MBTI

【MBTI診断】ESTP型の性格・特徴を解説!ESTP型のキャラや有名人、恋愛や相性は?

MBTI診断とは

MBTI診断テストは、あなたの性格を16種類に分類する、アメリカで主流の性格診断です。
あなたの性格がどのような傾向にあって、どのような欠点があるのか理解できます。

MBTI診断は16Personalitiesというサイトや辛口性格診断16というサイトなどで、無料で診断することができます。
今回はそのMBTI診断の中でもESTP型の特徴を紹介していきます。

ESTP型の特徴

– 積極的で好奇心にあふれている
– 地に足がついている
– くよくよせずに、前向きである
– コミュニケーション能力が高い
– 多才である
– 成果主義だが、温かみがある
– 適応力があって、臨機応変な対応が可能
– 鋭い洞察力を持っていて、変化を求めている

ESTP型は、今この瞬間を楽しむタイプで、コミュニケーション能力も高いので、良い意味で遊び上手なタイプと言えるでしょう。活発で行動的なタイプで、いつも輪の中心にいるMBTI型は注目されること、他人に興味を持ってもらうことが好きで、目に見えて人の役に立つことが好きです。
ESTP型は友達も多く、愛されキャラとして、人間関係は良好です。
本人も人付き合いが好きで、自然体のままで、楽しんでいる感じです。

一方で、判断力があり、大胆な選択をすることもできるのですが、計画性がないので三日坊主になってしまったりする傾向があります。行動こそは早いのですが、なかなか継続できず、周りが見えなくなり、破綻する傾向があります。

ESTP型は五感が鋭く、友達と食事に出かけたり、音楽を楽しんだりと、アウトドアを心から楽しめるタイプで、多趣味であることが多いです。グルメであったり、音楽センスに長けていたりと、一目置かれる存在であることも多いでしょう。

物事を考えるときに、頑固に考えすぎず柔軟な思考を持って取り組むので、要領はいい方で、さらに現実的に物事を見るセンスがあるので、実務的だと言えるでしょう。
無駄を徹底的に排除できるタイプです。

職人気質としてのESTP型

ESTP型は、職人気質に属しています。
この気質の最も大きい特徴として、理想より現実に焦点を当てているために、地に足がついていること、そして、論理力がある点です。
論理力があるため、感想と事実を引き剥がして考えることができ、物事を客観的に見ることができます。

そういった観察力があることに加え、現実主義な点が加わり、実務的な知識をつけていくことに長けています。かといって、堅苦しい考え方をせずに、柔軟に物事を考えることができるので、より深く知識を深めることも得意と言えるでしょう。

飽き性かどうかはともかく、根性がある人に多いのもこのタイプです。筋トレやランニングなど、健康的な習慣をつけていて、比較的健康な傾向があります。
一方で、ルールや責任、束縛や契約など柔軟に身動きが取れなくなるような物は苦手で、単調作業は苦手な傾向にあるでしょう。

縛られるが苦手であることもあって、目標に関しては少し甘かったりする傾向もありますが、自信を失わず継続するのがこのタイプです。

ESTP型の割合

世界におけるESTPは全体の4%ほどと言われております。全体と比較しても、やや低い傾向にあるでしょう。一方で、国内では3〜4%と、世界中と同じ程度で、少ないと言えるでしょう。

ESTP型と予想されるキャラや有名人

– ドナルド・トランプ(アメリカ大統領)
– マドンナ(アーティスト)
– ジョージWブッシュ(アメリカ元大統領)
– キルア(HUNTERxHUNTER)
– クリリン(ドラゴンボール)
– スネ夫(ドラえもん)
– サザエさん(サザエさん)

ESTP型の適職、オススメの仕事

– 地に足ついていて、論理性が求められる仕事
株式投資ブローカー、投資家、プロダクトマネージャー、銀行員、起業家、経営コンサル、保険の営業、オーナーなど
– 専門性が高い職人気質を求められる仕事
スポーツ選手、カメラマン、エンジニア、整備士、建築士、測量士、職人など
– 現実的な意思決定を早く求められる仕事
パイロット、救急救命士、警察官、消防官、臨床工学技士、医者など

ESTP型の恋愛

– ESTP型は、外交的で美味しいものを食べたり、音楽を聴いたりと五感を使って物事を楽しむタイプで、筋トレやフィットネス、ランニングなどを趣味にしていることも多く、体系が美しいことが多い傾向にあります。フェロモンにあふれていて、魅力的に見えるかもしれません。
そして、今を生きるタイプで、会話の中心にいることが多いのと、その持ち前のコミュニケーション能力で、異性にモテる傾向にあります。

ESTP型と相性のいい型、INFP型

ESTP型と最も相性のいいタイプは、INFP型と言えるでしょう。
ESTP型は五感をフルに使い、センスあふれる人に見え、また好奇心が旺盛で活動的なのですが、INFP型はそんなESTP型を惹かれる傾向にあります。
一方で、INFP型の人の暖かく、感情的に深い関係になれる包容力と、人を愛する姿勢などからESTP型のは夢中になる傾向にあります。

ESTP型と相性の悪い型、INFJ型

ESTP型と最も相性の悪い型は、INFJ型と言えるでしょう。
全ての価値観が真反対であることから、初めは良いなと言う点でも長く付き合ううちに、徐々に価値観の違いが原因でヒビが入っていく傾向があるでしょう。
根本的に、計画的なINFJ型と、その場を生きるタイプのESTP型はお互いを理解できないところがあります。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。