MBTI

INFP(仲介者)とINTP(論理学者)の違い

INFPとINTPの心理機能

INFPとINTPはアルファベットの3文字目のFとT、すなわち情報の判断機能が違うだけで一見近いタイプのように思えますが、根本的な性質が全く異なります。

全く同じである点は、第二機能(補助機能)に外向的直観を使う点と、第三機能に内向的感覚を使う点が同じです。一方で、INTPは第一機能(主機能)には内向的思考を使うのに対して、INFPは内向的感情を使います。その点が性質を大きく変えてしまうことでしょう。

INFPの心理機能

INFPの心理機能は以下の通りです

  • 第一機能(主機能) – 内向的感情
  • 第二機能(補助機能) – 外向的直観
  • 第三機能 – 内向的感覚
  • 第四機能(劣勢機能) – 外向的思考

 

INTPの心理機能

INTPの心理機能は以下の通りです

  • 第一機能(主機能) – 内向的思考
  • 第二機能(補助機能) – 外向的直観
  • 第三機能 – 内向的感覚
  • 第四機能(劣勢機能) – 外向的感情

INFPとINTPの違い

自主性の違い

INTPもINFPも自分の意見を持っていることは共通しています。すなわち、他人の意見を取り入れることよりも、必ず自分を通すことで意見を出します。主観的な視点から物事を見ている共通点があり、他者よりも自分の価値観を優先します。

自主性の違いを見る際に必要な心理機能は、内向的感情Fiと内向的思考Tiになります。

自主性の中で、自分の感情や価値観をベースにして判断をするのがINFPであり、自分の中でつなぎ合わせた思考で判断するのがINTPになります。

INFPもINTPも両方とも主観的な視点に長けていることから、自身を取り囲んでいる世界に対して、周りの人が言っているからその通りに動くのではなく、自身の好奇心や価値観、方法論に素直に動くタイプである共通点があります。

チームワークの取り組みの違い

INFPは、穏やかな性格ですが、繊細な一面もあるタイプです。INFPはINTPよりも、共感性があり、周りの気持ちを考えて行動を取ることができます。一方で、INTPはその分鋭い意見を考え出したり、独創的な解決法を生み出すことができます。INTPはやや個人プレー寄りでしょう。INTPもINFPも、共通して新しいことに興味があり、好奇心が旺盛であることは共通で、変化に強いです。

リーダーとしての違い

INTPのリーダーの場合には、新しいことに対する積極性や抽象的な概念をシンプルに考えることができることに特徴がありますが、人とうまく接することは苦手なタイプです。そのため、手取り足取り人を管理するのは苦手なタイプと言えるでしょう。

一方で、INFPはリーダーとして自身が活躍することにあまり重きを置いていおらず、どちらかというと周りをサポートする役に周りたいと考えていることが多いです。INFPの強みは、周りの人を支えたり、目には見えないような役割で、INTPとは対象的なリーダーになるでしょう。

創造性の違い

INTPは高いメタ認知力を持っていたり、論理構造をシンプルに考えることができるので、IQが高く出るタイプです。興味があることに対して、そういった能力が発揮され、分析され複雑な問題すらシンプルにします。

一方でINFPは創造性は、自身の興味にあることに対して完全に没頭するようなタイプで、伝統的なしがらみに縛られない特徴はあるものの、処理するのは苦手という傾向がありますが、想像力はあるので、理想の世界を作り上げる能力が高いです。

問題が発生した時の心理の違い

INTPは筋道が通っているような論理性があったり、証拠に基づく「正しさ」や「真理」を重要視します。そのため、複雑で困難な問題で決断することが容易です。

一方で、INFPは衝突が起こらないことや周りとの調和ができるかどうかを考えます。INFPは根本的に人の中にある善の心を見出そうとしています。

抱えている問題の違い

INTPが抱えている問題は、シンプルで物事の筋道が通っているかどうかといった合理性に欠けている問題に遭遇している場合に、問題を抱えます。INTPは、問題に遭遇してしまった場合には、素直すぎる堅い人になってしまいます。

一方で、INFPはとても思いやりがあり穏やかですが、物事を考えすぎることからストレスや問題を抱えやすいです。INFPが抱える問題は個人の価値観を強く反映するような問題です。問題を抱えると混乱しやすいタイプでもあります。

成長方法の違い

INTPの欠点は主にコミュニケーション能力や他者との関わり部分にあります。そのため、より広いチームに対応できるように、管理方法を学んだり人を褒める方法を学んだりと、人と接するような手法を学ぶことがメインテーマになります。

一方でINFPの欠点は主に自分の言葉や価値観をうまく引き出せないところにあります。そのため、INFPの人はINFP自身のことを知ることで、どのように強みを発揮することができるのかがメインテーマになります。

自分の探し方の違い

INTPは自分の気持ちは他人に公開されることは稀なので、深いのですが、秘密に囲まれています。そんなINTPは自身の世界観を開拓することに価値観の重みを持っているので、持ち前のキレキレの頭脳を使って楽しく論理を展開します。その過程で自分探しを行なっているのがINTPです。

その一方で、INFPは日々人々との交流にエネルギーを消費しているので、本当の自分を探す頃には疲れ果ててしまっていることも多いでしょう。想像力に優れており、自身の理想を掲げることは得意ですので、冷静にそういった理想を見つめることが自分探しのポイントになってくるのがINFPです。

 

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。