夢占い

【夢占い】楽器に関する夢の11の意味

楽器の出て来る夢が示す意味とは

楽器は音を出す物で、一般的にはそこから様々な音楽を奏でる事も出来る創造性を導き出す道具です。夢占いの上で楽器は、創造性やインスピレーションが高まり、表現したいという気持ちが表れてきていると考えられます。

こうした気持ちは状況や心に余裕が無いと気付きにくいものである事から、楽器の夢という形に表れた心の状態は良い状態にあると言えるでしょう。目の前にしている仕事や課題に対して思い付いた事があるなら、思うように表現してみる事で道が開ける事もあるかもしれません。

一方で楽器が出て来て苦手意識を感じたり、弾けなくて不安、おかしな音が出る等の嫌な感じを受ける夢だった場合は、感覚が噛み合っていない状態を示す事もあります。夢から強く印象を受けるのは、あなたが夢の表わすものに意識を強く向けている事でもあるので、大切なのは夢を見たあなたがその夢をどう受け取ったかです。次に挙げていく例を参考に、もう少し詳しく読み解いていきましょう。

楽器を演奏する夢の意味

楽器を演奏するという行為は、自分の内側にある感性やインスピレーションを表現するという事です。夢の中でそれが解放されるというイメージは、それを奔放な形で解放するという事になります。

この奔放さ…どのくらい自分が明け透けになっているかという事は、その演奏が自分の力を越えて大きく出せるかという点がポイントになります。

大音響の音響装置を通して鳴り響かせるエレクトリックなサウンドであれば、たがが外れたような大きなカミングアウトで爽快感と恥ずかしさが入り交じったような状態にあるでしょう。逆に楽器そのものや自分の声を越えない生音であるなら、自分の身の丈に見合った着実な解放という事になります。

爽快感や力強さは感じにくいかもしれませんが、着実な形で行えているという意味になるでしょう。いずれの場合も演奏というのは表現すべき場にあって、その成果を形とする行為、つまり場と状況が揃う形での表現という望ましい状態を表わしていますので、目の前にしている状況を進めるべきであると考えるのが、あなたにとって次のステップアップになる事でしょう。

楽器を弾けない夢の意味

楽器を演奏しようと思ったのに、上手く弾けず音も出ない…そんな不安感が夢に現れる事もあるかもしれません。これは現状に何か明確なつまずきを感じているサインであると考えられます。

楽器という自分ではないモノにその不安感の原因(音が鳴らないのは楽器が壊れているからだ、など)を求めてしまうかもしれません。しかし、楽器には何の異常も無いのにいざ自分が使おうとすると音が出ないという場合、あなたが自身にそのつまずきの原因があるという事になります。

大切なのは、夢の中であなたがその楽器を弾こうとしているという事。楽器を弾けるようになりたい、演奏したいという事は、あなた自身がその楽器を通して表現したい…今の状況を良くしたいという気持ちが根底にあるのではないでしょうか。状況と問題を一つずつ整理して、あなた自身の手でその楽器を演奏する、その状況に対して取り組んで行く為のステップとして行ってはいかがでしょうか。

楽器が壊れる夢の意味

楽器とは感性やインスピレーションの表れとしましたが、他にもそうした感性を表現する為の大切なもの…自分自身の心を映すもののイメージとなる事もあります。楽器が壊れるというのは、そうした自分自身が親しみを感じる相手との関係性に不安を感じている場合があります。

自分の何気ない言葉によって、親しい関係が壊れてしまうのではないか、或いは壊れてしまったのではないかと敏感になってしまっているかもしれません。まずは冷静に、自分の心を整理して、大切な楽器を直すように関係性を見直してみる事が大切ではないでしょうか。

