エニアグラム

【エニアグラム】タイプ3の特徴と健全・不健全な行動

達成者(エニアグラム: タイプ3)は、人生のあらゆる面を改良し続け、常に最善の状態でありたいという生涯の目標を掲げた、エネルギーに溢れ、極めて意欲的なパーソナリティです。

タイプ3は、新たに開始する計画や活動、定期的な会議や意見交換によって活気づけられ、一つ一つ物事を成し遂げていくことで自信をつけていきます。そしてスポットライトを浴びることを好み、自分の名前、才能を世界に知らしめる機会を常に探しているでしょう。

洗練された仕事人で、且つカリスマ性に溢れるスタイプ3は、一生懸命仕事をするでしょうし、プライベートでは一生懸命遊びます。職場、野外、家で、彼らは何かに挑戦し、血と汗と涙を流し、成し遂げ、記録や常識を打ち破ります。精神が健全に発達した場合、タイプ3は心強い人材となるでしょう。

タイプ3は障害を通して、チャレンジに燃え続けます。彼らは時にTwitterやInstagramのフォロワーを増やすために、時には昇進するために、時には大会で優勝するために、熱心に挑み続けるでしょう。

そんな彼らは、知的でスタイリッシュに見えることがあります。ただし彼らは強すぎる自尊心を抱えていて、さらに「勝つこと」や「成功すること」に執着するあまり他者を蔑ろにすることがあります。彼らにしょっちゅう振り回される身近な人々は、タイプ3を「気に食わない」と感じているかもしれません。

 

エニアグラム診断とは

今回紹介するエニアグラム性格診断は、あなたの性格を主に9種類に分類するテストで、トライタイプといった考え方を導入すると全部で27タイプまで分類することができるようになります。
この9タイプとはそれぞれの特性や個性を持ったタイプになります。それぞれのタイプを知ることでお互いの理解を深めることができ、また恋愛や仕事などの自己理解を深めることができるでしょう。

このようなエニアグラムはエニアグラム性格診断の診断サイトなどで、無料で診断することができます。

エニアグラム – タイプ3の特徴

タイプ3の大まかな特徴

  • 虚栄心の持ち主
  • 自分を大きく見せるために、経歴などを偽ることがある
  • 基本的には真面目で、何事にも熱心な性格
  • 有能でない、価値が無いと思われることを恐れている
  • 有能で優秀であると思われたい

彼らを動かす原動力は「もっと人に認められたい」というもの。目立つための行動を取るのも、直向きに仕事へのめり込むのも、全ては優秀だと思われたいことに起因しています。それは同時に「常に安心できる居場所を探している」ともいえるでしょう。

タイプ3たらしめるもの

  • 成果
  • 生産性
  • 有能さ
  • 献身的な姿勢
  • 評価を気にする

エニアグラムでは、健全、平均的、不健康の3つの異なるレベルで発達状態を識別します。

健全な成長レベルの下では、タイプ3はタイプ6の方向に統合し、自分が所属しているコミュニティに焦点を合わせ、注意を払うようになり、社会のために貢献するようになるでしょう。また、同僚の誰かがスポットライトを浴びる機会があったときには、僻まず、純粋に「おめでとう」と声を掛けられるでしょう。健全なタイプ3は、チームワークが求められる環境に馴染むことも出来ます。

若いうちは冷酷で野心的で、地位のみを追い求めていることも多いでしょう。しかし年齢を重ねるごとに知見を広め、思いやりを身に着け、健全なタイプ3は徐々にサポートに回るようになります。同僚など他者を鼓舞し、彼らの成功を助けたいと願うようになるでしょう。

機知に富み、エネルギーにあふれ、バランスのとれている健全なタイプ3は、コーチやメンターとして他者のインスピレーションを刺激し、行動を促すでしょう。それを仕事に活かすことによって、成功を収めることが、このタイプにはぼちぼち見かけられます。

なぜコーチやメンターといった分野で活躍できるのかと言うと、それは彼らは野心を追い求めていた過去に後悔を抱いているからです。

後悔の経験から彼らは、自分を覆い隠していた嘘の仮面を取り除く方法を学び、等身大の自分の意見をそのまま表現する技術を身に着けてきました。仲間や同僚には注意と敬意を払うようになりました。その技術を後輩たちに伝授することで、彼らはチームの結束を呼び掛けたり、独りよがりな態度を改めさせたりすることができるのです。

