MBTI

【MBTI】NF型の子供、ENFP・INFP・ENFJ・INFJの子供の特徴

INFJの子供

INFJの子供は、想像力が豊かで思いやりがあります。INFJの子供達は複雑な事柄から全体像を掴むことを好みます。ですから、情報を処理し、考え抜くための多くの時間を必要とします。

また、INFJの子供は、抽象的、象徴的なものに焦点を当てるので、周囲の人達は、話の内容が理解出来ないことがあります。しかし、INFJの子供は、周囲の人達の気持ちをいつも気にかけています。そして、自分の要求を後回しにしても相手を優先しようとします。雰囲気が硬直している場合は、何とか調整するか、その場を離れたりしようとします。
そんなINFJの子供は、親や先生から独創的な考えを褒めてもらえた時に、愛されていると感じます。

学校では、芸術、英語、そして音楽のような常に新しいアイデアや課題に取り組めるような開放的で創造的な科目が得意です。算数や理科など教科書の内容を暗記したり、決められた通りに問題を解くのはそれ程好きではないでしょう。

INFJの子供は、全ての認知機能を充分に発達させているとはいえません。ですから、
優勢的な機能を使い過ぎるかもしれません。具体的に言えば、現実的ではないような問題に対して未来への展望を優先させて、計画を完璧に完成させることを主張します。

もしも、その願望が現在のスキルや年齢制限に合わないときは怒ったりイライラしたりするかもしれません。感情を表現するのは悪いことではないですが、子供のうちは、あらゆる点で未熟なので、あまりにも完璧主義に傾倒して神経をすり神経をすり減らしてしまうのは避けた方がいいでしょう。INFJの子供には、不完全さもまた美しいことを教えることは重要です。

ENFJの子供

ENFJの子供は、優しくて、熱心で、そして共感力があります。他の人々が何を必要としているかを常に考えています。そんなENFJの子供は、周囲の人達の感情に同調して、安心感を抱かせるコツのようなものを心得ています。その優れたコミュニケーションスキルによって、相手と一体感を感じられる親密な関係を模索します。ENFJの子供は、争いに非常に敏感です。争いをできるだけ迅速に解決出来るのであれば何でもします。

ENFJの子供は未来に焦点を当てています。従って、物事がどのように展開される可能性があるかについて優れた見解を示します。幼児期にはこの傾向はあまり見られませんが、年齢が上がるにつれて、特に10代になるにつれてこの強さはより顕著になります。

ENFJの子供は、価値観や感情、そして周囲の人々を助けるための努力が認められたときに親や先生から愛されていると感じます。ENFJの子供は、愛情と忠誠心を常に必要としています。ですから、直接的で率直な批判は、避けたほうが賢明でしょう。ENFJの子供は、非常に高い基準を課してそれを守ろうとしています。賞賛と批評のバランスをとることはとても重要です。

学校では、ENFJは芸術、英語、そして音楽を得意としています。統計的に、彼らは平均以上の成績を取得し、両親や教師の期待に応えることに非常に焦点を当てています。そうは言っても、ENFJの子供は、反復的なルーチンを嫌います。また、調和のとれていない教室の雰囲気では、落ち着いて勉強に専念することができないでしょう。

ENFJの子供は、まだ全ての認知機能を発達させていません。その結果として、優勢機能である外向的感情を使い過ぎるかもしれません。そのために、他人に対する責任感があまりにも強すぎて、その世話に追われて、自分自身のことを後回しににするかもしれません。その結果、自分自身を見失って疲れ果ててしまう可能性があります。ENFJの両親は、幼いENFJが自分の価値観、自分の好みや欲求を実現するのを助け、自分の欲求に反する時は堂々と「いいえ」と言えるように導いてあげると良いでしょう。

INFPの子供

INFPの子供は、理想主義的で想像力豊かです。さらに、誠実で非常に敏感であることで知られています。INFPの子供は、世の中にある全てのものに対して、何らかの意味と個人的な影響があると信じています。INFPの子供は、情熱や感情を内に秘めているので、外からは分からないかもしれませんが、非常に優しい心の持ち主です。