楽器をもらう夢の意味

楽器は感性やインスピレーション、創造性を表わすもので、自分自身の深い感覚と結びつく大切なイメージと言えます。それを贈ってくれる相手とは、感性の通じ合いを感じる、或いはその人と感性の繋がりを感じたいと願う相手であると言え、強く信頼する相手であると言えます。その相手が知らない人であった場合は、その人が新しい感性を提供してくれる人の暗示であるかもしれません。

演奏会で楽器を演奏している夢の意味

演奏会で演奏している夢の場合、観客の数が多いほど、あなたの感性が周りの人を魅了することを意味しています。上手に演奏できていれば、吉夢であり、周りの人たちがあなたの元に集まるようなチャンスが訪れることを意味しています。

一方で問題となるのは、大人数の演奏会で上手に演奏できない夢の場合です。この夢の場合、あなたの主張が激しいことが周りの人に反感を買うことを暗示しています。周りの人との関係性に注意して過ごすと良いでしょう。

好きな人の前で演奏している夢の意味

好きな人の前で演奏している夢の場合、演奏している相手(好きな人)に対して、自分のことをもっと知ってほしい、興味を持ってほしいと行った気持ちの現れが出ています。
現実としては、恋愛は一人でするものでもないので、相手の気持ちを考えることもしっかりしましょう。

誰かと一緒に楽器を演奏する夢の意味

誰かと一緒に演奏をする夢は、上手に演奏できていた場合、人間関係が良好になったり、思わぬ良い出来事が訪れることを意味しています。
一方で、良い感じで演奏できていない場合には、注意が必要な夢となります。楽器は自分自身を映し出すような意味を持っており、この夢の場合、自分自身のコミュニケーション問題や周りの人との関係が悪化することを意味しています。

ドラムが出てくる夢の意味

ドラムとは打楽器であり、叩くことで音を出し、リズムを刻む事で音楽を表現する楽器です。叩くというイメージを併せ持って居ますが、叩くのが正しい使い方であり、リズムという音楽の全体を整える役割を担うものです。ここから、生活が「リズム良く」刻めているという表れと受け取る事が出来ます。また、力強くドラムを叩くという事で何かを表現するという場合は情熱的にアプローチをしたいという意識が表れている事があります。

サックスが出てくる夢の意味

サックスとは金管楽器の一種で、音楽で耳にする場合はソロパートが魅力的な楽器です。また、力強くも哀愁を帯びた音程からイメージされるように、望んで一人になりたいと強く感じている場合と考えられます。

一人の時間を作り、何かを高めたいという気持ちが表れていると言える夢ですが、吹くという行動がため息の表れとならないよう、一人になる時間を作る事が出来たら、何故そうしたいと思ったかを改めて整理すると良いのではないでしょうか。

ホルンが出てくる夢の意味

ホルンも金管楽器の一種で、その豊かな響きが特徴的な楽器です。あまり主旋律を奏でるものではなく、豊かで力強い音程を持って音楽を響きあるものにする音から、周囲と穏やかで平和的な関係性が作られている、或いは作ろうとしている状態を表わしていると考えられます。

ホルンは合奏という形で音を合わせたいと思う相手が居ればより美しく音を響かせるものなので、謙虚でおおらかな心が保てる、豊かな関係性を構築出来る環境や相手を模索する事が望ましいでしょう。

ピアノが出てくる夢の意味

ピアノは夢占い上では、感情や才能を意味しているといわれています。ピアノから響くメロディーはあなたの感情を意味していたり、ピアノを演奏する様子はあなたの才能の輝きを意味しているでしょう。
ピアノを上手く演奏している夢は概ね、運気の上昇を意味しています。一方で、ピアノを上手く演奏できない夢は、運気が悪くなりつつあることを意味しているでしょう。

ピアノで悲しい曲を演奏している場合、あなたは感情面でネガティブな傾向にあると言えるでしょう。この夢を見た際には、人間関係が上手く行っていないことを意味していたり、物事が不調にある傾向にあることを意味していることも多いので、気分転換や視野を広げるような取り組みをしてみると良いでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。