人助けをします。
それ以外の場合は、人々が自分の愛の生活について決断を下す時は、自分の心に従うように促すでしょう。
このタイプは、好きな人になら、自分の望みを叶えようとするのを助けることができますが、
本当は望んでいないかもしれない人に何かを強要したくはないのです。

ENFP

ENFPタイプは、自分の恋は自分で決めてほしいと考えているため、仲介人役はあまり好きではありません。
他人の恋心を発見する手助けをすることはありますが、最終的には心に従うように促します。
このタイプは、他人のロマンティックな生活に口出しするかわりに、
その人が望むものを追い求める自信を手に入れられるよう助けたいと思っています。
このタイプの人は、自分の心に従い、自分を幸せにしてくれる人々を探すことと同じくらい、
正しい関係を結ぶことも重要であると信じています。

INTJ

INTJタイプは他人の恋愛に口出しすることにあまり興味がないため、仲介人として見られることは普通ありません。
このタイプは愛の生活となるとむしろ、人々に考える余地を与え、自分で決定を下せるようにします。
しかし、有用なアドバイスを提供するのが得意であることが多いので、求められたら誰かに考え方や視点を与えようとします。
このタイプは、人生において新しい関係性を作ることを求めていない人がいることを理解しているので、仲介人を演じる必要性を感じていないだけです。

ENTJ

ENTJタイプは確かに仲介人向きではなく、むしろ自分の恋愛のことは自分で大事にできると考えています。
このタイプにとっては、人々が自分で物事を理解し、自立心を持っていることがより重要なことなのです。
ですので、相思相愛に見えるふたりがいても、首を突っ込んでふたりを引き合わせる必要はほとんどないと感じています。
このタイプは、誰かが助言を求めてやって来ない限り、自分のことは自分でさせます。
他人の世話よりも、物事を成し遂げることにもっとも興味があり、自分自身と愛する人たちのために常に未来の構築に向けて努力するタイプです。

INTP

INTPタイプは仲介人と見なされることはなく、他人の生活に干渉することを嫌います。
このタイプは、自分が何かを要求するときに誰かに助言を与えることには最善を尽くしますが、
他人のことに口を出すのが好きではありません。
さらに人の感情を読み解くのが得意ではないので、自分でも仲介人に向いていないと思っています。
人々を引き合わせたり、ロマンティックな状況を作ったりすることが上手になるためには、
感覚や感情との密接なつながりを理解することが必要ですが、これはこのタイプの特質にはないのです。

ENTP

ENTPタイプはお節介が好きではないので、仲介人向きではありません。
このタイプは感情に左右されないため、他人を実際に引き合わせることは困難です。
彼らは愛する人を気にかけ、幸せになりたいと願ってはいますが、
何をすべきかを詳細に示すのではなく、自分が望むものを探す人々を励ますことにもっとも興味を持っています。
仲介人には向いていませんが、むしろ人々が自分で選択を行えるようにします。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。