MBTI

ENFPとESTJの関係性を深掘りしてみる Part.1

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ENFPとESTJの組み合わせを見たとき、もしかすると「あの人たちに共通点ってあるの……?」と疑問に思うかもしれません。閃きの申し子であるENFPと、経験を重んじるESTJの組み合わせなのですから、普通は価値観の食い違いから喧嘩が起こりそうなものですよね?

ですが実際には、ENFPとESTJは多くの共通点を持っているものです。そして同時に「違う世界に生きてるんじゃないかとも思えるけど、でもそれが魅力的にも思える……」というような決定的な違いを持っています。

程よく同じで、肝心なポイントが異なる。――強みを生かし、弱みを補い合う関係性を築くうえで、この関係性は良い方向に働くとは思いませんか?

そこで、今回はこの二つのタイプがどのようにくっつき、どのような問題に直面するのかについて、説明していきたいと思います!

心理機能の比較 – ENFPとESTJ

ENFPの場合

  • 優勢機能: 外向的直観(Ne)
  • 補助機能: 内向的感情(Fi)
  • 第三機能: 外向的思考(Te)
  • 劣位機能: 内向的感覚(Si)

ESTJの場合

  • 優勢機能: 外向的思考(Te)
  • 補助機能: 内向的感覚(Si)
  • 第三機能: 外向的直観(Ne)
  • 劣位機能: 内向的感情(Fi)

「心理機能」の違いはENFPとESTJの関係に、どんな影響を与えるのか?

心理機能とは、一人一人が生まれながらに持っている「個性」です。

ENFPは優勢機能(=強み)として外向的直観を保有していて、劣位機能(=弱み)として内向的感覚を保有しています。そしてESTJは優勢機能として外向的思考を、劣位機能として内向的感情を保有しています。

「感情」から見る、ENFPとESTJの違い

ENFPは、合理性よりも感情を重んじるタイプであり、内向的感情の持ち主です。これによりENFPは「自分が”正しい”と思えること」を優先し、道徳的に正しい決断を下そうと努力する傾向にあります。目先の利益や合理性よりも、信念を意思決定の際のコンパスとするのです。

対するESTJは、内向的感情を劣位機能として保有しています。優勢機能である外向的思考も相まって、どちらかといえば「合理性」を優先しがちな傾向にあるでしょう。これは時に「自分を自分たらしめる”核”がない、浅い人間」という印象を与えてしまいますし、場合によっては実際にそうである可能性もあります。

感情や道徳、倫理観といったものは、ESTJにとって「取るに足らないもの」であるかもしれません。そのためESTJは、合理性を推し進めるあまりに配慮を欠き、反感を買うことがあるでしょう。「現実を、現場を知らないから、あんな決断を下せるんだ!」と、お叱りを受けることも少なからずあるかもしれません。

「思考」から見る、ENFPとESTJの違い

ESTJは、感情よりも合理的思考を重んじるタイプであり、外向的思考の持ち主です。彼らは意思決定をする際、論理的かつ実証可能であることを最優先し、コストパフォーマンスを検討した上で、最も適切と思われる選択肢を選ぶよう気を付けるでしょう。そのうえで彼らは「客観性」を大事にしていて、感情や主観によって客観性が失われることを非常に恐れています。

対するENFPは、第三機能として外向的思考を保有しています。これはつまり、合理的に考えることはできるものの、それは「偶に発動する」レベルのものであり、あまりアテにすることができない、ということを意味します。とはいえ外向的思考が正常に働いたときのENFPは、非常に論理的な説得力のある話をすることでしょう。

しかし、ENFPは外向的思考の扱いに長けているわけではありません。合理化された計画を構築することや、スケジュールに縛られる生活はあまり好きではないでしょう。それに彼らは通常、外向的思考よりも内向的感情を優先して物事を考えます。ENFPにとっては、やはり合理性よりも「道徳的な正しさ」のほうが大事なのです。

「直感」から見る、ENFPとESTJの違い

ENFPは直観が優勢なタイプです。外向的直観を使用するENFPは、周囲の世界に転がっている数多の可能性を拾い上げることを得意としています。これは「一つの道筋に縛られることを嫌い、常に他の可能性を模索する」というENFPの性格特徴に大きな影響を与えている心理機能です。

そのため、基本的にENFPは「ルールを無条件で信奉し、それを遵守する」ことに対して懐疑的な立場を取っています。もしかすると、ENFPは「当たり前」とされているものに噛み付いてるかもしれません。

対するESTJは、第三機能として外向的直観を保有しています。このため彼らは「新しいアイディアをこねくり回したり、可能性を発掘すること」を楽しむことができますが、それは余暇での話。仕事上や日常生活の中では、そうはいきません。

基本的にESTJは「伝統とされるもの」や「既存のルール」にさして疑いを持たず、それを遵守するタイプです。なので、時代齟齬的であったり、道徳的および倫理的に大きな問題があるものでない限り、既に定められたルールを守り続けるでしょう。既にあるルールや伝統を疑ったり、それを検証しようとする行いは、時間の無駄であると彼らは考えているのです。

「感覚」から見る、ENFPとESTJの違い

ESTJは感覚が優勢なタイプです。内向的感覚を使用するESTJは基本的に、机上の空論よりも自分の経験を信じています。過去に経験した出来事や、過去に実証されているデータなど、つまり「~かもしれない」という話よりも、「過去に例がある物事」を信じる傾向にあるのです。

そして内向的感覚が優勢であるESTJは、自分の体に対してもよく気を配っています。空腹感、喉の渇き、いつもよりもずっしりと体にのしかかってくる疲労感など、それら体からの”信号”を素早くキャッチし、事態が悪化するよりも前に手を打つことに長けています。

対するENFPは、劣位機能として内向的感覚を保有しています。これは、体が発している危険信号を見落としてしまいがちである、ということを意味します。あふれ出すアイディアに気を取られて、寝食を忘れて集中してしまい、徹夜したのち、疲労困憊で倒れる……だなんてことを起こすENFPも中にはいるでしょう。

そんなENFPは基本的に、経験から学びません。例えば「寝坊して遅刻する」――これを彼らは、常習的に繰り返す恐れがあります。他にも「洗い物の最中にテレビドラマに気を取られて、皿を落として割ってしまう」や「税金の納付を後回しにし続け……毎年毎年、滞納しそうになる」といったことを、何度も繰り返します。教訓というものが希薄なのが、ENFPなのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。