MBTI

【MBTI】チームビルディングに心理学(性格診断テスト)を採用する理由

MBTIとは?

有名な心理学者のカールユング氏のタイプ論と呼ばれる人間の心理的な情報処理の方法理論を発展させた診断テストのことです。MBTIテストは、あなたがどのように情報を受け取り、どのように判断するか、内向的か外向的かなどを調べるテストです。

このMBTIは、CIAや米軍でも採用されているほどです。MBTIテストは、あくまであなたの情報処理方法を自己理解するためのツールであり、タイプごとの優劣はないことがベースにあります。
なので、ENTP型の人は優秀だけどISFP型の人は優秀ではないという議論はご法度です。

このMBTIを通すことで、相手のことをより理解できるので、自分とは異なる判断や認知だったとしても、認めることができるようになります。

特に相手の性格をしっかりと知れないような段階では、非常にこのような性格診断テストは有効だと言えるでしょう。

まず、MBTI性格診断テストをしたことのない人は、あなたの性格を知るためにも以下のサイトから

16Personalities

診断してみましょう。

人は同じようなタイプに同調し、優秀だと思い込む

心理学用語で、認知的不協和と言いますが、人は自分と同じような考え方・価値観を持っている人に強く惹かれる傾向があります。そのため、同じような考え方・価値観を持っていると、話が円滑に進んだり、相性が良いことが多いです。

しかし、同じようなタイプでチームを組んでしまうと、相性も良くテンポもいいですが、その分強みも弱みも倍増してしまいます。例えば、夢想家な人のみで構成されるチームは、独創的なアイデアこそどんどん生まれてくるかも知れませんが、実行することや泥臭い作業、やりきる面などに問題が発生してしまうことが想像にも容易です。

そういったことから、お互いの強み・弱みを正しく理解することで、補完しあえるチームを作ると、弱みを補うことができ、強みを生かすことさえできるでしょう。

実際にMBTIでチームビルディングをする

実際にMBTIテストでチームビルディングするとなれば、チームのみんなにテストを受講してもらうところからスタートしましょう。まずは全員でトライし、その後で結果を共有しましょう。
共有した結果を元に以下のそれぞれの活躍できるシーンを参考にチームメンバーの特徴を理解しましょう。

ESTPが仕事で活躍できるシーン

ESTPは、とにかく行動力があります。地に足が付いていることを好み、鋭く早い行動に移していきます。効率化を図るのもうまいですし、とにかく素早い行動が特徴です。
そんなESTP型は素早い行動・実行を要求するような実用的シーンで活躍するでしょう。

ISTPが仕事で活躍できるシーン

ISTPは、何かしら実用的な問題が発生したときに適切な解決策を提示することが上手いです。
ESTP同様に効率化を図るのも上手いです。リスクを取ることもできます。
そんなISTP型は、観察力を生かした実用的なシーンで活躍できるでしょう。

ESFPが仕事で活躍できるシーン

ESFPは、人を喜ばせたり笑わせるために全力を尽くすタイプのエンターテイナー気質で、人と人を上手く繋いだり、友好関係を良くするような働きをします。人に影響を与えることも多いです。
そんなESFPは、単純タスクに適性がないので、柔軟性を求めたり、変化の大きい実用的なシーンで活躍するでしょう。

ISFPが仕事で活躍できるシーン

ISFPは表現者といえるようなタイプですが、細かい芸や技を生かして、他人を喜ばせるようなタイプです。協調性もあります。
ISFPは、少しユーモアがあるようなタスクや、独特な細かい芸や技を生かすことができれば実用的なシーンで大活躍できるでしょう。

ESTJが仕事で活躍するシーン

ESTJは物事の目標やストーリをしっかりと設定することができます。また、設定したストーリーを決められたルールや基準に厳密に実行していきます。
そのようなところから、目標達成のためにチームとメンバーの業務執行を管理することに長けており、そういうシーンで活躍するでしょう。

ISTJが仕事で活躍するシーン

ISTJは組織の守り人として、業務の実行やチームの目標に対して、しっかりと取り組むことができるように、仕組み化するのが得意です。業績の良い仕事できるタイプとも言われており、仕事人も多いタイプです。そのようにしっかりとルールづくりや仕組み化など、実用的なシーンで活躍します。

ESFJが仕事で活躍するシーン

ESFJは組織を上手くコントロールすることができ、組織を運営する上で必要な要素を上手く扱い、安定して実行するタイプです。そのため、人を管理したり、スケジュールを管理したり、管理することに長けているタイプで、そういったシーンで活躍します。

ISFJが仕事で活躍するシーン

ISFJの人は、勤勉で真面目で、チームのために一生懸命尽くします。そんな働き姿は、協調性の象徴とも言えるでしょう。安定して仕事をするので、どんな場所でも働くことができます。
いわゆる仕事上で万能な人と言えるでしょう。

ENTJが仕事で活躍するシーン

ENTJは、確かにそこにある課題や目標を達成するために一生懸命尽くすタイプです。
複雑な問題にも対応できるので、優秀な司令官になるでしょう。ただ、人の気持ちを考えない冷酷な判断も取るでしょう。

INTJが仕事で活躍するシーン

INTJは、確かにそこにある課題や目標を達成するためにしっかりと計画を立てることが上手いです。
複雑な問題にも対応できるのと、戦略性が高いのが特徴でしょう。
そのようなところから、長期的なビジョンや戦略はINTJの最も得意な分野でしょう。

ENTPが仕事で活躍するシーン

ENTPは、何に対しても懐疑的であるために、アイデアマンとしてブレインストリーミングに強いです。
複雑な課題にも柔軟に取り組むことができるのですが、飽き性なところがあります。
そのようなところから、発明など、新規性があり、また感情的な判断を求めないシーンで特に活躍できるでしょう。

INTPが仕事で活躍するシーン

INTPは、懐疑的なところもありますが、深みを重要視します。INTPの情報の正確性はピカイチで、また設計能力もあります。そのようなところから、長期的なビジョンや戦略を設計するのも得意ですが、ENTP同様に発明など、新規性があり、また感情的な判断を求めないシーンで特に活躍できるでしょう。

ENFJが仕事で活躍するシーン

ENFJは、人の能力を上手く引き出すようなタイプで、他の人を上手く働かせることに長けています。
広い視野を持って、チームを先導してくれます。一方で、自分の強い価値観を持っています。
そのように、チームを上手く円滑にさせるシーンで、活躍するでしょう。

INFJが仕事で活躍するシーン

INFJは世界の悟りを開いているタイプで、推測で物事は語らず、事実ベースで物事を語ります。より良い社会を作りたいと考えており、上手く人と働くように促している影のムードメーカーだったりします。
人間関係周りの洞察を求められる、論理よりも人倫であるシーンで活躍します。

ENFPが仕事で活躍するシーン

ENFPは真のムードメーカーです。みんなが働きやすいように、雰囲気を作ります。他人が満足できるように立ち振る舞う、いわゆる良いやつです。一人いるだけでガラッと雰囲気が変わります。
しかし、形式張った規律正しい仕事は苦手で、柔軟性を求めるような仕事が得意です。

INFPが仕事で活躍するシーン

INFPは、影で支えてくれている人です。自分を犠牲にしながらでも、会社に貢献してどんどん良い職場を作っていきます。社会に調和を生み出すのはこのタイプとENFPなくては語れません。
そんなこのタイプは、ENFPと同様に、泥臭い仕事ややりきることは苦手なので、柔軟性を求める仕事の方が得意です。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。