MBTI

【16タイプ別】性格タイプに基づく在宅勤務の対応

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

普通に家で仕事をしている人であろうと、現在の生活スタイルの変化に取り組んでいる人であろうと在宅勤務に対応するのは難しいかもしれません。今回の隔離では困難な場合もあるため、誰もが自宅で仕事するという考えに満足しているわけではありません。

自宅から自分のペースで作業できるという考えの人もいるでしょうが、それでもそうした人々にとっては問題となる場合があります。常に協力し合うことはいずれ限界が訪れるため、これを解決するための方法が必要です。それぞれの性格タイプが自宅で仕事するときにどのようにするのか示します。

INFJ

彼らは自分で時間を取れるため自宅で作業することを楽しむ場合があります。外での気晴らしをしないと彼らは働けなくなる場合があります。彼らは他人を気にしているので、助けられることでそれが失礼だと考えるかもしれません。これによって彼らは働けなくなる場合があります。このため、自宅で作業するということは、他人と距離を置くことになるので、彼らにとってはとてもうれしいことです。彼らは内向的であるため、ひとりの時間を楽しむようです。スケジュールと実行計画がある限り、実際にそれに集中できるようになります。彼らはひとりでいることに抵抗がないので、多くの場合、1人でいることでリラックスでき、生産性がある時間と考えるようです。

ENFJ

彼らは他の人との交流を楽しんでいるため、自宅で仕事するということは、彼らにとって苦労することのようです。彼らは多くの場合、何らかの方法で人と関われる職場を好みます。彼らは物事を成し遂げることに焦点を当てた効率的な人間ですが、彼らは関係を築くためにある程度の時間を要します。彼らが自宅で仕事をするということは他の人と繋がっていて、気が狂うのを防ぐ必要があるということです。彼らがあまりにも長い時間人と協力し、彼らの仕事場で考えを明確にし、彼らの何かを成し遂げる必要があることに集中することをサポートする必要がある場合、彼らはそれに対して不安になります。彼らにとって、物事に出口があり、仕事後にコミュニケーションを取る機会がある限り、自宅での仕事に対応できるようです。

INFP

彼らは自分自身の時間を楽しんでおり、常に拘束されていると感じたくありません。彼らが自分の時間を必要とする場合、自宅で働くという考えは彼らにとって非常にやりがいを感じるようです。仕事場で常に見られて、人々が一貫して相互作用しようとしていることを感じることで彼らは疲れてしまいます。雑談する代わりに彼らは自分たちに仕事のペースをしっかりと持つようです。彼らが自宅で仕事をする機会があれば、それについてやりがいを感じ、リラックスすることが出来ます。最大の問題は自己動機付けであるため、物事が明確で他のものに興味が向かない限り、彼らは最善を尽くします。彼らはこの時間を楽しんでいるため、このような時間が苦ではありません。

ENFP

彼らは社交的で、他の人と交流できる人です。自分の時間が好きだからといって、自宅で仕事が出来ないということではありません。彼らは非常に活発な心を持ち、仕事が忙しくても自分の時間を楽しむことができます。自分の仕事に対応するために、ある程度の距離を置くことは、彼らにとってその後に交流する時間があるか限り彼らは仕事をすることができます。彼らは休憩時間を取り、同僚と交流できる時間も楽しんでいます。これにより彼らの仲間は繋がりを感じることが出来ます。彼らは他の人と知り合い、時間を共有できることを好む友好的な人々です。繋がりを持てずに人と関わることがある場合は彼らは疲れてしまいます。

INTJ

彼らは自立しているため多くの場合、在宅勤務が可能です。彼らは物事を成し遂げるために自分自身のペースを持つことを好み、他の人が彼らの期待することについて心配する必要はありません。彼らにとって、邪魔される人々に常に対応する必要なしに、自分の仕事を進められることにやりがいを感じます。彼らは一部の作業環境で、人との関わりに伴って忍耐能力を失う可能性がないことは良いことです。彼らは自分自身の時間に不安を感じることはありません。代わりに他の人に気を取られずに仕事を終わらせられる良い機会となる場合があります。彼らは職場の人と交流する必要がなく、むしろ効率的で何に焦点を当てるべきか理解しています。

ENTJ

彼らは独立した人であるため、在宅勤務時には最善を尽くします。しかし、彼らはチームで作業するという考えを大切にしており、他の人から様々なことを吸収したいと考えています。彼らは責任感があり、リーダーに向いているため、他の人に働きかけることでやりがいを感じます。彼らは非常に効率的な性格なので、1人で物事を成し遂げることができます。何をする必要があり、自分で課題の傾向を確かめることができます。彼らは人々に集中し、動機付けられている一方で、他の人と一緒にいることを楽しんでおり、とても社交的です。彼らが働いているときに、自分自身に焦点をあてること維持するために努力しています。彼らは一日が終わったときに会話する必要があるようです。

INTP

彼らは職場で他の人に管理されていないと感じる時に躍動します。彼らは自分で物事を成し遂げられる人です。彼らにとって在宅勤務中に創造的な自由な時間があることはうれしいことで、それについて解放的に感じます。彼らにとって最大の闘争は、内面的な思考に気を取られてしまう可能性があるため、自己動機付けが必要な場合があります。彼らがより計画的で、組織化された計画を持っているならば、彼らは在宅勤務でうまくいくでしょう。彼らが任務を遂行できる限り、彼らは自分の時間を楽しんでいます。彼らは人とのやりとりを強いられることを嫌い、このようなタイプの作業空間に疲れてしまう必要があります。

ENTP

彼らは多くの場合、自身のペースで楽しんでいる性格ですが、とても社交的です。他の人と
やりとり出来なくなると、イライラすることがあります。彼らは相互作用して、他の人のアイデアから影響を受けなければなりません。そうでなければ、彼らが疲れ果ててしまうかもしれません。彼らは他の人がいなくても仕事を終わらせられますが、やりとりをしながらの方が快適だと感じています。彼らは非常に賢く、有能な人であるので、自宅で仕事を終わらせることは簡単なことです。彼らの本当の戦いは疎外感を感じ、他の人と交流することが出来なくなることです。

 

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。