MBTI

INTPの恋愛は?INTPの恋人の特徴

INTPの性格と恋愛の特徴

INTPは独立心を持ち、孤独を愛するタイプです。INTPは、創造力があり、またキレのいい洞察力を持っているので、多くのアイデアを検討していることでしょう。INTPにとって人間関係や人々とコミュニケーションをとることは苦手であることも多いですが、つながりを作ることができれば、特に問題なく他者と交流することができます。

INTPは、積極的に恋人や友達を探したり見つけたりするタイプではないでしょう。INTPにとって社会での遊びは無意味に感じており、人間関係は少し複雑すぎると感じている傾向があります。INTPは日常的な雑談を無意味に感じてしまい、意味のある会話をしたいと無意識のうちに思っていることもあるでしょう。そのように、INTPは少し気難しい性格でもあるでしょう。

INTPの恋愛とは?

INTPは恋愛絡みに関しては単純なタイプで読みやすいでしょう。INTPは自身の恋人が曖昧な行動や言動を行ったときに、理解することが難しいと思うこともあるでしょう。INTPは共感性があまりないために、なぜ人々が複雑に考えているのか頭で理解しようとして、理解できないのです。

感情的に問題を解決しようとしたり、主張する場合には、INTPを困らせる可能性が高く、INTPはそういった行動から逃げようと関係が崩れる可能性があるでしょう。INTPには曖昧な言動や行動ではなく、ストレートに伝えてあげることは大切でしょう。

INTPは複雑なタイプ

INTPは、物事を考えるときに懐疑的な立場をとることが多いです。物事がどのように行われているのか謎を問い、既存のシステムの欠陥を指摘していきます。例えば仕事のような場面では、INTPが新しい理論や枠組みを考え出すとき、上手くいくことが多いでしょうが、人間関係においては適応できないでしょう。INTPの恋人が新しいアイデアを提案すると、INTPは自身に敵対的であると感じることも多くあり得るタイプであり、恋愛下手なタイプの可能性が高いです。

INTPは直接的なコミュニケーションを好む

INTPは直接的なコミュニケーションを好みます。INTPは自分たちの言葉を単純明快に表現し、何かしらオブラートに包んだり遠回しに発言する必要はないという価値観を持っています。INTPが何か問題を見つけた場合、INTPはその問題を事実のまま指摘することでしょう。

人によっては、INTPの指摘が個人への攻撃だと感じる人もいるかもしれませんが、INTPは悪意はないのです。INTPは素直なタイプですので、傷ついた場合や疑問が生じたときにはストレートに問うてみるといいでしょう。INTPは内省し、今後に注意してくれるでしょう。

INTPは孤独の時間を大切にしている

INTPは、自分のプライバシーの空間や自由を強く求めており、このこだわりはかなり強いです、INTPに対して過度にコミュニケーションを求めたり、従事することを求めるなど、密すぎる関係を求める場合には、ストレスを感じることが多いでしょう。INTPは関係が密接すぎると、一人の空間を作るために、避けようとする性質を持っていると言われています。

INTP、お金の管理は実は苦手

INTPは、物思いにふけっている時間は長いものの、細部を見つめたり管理することはあまり得意ではないでしょう。請求書の支払いや家賃光熱費などをついつい滞納してしまうことも多いです。そのため、恋人は、INTPのお金の管理をになってあげる必要があるでしょう。

INTPの恋愛の長所

  • 私生活が独立している
  • 恋愛が単純
  • 恋愛には忠実であり、献身的である
  • 素直であり、主張もしっかりしている

INTPの恋愛の短所

  • 相手の気持ちに鈍感
  • 一人の時間・空間がなくてはならない
  • 日常的な役割を果たさない傾向がある
  • どこか暗い

INTPが恋人と関係を築くためには

INTPが恋人と関係を築く上では、以下のポイントに注意する必要があるでしょう。

恋人に気配りをする

INTPは豊かな想像力を持っており、しばしば問題を解決するために創造的なアイデアを思い付くことができます。その一方で、人間の感情には鈍感であり、愛情表現が苦手であったり、愛情に鈍感であるために恋人を悩ませていることに気づかなければなりません。

INTPは特に日常生活に気をつけてください。日常生活の中で誕生日であったり記念日を忘れてしまったり、雑に扱ってしまうことで、恋人をがっかりさせてしまうことがあるでしょう。少しばかり、意識して恋人に対して気配りをする必要があるでしょう。

恋人と議論しないこと

INTPは知的な話や議論することを楽しむタイプですが、その議論は複雑な問題であり、恋人にとっては興味のない退屈な話題である可能性が高いことを理解しなければならないでしょう。そして、さらには日常的な雑談は無意味だと感じることもあるでしょう。しかし、INTPの恋人は会話をすることに意味を感じていることも多いでしょう。

そのことを理解した上で、上手くコミュニケーションを取ると良いでしょう。複雑な問題に関する議論は、他でやるべきかもしれません。

言ったことに責任を取る

INTPは日常的な仕事や約束を先延ばしにする傾向があるでしょう。INTPは自身の恋人との約束も、ドタキャンすることがあるかもしれません。そこでINTPがフォローすらしなければ、恋人と喧嘩を起こすこともあるでしょう。そのため、INTPは自身が従うための仕組みやルールを作ると良いでしょう。INTP自身のやることリストを作成し運用するか、目に見えるメモを使って解決するのも手でしょう。

INTPと恋愛する上でのポイント

ストレートに伝えましょう

INTPは単純で素直な恋人になります。INTPは微妙な言葉や行動を理解できず、感情には鈍感なタイプです。もし、INTPの恋人の人が何かを必要とするならば、まっすぐにINTPに話すべきでしょう。INTPは、意見を聞くことで修正することが得意であり望んでいます。

INTPの代わりに計画する

INTPが物事を計画したりスケジュールに従ったりすることを期待している場合、がっかりすることでしょう。INTPは恋人を喜ばせるために柔軟性を持っている一方で、計画力はあまりないことも多いでしょう。INTPはそんな計画を立ててくれるパートナーに感謝することでしょう。そして、その計画はINTPのためにもなります。

一人の空間・時間を作る

INTPには一人の時間や空間が必要で、自由を望んでいます。INTPにできるだけ、一人の時間や空間を作ることで、上手く機能することでしょう。INTPは多くの人と交流したときには、一人の空間で休みたいと思うタイプですので、理解してあげる必要があるでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。