MBTI

INFPのための効果的なダイエット

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

INFPとダイエット

減量と健康的なダイエット方法に対応することは、多くの人々にとってとても大変なことです。そのため、私たちはしばしばこれらを簡単にするための方法を探しています。時にはより健康になるために個人的な方法を見つけることがあり、その個人的な方法があなたにとって最も良い手段の場合があります。そのため、ダイエットの方法は固定化されておらず、その方法が他人にとっては逆効果となる場合があります。これが性格タイプを深く掘り下げ、実際に健康的なライフスタイルと減量計画に向けた良い方法を示すのに役立ちます。時々専門的なことが必要になりますが、それは、それぞれの性格タイプにそれが有益であるかを学ぶために重要です。

INFPは好奇心が強く、時には自発的な人なので、厳しい規則やスケジュールは機能しなくなる場合があります。制限が強すぎると感じるものは、たとえ最初は頑張ろうと思っていても、その後疲れ果ててしまうことがあります。厳しい環境に圧倒されたり、物事を過度に整理しないといけない場合、INFPは食事療法と運動スケジュールに従えなくなります。INFPは興味を深く保ち、厳しいものに従う必要のないものを求めています。これがINFPにダイエットや減量を試みるとき、INFPにニーズを満たすこと役立ちます。

INFPに効果的なダイエット

INFPにとってつながりがあり仕事のように感じない運動を見つけることが大切です。ヨガや自然の中でのランニングなどはINFPに向いているようで、動機付けのためにこれらの運動を行うことは重要です。INFPは自分自身をやる気にさせてくれる方法を見つけるのに苦労するので、INFPはしばしば実際に刺激のあるものを必要とします。

INFPに自由を与え、その過程で成長できる余地を見つけることで、INFPはよりひらめきます。平凡な運動は仕事のように感じるため、一部のアプリを使った運動が役立ちます。INFPが最も興味を引くようなもの、アプリか、INFPに趣味に関するものといったINFPを刺激する何かを見つけることは、INFPの計画をはるかに楽にしてくれるでしょう。

ワークアウト中に音楽を聴くだけでもINFPをわくわくさせることができます。これによってINFPにいい影響を与えることはとても理想的です。INFPはそれによってポジティブな気持ちになり、実際に仕事をしているように感じません。また、INFPが興奮するような運動を見つけることも、INFPを幸せだと思う環境に移すことで、よりスムーズに行えます。

ダイエット計画

ほとんどINFPにとってダイエットの最も良いプランは、いくつかの一般的な計画にしたがうのではなく、特定の健康的な方法に集中することです。特定のダイエットをすることは、INFPにとってすべてやりがいのあるわけではありません。INFPはすべての有機食品や健康食品を食べるなど、より細かく個人的な方法に集中する必要があります。INFPの一部は、ベジタリアンであるので、ダイエットにやりがいを感じます。INFPがスナックを我慢することは良い考えですが、それが出来ない時があります。INFPは一時的な感情に囚われているので、常にこのようなことを断ちたいと思っています。INFPにとってコントロールされていると感じるようなダイエット方法は何も役に立たないので、INFPが実際に楽しめる食品を選択することはとても重要です。INFPがダイエットを楽しんでいると感じることはとても有益なことです。

INTPのダイエットの挑戦

INFPはスケジュールやルールではなく、感情やモラルに従う傾向があります。ほかの人の計画に従うことは難しい場合があるので、物事が厳しすぎるとINFPは苦労します。INFPは自分にとって正しいと思うものや、INFPに最も刺激を与えるものを追求することの方がはるかに向いています。INFPが何かに強制されていると感じた場合、INFPはストレスを感じてしまうことがあります。INFPはおそらく、どんな種類の食事や運動も断念し、より自由な何かを見つける必要があります。これは実際に減量のプロセスよりもルールに圧倒される可能性があるため、計画を設定することはINFPにとって大きな負担になります。INFPが物事を成し遂げる能力が高いですが、よりオープンで快適な環境が必要です。

INFPの感情に従うことは、INFPの食事療法または計画をだますことを望んでいるとき、INFPをより変な状況にしてしまう可能性があります。INFPは自分自身をより緩める必要があるので、周りの人はそれに対してより寛容であることが重要です。体重を減らして、健康になることはあくまでも過程であり、時にそれでミスを犯してしまい、気を病む原因になります。INFPは時に弱点のあるときは公平な視点をもつ必要があります。INFPの感情に従うことは困難かもしれませんが、諦めないで取り組むことが重要です。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。