恋愛心理学

【恋愛心理学】つらい遠距離恋愛の乗り越え方!ボッサード効果とは?

大好きな人と遠距離恋愛、遠く離れてしまうとその分寂しくなったり、辛くなったりすることも多いですよね。そんな遠距離恋愛を心理学から考えることで、うまく乗り越えよう!というのが今回のテーマです。
辛く困難も多い、遠距離恋愛ですが、遠距離恋愛をお互いに理解することで乗り越えられるチャンスも増えるでしょう。

半分の人が別れてしまう、遠距離恋愛

まず、1つ現実ですが、実際に結婚したカップルを調査した結果、実際に住んでいる距離が近ければ近いほど、結婚する確率が高いということがわかっています。

これはアメリカの心理学者、ボッサード氏による大規模なアンケートにより導かれた恋愛の法則で、ボッサード効果と呼ばれています。
ボッサード効果とは、男女間の物理的な距離が近ければ近いほど、心理的な距離が近く心理効果のことです。

ボッサード氏はボッサード効果を実証するために、約5000組を対象に「居場所の距離」・「結婚したかどうか」を調査しました。このうち、全体の33%の結婚に至ったカップルは1~2kmの近い距離に住んでいたことが判明し、その中でも12%のカップルは結婚前に同棲していたことが判明しました。

複数の要因が考えられますが、デートをする時にも移動するのにあまりお金がかからない点や、時間がかからないことなど、お互いの負担が小さいところから、恋愛関係を続けやすいというのは1つ言えるでしょう。

一方で、遠距離恋愛では、1回会うためにお金が必要になるし、移動には時間もかかるので、お互いの負担が増えることで、結婚にまで至らないことがわかります。また、遠距離恋愛である場合には、破局してしまうことが多くなるというわけです。

(*遠距離恋愛は移動時間が3時間以上の距離離れていると多くの人が遠距離恋愛と認識するというアンケート結果もあります。)

遠距離恋愛と高まる気持ち


遠距離恋愛は、いつも遠くにいる分、近くにいるときは新鮮で熱くなりますよね。
また、遠距離恋愛はとてつもなく困難が待ち受けているかもしれませんが、それでも付き合い続けることを選択するということは、熱量も高く思いも強いということですよね。
そんな状況は、お互いの恋愛をたかまらせ、お互いの物理的な「距離」は恋愛のスパイスになっていることもあります。

しかし、遠距離恋愛を解消した後のカップルが必ずしも続くのかといえば1/3は別れてしまいます。
遠距離恋愛は、激しい感情をもたらしますが、愛の深さではないということですね。
会えない間に、相手を理想化してしまい、いいところばかり考えて、実際に物理的な距離が近くと相手の嫌なところが目に付き、冷めてしまうことも少なくないようです。

遠距離恋愛を乗り越えるコツ

連絡はこまめにとる

遠距離恋愛では、会えない分連絡をこまめにとるのはかなり大切でしょう。
出来るだけ、電話で些細な出来事でも報告したり、忙しくても時間を決めて確保するのが大切です。
どうしても、仕事の都合などで、時間がずれしまうのであれば、交換日記を無理にでも一緒にやってみるみたいな取り組みは物凄い効果があると言われています。

我慢をしない

遠距離恋愛では、気持ちのすれ違いが起こりがちです。電話で話をするのと、実際に会って話をするのでは意味が違います。つまり、あなたの感情が相手には、いつもより、より伝わりにくいのです。だからこそ、あなたがどう思っているか、あなたがどうしたいかをしっかり主張する必要があるでしょう。

恋人依存度を下げるために、趣味を持つ

遠距離恋愛では、片方の人が辛いと感じると、バランスが悪くなってしまいすれ違いが起こってしまいます。また、男性は女性よりも恋愛依存度が高く、遠距離になってしまうと何もできないみたいなことが起こりがちです。特に男性は趣味を持ったり、楽しみを作るなど、ポジティブに遠距離恋愛を乗り越えるために大切でしょう。

楽しい未来を一緒に考える

どうしても、寂しくて辛くて、ネガティブになってしまいますが、そんな時こそポジティブになり続ける必要があります。そんなポジティブになるようにも、具体的な未来を一緒に考えましょう。
来年には一緒に住む、といったように具体的な計画を立てることで、ポジティブであり続けることができるでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。