MBTI

【MBTI】性格別ストレス時の行動

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

最低値のストレス : 「ISTJ」が初期のストレス症状を感じると、新たな挑戦はせずに過去の経験に基づいたルールと義務を優先させます。普段通りに仕事をこなすためにストレスの原因を正常化させ、自分なりの常識を全うさせようと模索するでしょう。
最高値のストレス : 己の道徳観に忠実な「ISTJ」は、耐え難いストレスに曝されるとその特性を見失い、堅実な解決方法を捨てて目新しい手段にばかり目が向くようになります。結果問題が解消することなく、それまでの実績さえ失う可能性さえあり、普段の仕事すらこなせなくなるのです。

対応策 : 「ISTJ」はその誠実さと倫理観を取り戻し、社会的な立場を再確認しなければなりません。高ストレスに置かれた彼らは、物事をやり抜く力や自信を失いがちになるので、まずは建設的な自身の能力に信頼を置くことが重要です。

ESTJ

最低値のストレス : 「ESTJ」がストレスを意識し始めると、周囲の状況を整えることで彼らの平静を保とうとします。目前の仕事を遂行することに専念し、確固たる体制を築くことで周囲との関係性を生産し、自分のルールを他人にも徹底させようとするでしょう。「ESTJ」は彼らの経験値を活かした手段で難局を乗り越えるのです。
最高値のストレス : 強いストレスは「ESTJ」を感情的にさせ、本来の倫理観に基づいた行動には至らなくなります。その結果、周囲からの疎外感を必要以上に感じることになり、自らも他の人々を退けるようになるのです。俯瞰で物事を見られなくなった彼らは全てに対して弱腰になり、その反面自分の大切な者たちを力で従わせる傾向に陥るでしょう。

対応策 : 本来社会性に長けている「ESTJ」は、彼らの高い能力を再認識し自分なりの秩序を取り戻さなければなりません。その上で他の人々に求められることで、更に実力を発揮するのです。但し周囲の者たちは「ESTJ」の揚げ足を取ってはならず、彼らが己の才覚に自信を持てるよう協力することが重要です。

ISFJ

最低値のストレス : 「ISFJ」は軽度のストレスを自覚すると、手始めに生活の基盤に気を配り、保とうと努めます。秩序を整えることで愛する者たちに居心地よい場を提供し、貢献するために全力を尽くすでしょう。彼らも愛されている実感を持つことでストレス症状から回復していきます。一人きりで本来の力を取り戻す時間は大切ですが、それ以上に他人に尽くすことを選択するのが「ISFJ」なのです。
最高値のストレス : 調和を大切にする「ISFJ」は限界値に近いストレスを感じると、他人との協力体制を拒み、過去の功績にも頼ろうとしなくなります。判断力や協調性に乏しくなり、ストレスから逃れるために周囲に負担を掛ける可能性が高くなるでしょう。

対応策 : 「ISFJ」がストレスを撥ね退けるには、自己を信じる力と人に対する思いやりの精神を再び手にすることが重要です。少し時間は掛かりますが、周囲に貢献することで自分自身を取り戻し、今まで通りの秩序を構築することができます。

ESFJ

最低値のストレス : 「ESFJ」は低いレベルのストレスを受けても周囲の人間の気持ちを最優先し、役に立てることを探ろうとします。他人に迷惑を掛けないよう自分の言動に神経を遣い、単独でストレスの原因を払拭しようと試みるでしょう。
最高値のストレス : 「ESFJ」は彼らの行動や能力に対して不当な評価を下されると、強いストレスの影響を受けるようになります。普段は思いやりの深い彼らが他人に厳しくなり、皮肉たっぷりな批評家に様変わりするでしょう。社会的な課題に取り組む気持ちも薄れ、周囲からも疎外される状況に陥ります。

対応策 : 心根の優しい「ESFJ」は、人との繋がりの中で通常の自分を再確認することができます。彼らが愛する人々を幸せにし、感謝されることで自分も満たされるのです。また計画的に難題を克服し、達成感を得ることもストレスに打ち勝つ最良の方法でしょう。

ISTP

最低値のストレス : 「ISTP」にストレスの気配が忍び寄ると、彼らは理性的に問題を処理するために単独で自分の心と対峙します。持ち前の集中力の高さで、自分が置かれている状況の違和感の原因を突き止めようとするでしょう。
最高値のストレス : 高いレベルのストレスが発生すると、「ISTP」の論理性は失われ、物事の判断も周囲に流されたものになります。自分の不首尾や悩みを人に悟られることを嫌う彼らは、そのプライドの高さ故に更にストレスの影響を受ける可能性があります。

対応策 : 「ISTP」は自分の優れた論理的思考能力を駆使し、目の前に存在する問題に速やかに対処することが大切です。彼らの分析力・洞察力は社会的にも評価が高く、「ISTP」自身が己を信じることによって
ストレスを追いやる手段も得られるでしょう。

ESTP

最低値のストレス : 「ESTP」が軽いストレスを感じた場合、彼らは「今」を生きることに焦点を合わせ、周囲の人々と世俗的な快楽に身を投じます。飲食や性的な欲を満たすことでストレスを払拭し、自分の能力を損なわないよう手を尽くすのです。
最高値のストレス : 強度のストレスに曝された「ESTP」は、自分の足元に目を向けることができなくなり、先行きのことばかりにとらわれるようになります。己の判断力に疑念を感じ、他人に対しても不信感を持ち始めるでしょう。彼らの大切な人々に受け入れられているかを気にするあまり人を退け、一人で漠然とした未来にのみ思いを巡らせます。

対応策 : 元来明るい性質の「ESTP」は、自分が熱中できる刺激的な何かと向き合うことが重要です。好奇心の赴くままに行動し、新たな発見をすることによって彼らはストレスに打ち勝つことができるでしょう。

ISFP

最低値のストレス : 低レベルのストレスを受けた「ISFP」は一人きりで過ごすことを選択し、思索に耽ることで心の充電を図ります。好みの音楽や趣味で発散しながら持ち前の倫理観に働きかけ、ストレスに対処するでしょう。
最高値のストレス : 「ISFP」は元来豊かな感性の持ち主ですが、耐え難いストレスの下ではとても現実的になりその優れた能力は影を潜めます。合理性を求めるあまり、必要以上に己を厳しく追い詰めていく傾向に陥るでしょう。

対応策 : 「ISFP」が自分を取り戻すには彼ら独自の芸術的な才能と道徳観を自覚し、夢中になれることを再発見する必要があります。彼らは自分を追い詰めることを止め、良き理解者に囲まれることでストレスから逃れ、最大限の努力を惜しまなくなるでしょう。

ESFP

最低値のストレス : 「ESFP」の資質を持つ人間は比較的多いと言われていますが、ストレスを感じ始めると物質的な欲求を満たすために時間を費やします。彼らが熱中できることで気分をほぐし、ストレスを忘れることが可能になるのです。
最高値のストレス : 強いストレス下に置かれた「ESFP」は何かにつけて神経を尖らせるようになり、将来に対しても悲観的な感情にとらわれていくでしょう。本来楽しむことが好きな彼らが自分自身を信じられなくなり、不安定な状況で過ごすことになります。

対応策 : 「ESFP」がストレスを払拭するには、先々のことよりも「今」を楽しむことに集中することが大切です。楽観的に物事を捉えて日常の中にも喜びと幸せがあることを再認識し、それを享受することができれば問題は解決するでしょう。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。