MBTI

ENTJのリーダーの特徴とは?上司になったENTJのリーダーシップについて

ENTJは物事のゴールを設定する力に長けていて、実行力のある力強く戦略的なリーダーです。ENTJは強い意欲を持っており、自身がやっていることのすべてにおいて卓越性を望んでいる独立したリーダーです。非常に意欲的で頭がキレるタイプですので、ENTJはしばしば組織の中でリーダーシップを取ることも多く、周りの人を管理する立場になることも多いでしょう。

ENTJのリーダーの特徴

天性のリーダーシップのENTJ

ENTJは毎日が活動的であり、プロジェクトや社会活動で常に他の人を巻き込んでいます。ENTJはENTJ自身の私生活も管理するタイプであり、効率的な私生活を送っていることも多いでしょう。多くの場合、ENTJはスケジュールとお金の管理にも厳しいことでしょう。

ENTJは自分たちに周りからの卓越性を求めていることも多く、目標を大きく設計し、その目標を達成できるようにしっかりとした計画を立てていることでしょう。

ただし、ENTJのその強い性質は、仕事のやり方が柔軟にならないことを意味します。より良い代替手段が登場するかもしれませんが、ENTJは自身がすでに決めた計画に固執する傾向があります。

ビジョンを設定するENTJ

ENTJは自身が達成したいことについて非常に明確なビジョンを持っていることでしょう。ENTJは組織や仕組みに対しても、自分のビジョンについてはっきりしており、自身のカリスマ性を組織に対しても、その持っているビジョンを明確にするために使うでしょう。ENTJは戦略的計画を立てており、自身を取り巻く環境の傾向やパターンを容易に見つけ出します。

しかし、その一方で、ENTJは自身の考えに固執するので、頑固に他者の考えを受け入れることを拒否する傾向があることもあるでしょう。ENTJは通常物事を客観的に見ることができるタイプだから、主観的な感想を雑に扱ってしまうかもしれません。ENTJは自身の計画の中に重要な細部や欠陥を含んでいるまま進めていることがあり、その結果、チームの中にはENTJのビジョンを理解できない人もいることでしょう。

冷酷にも感じるENTJのコミュニケーション

ENTJタイプのリーダーたちは、自分たちの力量が結果として、自分のためになるようになることを強く信じており、その上で行動を行なっています。ENTJは、周りの人に同意されない状態でも、一目置かれていたり、尊敬されていることが多くあります。ENTJは理解されない場合にでも、カリスマ性を感じさせることがあり、自身と同じ能力を持っている人はかなり惹きつけられることでしょう。

しかし、その仕事を重きに置いているような性質と野心的な見解は、周りの他者から強欲だと思われたり、冷酷だと思われることも少なくないでしょう。そのせいで人々を遠ざけてしまっていることも少なくないでしょう。ENTJはまた、仕事と私生活を別々にし、仕事の中で自身のプライベートを持ち込まない可能性が高く、個人的な交友を行いにくいかもしれません。そのため、ENTJは周りの人にとって、わかりにくい存在だと感じることも多いでしょう。

実現力には定評があるENTJ

ENTJは仕事を完成させることに非常にこだわりを持っていることから、実現力には定評があることでしょう。ENTJはチームの他の誰よりも一生懸命仕事をすることで、周りをリードすることができるでしょう、そしてENTJは現在直面している方法論の欠陥を発見し、解決策を新しく提案することができ、またそのスピード感が素晴らしいでしょう。ENTJは知的な挑戦や討論を通すことで、他の人々と関わり合い、他の人にも自分と同じように結果を出すことを求めることでしょう。

しかし、目標を達成する過程で他の人の情緒的な問題点を見落としている可能性があり、それらは仕事を達成する後の優先順位に下げられていることでしょう。したがって、一部の人々はENTJのリーダーと対立することも多いでしょう。

ENTJのリーダーシップを育てる

ENTJがリーダーシップを育てるためのヒントは次のとおりです。

他人の意見を聞く

ENTJの決断力、決定力は素晴らしいものですが、他者の意見を無視しすぎていることも少なくないでしょう。そのため、他人の意見を聴くまで決定することを控えることを意識すると良いでしょう。そして、周りの人とコミュニケーションをとることで心を開くと良いでしょう。ENTJは既に、自身が持っている可能性を全て模索していると考えていることも多いでしょうが、他者の意見にはENTJの盲点を明らかにするような意見があるかもしれません。そのため、他者に意見出しを協力してもらい、それを聞いてもらうことは良い方向に向かうことでしょう。

周りの人を褒める

ENTJにとって、自分の不十分さを指摘されることや批判されるような環境こそがやる気になる環境かもしれませんが、周りの人には褒められることや周りの人に褒められることでやる気になる人が多いことも事実として受け入れると良いでしょう。例えば、誰かが良い仕事をしたときに、感謝の気持ちを示す電子メールを書いたり、張り紙を送ることで、より良い関係を築くことができるでしょう。ENTJのチームにとって欠けていることが多いので、褒める制度を導入することは、変化を起こす可能性も大でしょう。

周りの人のやり方を考える

ENTJは、ビジョンを周りのメンバーに投げかけた後、周りの人が自分なりの方法論を持って仕事に取り組むことを前提としていることでしょう。ENTJ以外のパーソナリティの人々の中には具体的でわかりやすい明確なプロセスのもとで仕事を行う人も一定数いることでしょう。プロダクトの管理にガントチャートなどを取り入れることで、プロダクト管理することはもちろん、周りの人にも方法論がうまく伝達するようにやり方を考えることは大切でしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。