平均的なレベルのタイプ3は、プレッシャーを掛けられることにより成功し、目標やノルマを続々と達成していきます。彼らは自分の輝かしい成績を掲げながら誇らしげにするでしょうし、最終的には「”誰か”になる」ために、もしくはそれ以上のことをしようと努力を重ねます。

そんな平均的なタイプ3は、まさに縦社会の中に生きる峻厳なプレイヤーです。社会というゲームの中で、ルールを理解し、有利な立ち位置でプレーを続けられるよう、常にあらゆる努力を重ねています。

そしてこのタイプは味方が増えるにつれ、傲慢さが増していくのが特徴です。彼らは自分の意見に全て従うよう、追従者に求めるようになり、自分に反対する人間はコミュニティから徹底的に締め出そうとします。

傲慢さが増した結果、逆にこのタイプがコミュニティや組織からはじき出された場合、周囲の人々や環境に対して、害するような行動が増えるようになります。彼らはより「どこかにいる誰か」への敵対心や競争心を募らせ、自己を高めるためにスキルを磨いたり勉強をしながら、他者を全て見下すような言動を取り始めるでしょう。

不健康なレベルのタイプ3はストレスの下において、タイプ9の方向へと崩壊し、受動的になって動きが鈍くなり、何もかもを先延ばしにして、ソファーの上でボーっとすることしか出来なくなるでしょう。

栄光と名声を求めて努力した彼らは、全ての希望と願望を打ち砕かれて、努力は最終的に無駄となり、自己破壊的な方向に傾いてしまいます。食事を摂るなど、最低限のことすら億劫になり始めるでしょう。

このタイプは、あまりにも多くの失敗や停滞に耐え抜いた後に現れ、悪循環に陥り始めます。自分の人生が、社会では役に立たない「欠陥品」として終わることに彼らは恐怖を抱き、そして彼らは通常、この憂鬱さを紛らわすために自分を社会から隔離して家に閉じこもるか、または無心になれる気晴らしに没頭するでしょう(例えば、何時間もテレビをボーっと見続けたり、Youtubeで猫動画を延々と視聴したりなど )。

健康的なタイプ3の行動

  • 正直で、勇敢なチームプレーヤー
  • 熱心に働き、熱心にサポートをする
  • 心身のバランスに気を配っている
  • 情報は独占せずに共有し、協調を重視する
  • 自分一人で決断を下さない

平均的なタイプ1の行動

  • 自ら望んで、自分を過労に追い込む
  • 仕事に集中し、仕事にのめりこむ
  • トレンドを欠かさずチェックし、流行文化に精通している
  • エネルギッシュでスマートな振る舞い
  • ステータスを追い求め、カリスマ性を取り繕う

不健康的なタイプ1の行動

  • 常にメランコリーで落ち込んでいる
  • 失敗を過度に恥じて、隠そうと躍起になる
  • 燃え尽き症候群のような状態になる
  • 感情がマヒし、怒りもせず笑いもしない
  • 自意識過剰になり、他者を一切信用しない

職業の選好に関しては多くの場合、自分自身の適性よりも「世界により多くの影響を与え、自分を見てもらえる」ような仕事を好むでしょう。そのために自分自身をよく磨き、宣伝も惜しみません。

タイプ3が一般的に好むとされる職業

  • 俳優
  • ベンチャー系の起業家
  • ジャーナリスト、ライターなど情報を発信する職業

タイプ3はプライベートにて、幅広い才能を活かして何かしらの作品を作ったり、スキル磨きに勤しんだり、オンラインの格闘ゲームでランキング上位に食い込むことを目指したりするでしょう。

タイプ3が一般的に好むとされる趣味

  • 人と競い合うようなスポーツやゲーム
  • 一人カラオケ
  • 仕事に関わるスキルの勉強

歴史に名を遺している有名な俳優や歌手は、たいていエニアグラムではタイプ3に該当したりします。

タイプ3はしばしば脚光を浴びているシーンを目撃されているでしょう。

タイプ3と思われる有名人の言葉たち

「僕が少年だった頃、僕はいつも自分をコミックや映画のヒーローだと思っていました。僕はこの夢を信じ、育ったのです。」
――エルヴィス・プレスリー

「多くの問題に対処しなければならないとき、君は沈むか、泳ぐかのどちらかになる」
――トム・クルーズ

「私は常に、ショーの勝ち負け、引き分けに挑戦して、音楽の限界をできるだけ超えようと試みてきました」
――アンドリュー・ロイド・ウェバー

「人生の意味とは、単に存在すること、単に生き残ることではなく、前進すること、上り詰めること、達成すること、勝つことです」
――アーノルド・シュワルツェネッガー

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。