MBTI

【16の性格タイプ別】秘かに恐れていること

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ 平静を維持する能力を否定されること

ISTJは、真面目で責任感があります。また、組織や家族など親しい人への忠誠心が強く、責任感が強いので周囲の人々から信頼されます。また一度や決めたことは、どんな困難に遭遇しても最後までやり通そうとします。他の性格タイプが動揺するような非常時であってもISTJは常に冷静に対処します。そんなISTJは能力がないと見なされるのを大変恐れています。ISTJは、社会の大切で役に立つメンバーになりたいと切実に思っています。

ESTJ 目標達成する高い能力を評価されないこと

ESTJは、責任感があり、何事も最後までやり遂げます。計画性があり、予定通り仕事や勉強を進めます。また、ESTJは、他人の目をとても気にする傾向があり、有能であると評価されたいと思っています。自分が弱く無能であると見なされることを好みません。ESTJは、愛する人から誇りに思って貰えるように一生懸命働いています。ですから、ESTJは、能力がないとか、感情的に不安定だと他人に思われることを非常に恐れています。

ISFJ 誰からも必要とされないこと

ISFJは、愛する人に幸せな気持ちを与えたいと考えています。また、忠誠心が強く、勤勉でひたむき、思いやりのある性格で、人の役に立ちたいと願っています。ですから、目の前に困っている人、助けが必要な人がいると、手を差し伸べたくなります。そんなISFJは、誰からも必要とされないことを恐れています。また、ISFJは、周囲の人々から自分が一生懸命にやっていることを適切に評価されないことも恐れています。

ESFJ 愛する人を幸せにする能力がないこと

ESFJは、人の力になれるのなら、面倒な事でも喜んで引き受けます。特に誰かが困っている時に助けてあげることが出来ると大きなやりがいを感じます。ですから、愛する人に対して望んでいるものを提供できない場合に非常に落ち込みます。また、ESFJは、あまりにも懸命に人に尽くすあまり、それが原因でストレスをため込む可能性もあります。他人からの評価も望んでいるので、批判されたり無関心な態度をとられると傷つきます。

ISTP 高い能力が評価されないこと

ISTPは何事も客観的に判断し、冷静沈着です。また、危機に直面すると、素早く問題を解決します。勘が鋭いので最小限の努力で最大の成果を発揮します。しかし、ISTPは、人付き合いがそれほど得意ではありません。自分の感情を他人と分かち合うのが苦手で相手はISTPが何を考えているのか理解するのが難しいかもしれません。そのため、ISTPの素晴らしい能力も伝わらないことがあります。ISTPは自分の能力が適切に評価されないことを恐れています。

ESTP 他の人に賞賛されるような能力が埋もれてしまうこと

ESTPはお喋りで社交的です。場の雰囲気に合わせて次々と面白い話を考えます。気持ちがおおらかで、人との交流も上手なので友人は多く常に忙しくしています。その一方で、ESTPは、性格の良さだけでなく、論理的で素晴らしいアイデアを思い付きます。他人を感動させるよいな技術と知性をいつでも披露できるように、膨大な量の知識を学ぶよう努めています。しかし、ESTPの新しい物好きで活発な面ばかりが目立ってしまいそれらの能力が埋もれることを恐れています。

ISFP 多才な能力が評価されないこと

ISFPはいまを生きることを楽しみ、その瞬間瞬間を味わいます。そのため、絵、音楽、料理、体を動かす事など、やりたいと感じた事を、徹底的にやります。一旦活動しだすと、脇目もふらず熱中する事もあります。しかし、ISFPは、他人に影響を与えたいという野望なのはなく、趣味なども親しい人以外にはなかなか見せないので、周囲の人からは理解されにくいかもしれません。ISFPは、自分が価値がないとか卑劣だと思われたくありません。

ESFP 知性がないと思われること

ESFPは仲間と一緒にいるのが好きです。みんなが楽しめるように工夫する事にやり甲斐を感じています。また、ESFPは、仲間に好かれることを望んでおり、そうするために積極的に環境に溶け込みます。その一方で、ESTPは、自分の感覚で集めた情報から解決策を見出します。特に人に関する細かい事をよく覚えています。ESFPが仲間達と賑やかに楽しんでいるからといって、知性的でないと評価されることを恐れています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。