MBTI

【MBTI】16タイプ別の自分自身への疑問と解決

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

自分へ何か疑問も持った時、その時にはあなたはどんな行動をとるのでしょうか。
考え込んでしまうのか、それとも前向きに進んでいくのか?
それぞれの思いがありますが、自分自身への疑問どのように解決するのでしょうか。
個性のよって違う自己疑問をタイプ別に分けて見ていきましょう。

INFJ

自分への疑いを持つことがあります。
自分自身を見つめ直そうとしている時にふと感じることです。
自分のことがわからないと感じた時には、人生のくらい迷路のような出口が見えない状態になったと思うようです。
これで人生が終わるのではなく、新しい一歩を踏み出すチャンスかもしれません。
この苦しむことの経験することで、この先に見えてくる自分が目標とするものがはっきりしてくるのです。
自分自身を見つめ直すトンネルの先には新しい道があり光が見えるのです。
不安をたくさんじる人ですが、これも人生にとって、大事な糧となる経験です。
トンネルの出口を目指して、自分の可能性を見つけ出してください。

ENFJ

避けようと思うことがあるのですが、どうしても避けることができないときあるようです。
自分に対しての不信感が募ってしまうと、大きなストレスになる可能性があります。
誰もが完璧な人間ではないので、安心することが大事ですね。
自分が目指しているものに近づけていないと感じたり、認識されていないと感じてしまうことで
自己不信が生まれてしまうのです。
しかし、自分の中で考えるような出来事も自分の気持ちも切り替えで変えられると思っています。
そして自分でも変わろうと努力を惜しまない人でもあります。

INFP

内面に向かってしまうことがあるます。
自分の中の疑問は大きくても考え込んでしまう傾向にあるようです。
自分自身の思いや考えが難しくなっていくことを悩んでいるのです。
思い通りにいかないことや、壁にぶつかってしまうと自分の中でぐるぐると考えが巡ってしまうようですね。
考えることは大事なことですが、ただ考えていることではなくどのように前に進むことが大事なのか、か投げた方が良いようです。
このような悩みも、チャンスと考えて前へ進むように切り替えることも大事ですね。

ENFP

自分自身が前に進めなくなっている時に、止まってしまうようです。
普段はチャンスを逃すことない人なのですが、何かを心に止めている時はそのこといっぱいになっているようですね。
自分にとって転機のように感じる出来事が起きた時に、この期待に応えることができるのか?と思うようです。
何かに夢中になりすぎてしまって、周りが見えなくなり忘れてしまう物事が多いようです。
立ち止まっている時には、外に出るよりも心地いい自宅や安心できる場所で静かに過ごすことが大事なようです。

INTJ

自信がないと感じてしまうことは誰にでもあります。
この人はこの自信ない時には、原因を見つけて、その部分から分析をして解決していこうと考えます。
何を正して、どのように修正をしていくのか、、、自分の中でじっくりと考えて見極めて一番良い方法で解決します。
どんなことでも原因を知って、解決させることが経験となり自分の抱えている疑問や不安は解決できると考えます。

ENTJ

自分が自信がなくなっている時、その感情を打ち消そうと考えています。
そのような感情があると、安定していることもバランスが崩れていくと考えています。
自信を失ってしまうような時に、この事態にどのように対応していくかで自分自身の本当の価値がはっきりと見えることだと思っています。
今の状態を嘆くことより、今ある状態をどのように変えていくかを自分で方向転化することに力を注いています。
落ちこんでいる時こそチャンスと考えて、これからをどの様に活動していくかが大事になるのです。
これでこの先の人生の進み方が変わってくるのです。

INTP

自信をなくしてしまったり、自信がないと不安な時間を過ごすことがあるのです。
原因があるから起こることではなく、考えすぎから起きることが多いようです。
自分のことや、仕事のことなどとても細かい部分まで原因を分析します。
あまりに悩み過ぎてしまうと、自分おからに閉じこもってしまうこともあるようなので、人に話すことも大事になります。
正しい選択をしたと安心したものではありますが、その場では答えがわからないこともあるのです。
その結果は人生を少し歩んだ時に気がつくこともあるのです。
焦ることはありません。
結果をのんびり待つこともいいことかもしれませんね。

ENTP

自分一人の時間や、何か考え込んでしまう時間が長くなってしまうと、気持ちに迷いが出てきてしまうのです。
同じことでもぐるぐると考えが回っているのです。
どんなに考えても答えが見つからなかったり、行動を起こして一歩前に出ることも大事になります。
暗い考えや、同じことだけを考えていると何も動き出せないので、思い切って前に出てみると意外な解決方法が見つかることもあります。
悩んだことは決して無駄にはならず、悩んだことが人生の勉強となっていつかプラスとなって帰ってきます。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。