いつも周囲の人々を心配していて、自分より弱い動物や子供たちに引き寄せられています。INFPの子供は、とても想像力豊かで自分で独創的な物語を作ったりします。早期に言語スキルを身に付ける傾向があり、物語を書き留めたり、詳細で精巧なファンタジーの世界を創造するために言語能力を使うでしょう。

自分自身に忠実なINFPの子供の行動は、単純明快で気持ちの良いものです。他の子供達と自分が違うこと、そして、独特であることを好む傾向があります。ですから、自分の興味、情熱、感情、そして欲望に忠実でありたいと願っています。
INFPの子供は、時間をあまり意識していません。ですから、締め切りに間に合わせるのに苦労するかもしれません。勉強と遊びを混ぜるのが好きで、自分の部屋を掃除するように指示されても、やるべきことを忘れていて、創造的な空想や玩具で遊んで掃除のことなど忘れ去ってしまうでしょう。

そんなINFPは、親から理解され受け入れられたと確信した時に愛されていると感じます。INFPの両親は、注意深く話に耳を傾けて、価値観と想像力を尊重し、その信念に強い関心を示すようにしてください。

たとえ、INFPの両親が予想したものとははるかに異なる人生の道を選んだとしても、無償の愛と絶対的な支持があるかどうかを気にしています。
INFPの子供は、学校では非常に創造的で、芸術、英語、または音楽に熟練しています。時間通りに宿題を完成するのに苦労するかもしれませんが、心の底から学びたいという気持ちはあります。INFPの子供は、既存の枠組みを超えた新しい理論や創造的な選択肢を模索することが奨励されるようなクリエイティブな環境が大好きです。ですから、教科書通りの知識を習得して、それを暗記するような授業には退屈してしまいます。

INFPの子供は全ての認知機能を発達させていません。その結果、優勢機能である内向的感情を使いすぎているかもしれません。具体的には、理想を現実にするために物事を深く掘り下げようとするあまり、異なる価値観や理想を持つ人々を締め出そうとするかもしれません。そのような態度は、他人を侮辱しているように見えかねません。

しかし、内向的感情が成熟するに従って、他の人々と調和して、多くの見解受け入れるように変化することでしょう。INFPの両親は、子供が目標を設定し達成する方法を教えてあげることで支援することができます。

ENFPの子供

ENFPの子供は、優しくて温かい心の持ち主です。常識を超えた可能性を追求する力と創造的な視点を持っています。ENFPの子供は、非常に未来志向であり、目の前にある現実世界よりも、将来の可能性について考えることが好きです。また、補助的な感覚機能のお陰で、ENFPの子供は、風変わりな人や変わった考え方を持つ独創的な人を受け入れ、心を開いて付き合う傾向があります。

そんなENPFの子供は、両親が自分の考えや感情を支持し、注意深く耳を傾けると、愛されていると感じます。熱心に心を開いて接してくれる両親と考えを共有するのを楽しみます。そして、心からの励ましと賞賛を求めています。無条件の愛はENFPの子供たちにとって極めて重要です。

ENFPの子供は学校では芸術的で創造的なことを追求するのに惹かれます。芸術、音楽、ダンス、ドラマ、これらすべてはENFPの子供にとって楽しいものです。創造的な実験を可能にすること、またはユーモアまたはファンタジーの要素に感動します。

ENFPの子供は、ひとつの科目だけでなくさまざまな科目を深く追求する傾向があります。そして、自分の意見を自由に発言出来るブレーンストーミングが当たり前のように行われる授業が好きです。決まり切った規則に縛られた環境では息が詰まります。テストの繰り返しは、自然な好奇心と学習への愛情をなくしてしまいます。

ENFPの子供は、全て認知機能を発達させていないので、優勢機能である外向的直観を使いすぎている可能性があります。これは計画を完成させるのに苦労するあまり、今を楽しむことを忘れてしまうかもしれません。困難な現実に直面すると、がっかりして幻滅を感じます。

ENFPの両親は、今何をする必要があるのかを思い出させてあげましょう。そして現在の瞬間に注意を払い続けることを教えてあげましょう。ENFPの子供が成長し、他の機能が発達するにつれて、これらの問題はそれほど問題にならなくなる傾向があります。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。