夢占い

【夢占い】「迷う」夢の7つの意味とは?

迷っている夢の基本的な意味

迷っている夢を見ると、人生が低迷期に突入しているのかと少し不安になりますよね。
しかし、迷っていることが必ずしも悪いこととは限らないでしょう。
なぜなら、迷ってるからこそ強くなれたり、迷ってるからこそ確かな答えに近づくことは少なくないはずです。

そんな迷っている夢ですが、夢占いでは自己変革の訪れを意味しています。
この夢を見たときには、何かしら人生の変わる分岐点が自分の身に起こることを暗示しているでしょう。

いつも通う駅まで、迷いながらたどり着く夢

決断すべき事柄があるのに、先送りしたい気持ちがあるようです。
あなたは、すでに正しい道のりがわかっているのでしょう。

しかし決断が必ずしも善い結果を生まない。
誤った選択だったら取り返しがつかない。
思考の坩堝にはまってしまって、恐怖と不安に取り憑かれています。
それでも、正しいと思える道を見つけるまで、迷い続けるのもひとつの選択なのでしょう。

知らない駅に立って、ここはどこだ?と迷う夢

見たことも聞いたこともない駅は冒険心の表れです。
とにかく現状を変えたい、刺激や変化を求めている心の表れです。
無人の駅ではだれに道を聞くこともできず、ましてや地図もありません。
自分だけが頼りです。

自分の力を思う存分発揮できる環境を欲しているのでしょう。
しかし、ただ駅にただずみ、誰かくるのを待っていた場合。
だれかに甘えたい、頼りたいと、と、心が弱っているのかもしれません。

目的地への道が、坂道やでこぼこ道などで歩行困難な夢

あなたか、もしくは身近なだれかがひどく苦労していると訴求しています。
障害がつぎからつぎへと出てきて、ひたすら超えるべく奮闘しているのでしょう。

また、刺激や冒険を求める、退屈をもてあました夢とも捉えられます。
創作世界で活躍するヒーローのように、自分も注目される物語がほしいのです。
歩行がむずかしい道のりは、注目を浴びるための舞台とも言えます。
しかしどちらの解釈をするにしても、孤軍奮闘を示しています。

道を歩きつづけている夢

ぼーっと、腕をだらりと下げて歩いていた場合。
あなたは、自覚なく、疲れをためこんでいるのかもしれません。
身体はつかれていなくても、心はいろんな情報をキャッチして疲弊しています。

シャキシャキと腕を大きく振って、背筋をのばして歩いていた場合
たとえ今、ゴールが見えずとも、着実に進もうという心構えの顕れです。
精神面が充実しているようです。

絶対に家までたどりつけなくて、迷う夢

家族から反感を買っているのかもしれません。
仕事や趣味を優先するあまり、自己中心的な生活をしてきたツケがまわってきたのでしょう。
あなたに帰ってきてほしくない、という家族からのメッセージが、念になって伝わったイメージです。

夢から覚めたら、家庭内で孤独にならないよう、感謝を伝えてみるのはいかがでしょうか。
まわりに気を配ることを忘れると、思わぬところで足をすくわれかねません。

目的地への道のりがとても平坦で、楽にたどりつけた夢

楽にたどり着けることに、とくに不満がなければ、あなたはいまの生活に満足しているのでしょう。
人間関係も、仕事や学業も、とくに障害はないようです。

しかし、もう着いてしまったと思ったり、物足りなさを感じるのなら。
あなたは少なからず、代わり映えのない生活に飽きているようです。
けれど現状を変える勇気はないので、平坦な道を歩き続けているのです。

学校や仕事場に行きたくなくて迷っている夢

これは自己変革のチャンスが訪れた証です。
あなたの心は、環境と自分を変えたくてうずうずしているのです。
もし変えなければ、このまま苦しい状況が長引くでしょう。

人間関係や仕事、学びたいことに不満がつのっているのなら、環境を新陳代謝するいい機会です。
将来を不安視するのは、過去の経験からきています。
将来は決まっていません。行動するなら今なのです。

おわりに

道は心の血管を象徴しています。
ここに滞りが生じるのは、心に迷いや不満などの、老廃物がたまっている暗示です。
目的地は生活環境や人間関係の比喩です。
目的地に不満があるときは、自分を取り巻く環境に変化をもたらしたい欲求の兆しです。
心からのメッセージを聞き逃さないよう、ご注意ください。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。