MBTI

【16タイプ】それぞれの性格タイプと集団性

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

INFJ

INFJは内向的です。内向的であるということは、多くの場合、一人でいる方がより良く機能することを意味します。特に、他のメンバーが頑固で騒々しい場合は集団に馴染めずに苦労する可能性があります。ただし、INFJは信頼できる人々とうまく連携し、多くの場合、知り合いや愛する人々と共に素晴らしいチームを作る能力があります。しかし、大勢の見知らぬ人と集団になると、INFJは苦労するかもしれません。INFJは、集団の中でどのように行動すべきか迷ってしまうので、自分一人で仕事をしたいと思うかもしれません。多くの場合、INFJは、お互いに助け合うことは必要とはしていないので、集団にいるよりも単独で仕事をする方が成果を出すでしょう。

ENFJ

ENFJは集団で上手に機能し、指導者としても結果を出します。ENFJは、大勢の人達の気持ちを落ち着ける自然な技術を持っています。ですから、集団の優れた仲介者になります。ENFJはチームで問題を抱えている人々をまとめる方法を知っています。これにより、ENFJは優れた集団の一員、さらには指導者になり、素晴らしく前向きな雰囲気を集団の中に作り出します。ENFJは一人でも問題なく作業できますが、集団の中で作業する方が捗ります。特にENFJは、心おきなく思ったことを言い合える相手と一緒にいる場合にうまくいきます。

INFP

INFPは単独で作業することを好むことが多く、集団という環境では不安を感じることがあります。INFPは、集団の中で強制的に仕事をさせられることを嫌います。INFPは、自分一人で作業でき、考え抜くための十分な場所がある場合に最善を尽くします。ただし、INFPは、信頼する人々がいる小さなグループであればうまく仕事が出来ます。INFPは、集団の中で過度にプレッシャーを感じたときには目の前の仕事が手につかなくなってしまうのです。

ENFP

ENFPは非常にカリスマ的なタイプなので、多くの場合、集団という環境において優れた能力を発揮します。ENFPは、必要に応じて、主導権を握る方法を知っていますが、指示に従うことも得意です。ENFPは、人々がうまくいっていないときに物事を上手く機能させる方法を知っています。ENFPは、器用なのでどんな仕事も大抵は得意です。ですから、単独で作業する方が快適だと感じることもあります。ENFPは、信頼できる1人または2人の人がいることを好み、このような小規模なチームで大きな成果を出します。また、ENFPは、非常に順応性が高いので集団の中にいる人々を助けます。

INTJ

INTJは一匹狼タイプなので、単独で作業することを好みます。他人と一緒にいるのが苦手なので、集団での仕事には苦労することがよくあります。しかし、INTJがメンバーを選択することを許可されている場合はとても上手くやります。しかし、知らない相手ばかりでは、I信頼するまでに多くの時間がかかり、同じ集団で働くことは難しいと感じます。INTJは自分で物事を成し遂げて問題を解決するために一人の時間と場所を持つことを好みます。確かに、INTJは、集団での仕事は好みませんが、必要に応じてどんな状況にも適応できます。

ENTJ

ENTJは多くの場合、集団において素晴らしい成果を上げており、他のメンバーとの共同作業が許可されていれば成功する可能性さえあります。ENTJは、教えることが好きなで、優秀な指導者になるでしょう。また、ENTJは主導権を握ることを恐れず、多くの場合、集団を最善の方向に導きます。ENTJは、集団の全体が能力を最大限に発揮できるようにするための最適な行動計画を立案します。ただ、ENTJは、怠惰または非効率的なメンバーとは対立する可能性があり、物事を成し遂げるためにそれらの人々をグループから排除しようとするかもしれません。

INTP

INTPは独立したタイプなので、多くの場合、集団で作業するよりも単独で作業するほうが優れています。INTPがより大きな集団で協力しなければならない場合、圧倒され不満を感じることがあります。しかし、INTPは、信頼し、アイデアを出し合える相手と連携できれば素晴らしい成果を出します。INFPは、様々な考えを提案できることを楽しんでいますし、他の人々の発想も喜んで受け入れます。他の人と自分の考えを話し合うだけでも、INTPが自分の発想を完成させるのに役立ちます。ただし、大規模な集団で作業することは、自分にとっては利点よりも困難なことの方が多いので単独で作業することを好みます。

ENTP

ENTPは非常に順応性の高いタイプであり、一人でも集団でもどちらでも優れた成果を出します。ENTPが他の人からアイデアを得られる環境にいるとき、ENTPは、間違いなく素晴らしい結果を残します。ENFPは、集団の中で、様々な可能性を探求できる環境を気に入っており、メンバーと協力して仕事を進めていきます。論理的な思考を駆使して何かをもたらすことができる人々がいることは、ENTPにとって非常に刺激的です。ただし、あまりにも多くのアイデアに埋もれてしまわないように軌道修正をしてくれるメンバーも必要です。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。