MBTI

【知覚機能別】16性格タイプのリスクを取る方法

16の性格タイプを知覚機能(SJ、SP、NJ、NP)に分けて各グループがどのようなリスクを冒しているかを見てみましょう。

NPー直感的に理解できる性格タイプ(ENFP、ENTP、INFP、INTP)

NPタイプに属するENFP、ENTP、INFP、INTPは、全タイプの中で最も高いリスクを負うタイプであることが判明しています。これは、NPがまだ検証されていない新しい理論や可能性を探求するのを好むこを考えると、驚くべきことではありません。事前に確立された事実に基づいた土台作りが好きな感覚タイプとは異なり、NPは以前に行われたかどうかを判断するために多くの時間を費やすことなく、可能性に飛び込んでみようとします。

実際にプロジェクトやアイデアが以前に実行されていた場合は、それが妨げになることがあります。NPタイプは、これまでに誰も考えたことのないアイデアや、経験したことのない機会を発見したいと考えています。NPタイプは、既に確立されたものよりも、独創的な発想に引きつけられます。

実際、このことは、仕事の選択に影響する傾向があります。多くのNPタイプは、報酬が高い場合には、不安定なポジションに就くことで刺激を受けます。そんなNPタイプの優れた点は、本能的に可能性を探求するように仕組まれているので、結果的に、他のタイプが警戒を必要としていないような革新や画期的なアイデアを発見することになるからです。NPタイプは、通常、不安に悩まされることなく多くの新しい理論や珍しいプロジェクトを考案することができます。

一方、NPタイプの能力が裏目に出る可能性があるのは、あまりにも多くのアイデアやプロジェクトに参加する可能性があるため、どれが最も自分の価値観に沿っているかをじっくり考える暇がないことです。特にNPタイプにとって重要なのは、先に進む前に少し立ち止まって、優先順位、価値、原則をよく考えてみることです。そうすれば、完成していないプロジェクトや無限に思いつく代替案の海の中でもがき苦しむことを避けることができます。

NJー直観的に判断できる性格タイプ(INFJ、INTJ、ENFJ、ENTJ)

NJタイプに属するINFJ、INTJ、ENFJ、およびENTJは、NPタイプに比較するとリスクについて計算する調査で、はるかに低いスコアを示しています。その理由は、NJタイプは可能性を追求する前に、自分たちがどこへ向かっているのかについて内部的な見通しを持つ必要があると考えているからです。情報を分析し、優先順位を付け、処理するための時間を必要とします。時には、とても素早く将来の見通しが立つこともあり、そのような時には、非常に衝動的に見えることがあります。反対に、時間がかかり、より慎重に熟考しているように見えることもあります。NJタイプは特に、目的地に辿り着くための地図を思い描く時間が持てることを好みます。コースと明確な見通しを持っていれば、長期的なリスクを取り、型破りな道を進むことを楽しむことも可能です。

実際、NJタイプは、より日常的で伝統的な生活様式や職業経験よりも、新しい道を追求することを好みます。

そんなNJタイプの素晴らしいろころは、非常に戦略的で、危機管理における計画まで完璧に時間をかけて準備することです。また、新しいアイデアや大胆な可能性に刺激され、革新的または変革的な道を切り開くことができます。

一方、NJタイプの能力が裏目に出るのは、特定の方向性を確信することができるので、その実現の妨げとなりうる細かい予防策にも心を閉ざす傾向があります。詳細な問題よりも、大局的なことに重点を置いているため、最終的には詳細につまずくことになります。NJタイプは、信頼できる感覚型の友人や仕事仲間がいるならば話を聞いてもらいましょう。時には、NJタイプが見落としているかもしれない細い点に目を向けることの大切さに気付くでしょう。

感覚的に知覚するタイプ(ESFP、ESTP、ISFP、ISTP)

SPタイプであるESTP、ESP、ISTPおよびISTPは、緊急時はリスクを取ることを好みます。しかし、家庭生活や自分にとって大切な人には、ある程度の安心感が必要です。SPタイプは、家庭であろうと、友情であろうと、盤石な基盤を持つことを好みます。一日の終わり、または週末に戻って寛げる場所を常に求めています。

優れた感覚のタイプは、状況や環境を自分のものにしてしまうので、常に次の新しい体験を探します。例えば、浜辺を歩いているときにハングライダーを見てやってみたいと思えば、すぐに列に並んで同じように飛ぶことが出来ます。SPタイプは、適応能力があり、突然の変化や発展に素早く対応します。挑戦に刺激され、考慮すべき多くの選択肢と代替案を持つことを好む傾向があります。

そんなSPタイプの優れた点は、危険が発生しても自分で考え冷静な判断を下すことが出来ることです。また、問題解決のための材料として、状況を把握する能力に長けています。新しいことに挑戦することでパニックを起こす他のタイプとは異なり、SPは挑戦に刺激され、活気がみなぎります。

一方、そんなSPタイプの能力が裏目に出るのは、新しい経験や楽しみを常に探し回っているため、複数のプロジェクトにおいて何も完成させることが出来ないことです。この傾向は、長期的な満足感を得ることなく、仕事から仕事へ、あるいは情熱から情熱へと飛び回るSPタイプに見られます。腰を落ち着けたうえで充分な分析ができなければ、長期的に失敗するような悪い選択につながります。ここで重要なのは、自分のなかで思考する内向的な機能を引き出して、自分のやっていることの論理性と永続的な価値を見極めることです。

SJー感覚的に判断するタイプ(ISFJ、ISTJ、ESFJ、ESTJ)

SJタイプに属するISTJ、ISFJ、ESTJ、およびESFJは、リスクをとることを最も嫌がる性格タイプです。自分の人生に一貫性を持つことを好み、あらゆる事柄を詳細まで慎重に分析し、完全に準備ができていると感じてから行動する傾向があります。SJタイプは、自分の記憶や経験を集めて、その情報から熟考する時間が必要です。ただし、これはSJタイプがリスクを取らないという意味ではありません。SJタイプは、自分たちが持っている選択肢に基づいて行動する前に、それぞれの選択肢について十分な考慮と配慮をしていることを確認します。

そんなSJの優れた点は、決定を下すときに非常に慎重で思いやりがあるので、その決定によってどんな結果が起ころうと、徹底的に準備することです。これは、SJタイプは、悪い結果になったり裏目に出たりするようなリスクを負うことが少ないことを示しています。
一方で、SJタイプがリスク回避的すぎるために、新たなキャリアを積む機会を極端に嫌がります。ですから、SJタイプは自分の快適な場所に閉じこもってしまい、喜びをもたらす新しい機会を逃してしまうかもしれません

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。