MBTI

【MBTI】16タイプと過去について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

経験をしてきた出来事をとても大事にしています。
今までも経験があったからこそ、現在があるので、この出来事を忘れてしまうことはできないのです。過去の経験から学び、成長してこれからの人生に良い影響を与え、豊かにしようと思っています。
また、自分の過去の出来事にだけそう言った出来事があったり、経験があるとは思っていません。
各国の伝統や行事など、そういったことも全て人としてまなぐ事ができると思っているのです。
これは大事なものを守るための過去であり、経験であると考えています。

ESTJ

過去の経験を手放してしまうと、これから起こるかもしれない問題の対処ができなくなるかもしれないと思っています。
過去の問題とその解決方法は、これからの出来事に大いに役立ってくれるものなのです。
過去の経験は手放す事はもったいない経験です。
自分の周りの人たちが快適に暮らすためにも、経験として過去の出来事は記憶に留めておなども必要があると考えています。
これがESTJが人生に恨みを抱き、過去肩引きずって物事を手放せずにいる理由かもしれません。

ISFJ

過去に拘っている部分があります。
未来を思い描いていて、この未来に進むために過去の出来事のこだわりを持ってしまうのです。
とても記憶力がよく覚えていることも多いので、悪い思い出などもよく覚えています。
もし嫌な思いをした記憶があるのならば、その相手などに対して良い関係を築く事が難しいかもしれません。
自分の大事な人たちが嫌な思いをした時もそのような思いを抱くかもしれませんね。

ESFJ

過去は切り離して考えるものではないと思っています。
過去の出来事があって、今があります。
その過去を否定したり、手放すことは今の自分を作っている一部分がなくなることと同じです。
自分の一部部分を消してしまうかもしれないのです。
過去の出来事で影響を受けたものは、大事な経験隣現在も記憶にあるので簡単には手放すことはできないのです。
自分自身の経験となっているものを通り過ぎてしまうことは、自然な事ではないと考えています。

ISTP

過去に拘っているわけではありませんが、過去の思い出を手放すことは望んでいません。
自分が過去に囚われていると思ってはおらず、この経験によって現在の状況に集中してくれあせているのです。
今の生活や状況を楽しむために、過去の出来事が影響を与えすぎていると思う時は、過去を完全に思い出したりしないようにします。
常に新鮮に現実と向き合いたいので、過去に囚われることはしたくありません。
現在の生活に影響を与えない程度の過去の出来事は大事に思うかもしれません。

ESTP

過去とは完全に切り離された状態で現在を生きています。
過去は通り過ぎたそのときに、離れていつまでも記憶に持ち続けていることはありません。
今この瞬間、現在を生きていると強く感じています。
過去に縛られてしまうことで、現在の生活が変わってしまってり変化は必要になることは良いことだと思っていません。
大事なことは経験をしたから現在があり、この今を生きているこということなのです。

ISFP

今生きている、この生活に必要なのない過去は手放しています。
出来事が起きたときにその瞬間に自分が感じ、そこで学んだことや感じたことを大事にしているのです。
失敗があった時も、失敗から学ぶのです。
どんな時でもその時、瞬間に注目していて、その時々に感じる事を自分の成長へ結びつけているようです。
笑顔になれない思い出や自分が傷つくような記憶を持ち続けていたくないので、過去は必要ないと感じています。

ESFP

いつでも注目して注意をしているのは、今、この現在です。
今のこの瞬間から、多くのものを自分が感じて影響を受けています。
過去にとらわれていると本当に大事なことや今向き合わなくてはいけないことと向き合えなくなると思っています。
それは過去の問題がまだ解決ができていなく、過去にとらわれているからなのです。
どんな出来事でも、過去に起きた出来事は解決しているので、現在まで気にしていることはまだなことになるのかもしれません。
大切に思い注目しているのは、自分を家族の幸せです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。