MBTI

【MBTI】16タイプと感覚について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

人間にとって感覚は人それぞれ違うものです。
感覚が鋭く感性が豊かになる人、少し鈍感でそれによっておおらかでいられる人など様々です。
感覚で感じるものをどの様に心が反応するか、そしてそれを受け止める事ができるのかを考えています。

INFJ

物事を捉える時に、少しナーバスになるかもしれません。
自分の中で抱えきれない内容で、混乱などをすることもあるでしょう。
言葉をうまく使う人ですので、トラブルなどは自分の言葉を使って回避していくでしょう。
職場などで、うまういかない事が起きた時など少しイライラする様な人嫌い、関わりを持たなくなっていきます。
自分の持つ感覚を大事にして、人間関係を作っていきます。
良い感覚を覚えない時は少し距離を持って生きていくのです。

ENFJ

会社などの組織がうまく行かなくなったときには、それをもとに戻そうと考えています。
なんとか良い方向へ進めていきたいので、持ち前のユニークさを発揮してその場をうまく収めていくのです。
人間関係に関しての感覚はとても鋭く、不破などが起こらない様にといつも考えています。
できるだけだけていきたいと思っています。
不和は関わり合う人間同士の敬意のないことから生まれてくることなのです。

INFP

組織やシステムがうまく動いていな時はその環境から遠ざかる傾向にあります。
何か自分の考えと違うときには距離を持ち、自分の自由を確保します。
感情も豊かな人ですが、とても優しく穏やかな性格です。
しかし、関係がスムーズではない場合は厳しい態度をとることもあります。
自分自身の感覚と違う事があっても、それに対応して良い仕事ができる様にと努力をするのです。
問題があることを解消しようと積極的に動く人です。
きついことや激しいことは話しませんんが、状況を正すためにきちんと意見を伝える事ができる人なのです。

ENFP

問題やトラブルを解決する事がなく、軽蔑してしまう事があります。
中には全くの関わりを立ってしまう人もいるかもしれませんね。
職場などでこの様な事が起こる時には、少し距離を置いたり関係を見直す様な事が起きるでしょうね。
言葉に出して話すこともあれば、何も言わずにそのまま関わりと途絶えてしまうこともある様です。
他人や職場の人間から困った状況を押し付けられたりすることをとても嫌がるのです。

INTJ

組織の中がうまく回らない時には苛立ちを感じるかもしれません。
同僚や会社の上司に対して、人としての尊敬だったり敬意を持っているので、問題があれはきちんと話をします。
起きてしまって状況が人のどの様な影響があり、やる気や思いを妨げているのかを向き合って話をします。
自分以外の人がリーダ的な立場で物事を解決させようとしていることもあまり好きではありません。
とてもインテリな人でもあるので、自分と同じようの頭の切れる人のことを感覚的に感じて距離をとってしまう事があります。

ENTJ

自分の立場を脅かそうとする人に対して、とても敏感に反応します。
そして、その行為に対応していく部分があるのです。
自分の有能さや行動のあり方をきちんと実証していくのです。
誰かと張り合おうとする人を好きにはなれず、程よい距離感を持って関わります。
人を押し除けたり、気持ちのよくない行動に対して不満を感じることもある様です。
どんな人とも張り合うのではなく、おたがいに尊重し会える環境が望ましいのです。

INTP

体勢や組織がうまくいっていない状況を、よく観察しています。
すぐに行動に移すのではなく、様子をみて状況を読んでいるのです。
この様によく観察して考えることで、この先の対処方法を見つけて良い結果を出そうと思うのです。
他人に対しても同じ様に良い結果を求めます。
どんな時でも落ち着いて状況をよくこと、そして正しい判断をすることです。

ENTP

多くの人が関わる組織などのチームワークを乱す人のことを軽蔑してしまうかもしれません。
関わる人の気持ちに反する動きに厳しい目を向ける事があるのです。
この様な行動を取る人に対して、どれだけ愚かなことをしているのかを証明したい気持ちになるかもしれませんね。
正しい知識と良識、そして情報を持て議論をする事があると思います。
正しい言葉で他人を納得させようとするのです。
人の輪を乱す人の行動を許す事ができないのです。
どんな時でも、正しいことをしようと思う感覚があるのでこの様な行動を起こすのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。