MBTI

【MBTI/エニアグラム】INFPとエニアグラム各タイプについて

今回は、MBTIエニアグラムのバリエーションと各MBTIタイプが経験するエニアグラムトラウマの違いシリーズの続編です。エニアグラム論争は、万国に渡りますが、我々は皆、人生において恥や恐怖、不安を経験します。しかし、これらを感じる理由が各々で異なる場合があり、それがMBTIタイプで分類できる可能性があります。各エニアグラムは、最大の窮地からあなたを救う力になり得るのです。

エニアグラム診断とは

今回紹介するエニアグラム性格診断は、あなたの性格を主に9種類に分類するテストで、トライタイプといった考え方を導入すると全部で27タイプまで分類することができるようになります。
この9タイプとはそれぞれの特性や個性を持ったタイプになります。それぞれのタイプを知ることでお互いの理解を深めることができ、また恋愛や仕事などの自己理解を深めることができるでしょう。

このようなエニアグラムはエニアグラム性格診断の診断サイトなどで、無料で診断することができます。

INFPエニアグラムタイプ1

エニアグラム1の完璧主義傾向は、INFPの創造過程で強く現れます。INFP1は、アイデアに客観性と現実性を求めます。そのアイデアが明確に定義、説明され、本人が合理的に解釈できれば、この創造能力に価値があると判断できます。さらに、INFPは、内面意識の強い個性的タイプなので、アイデアから現実的価値を見出すことに大変優れています。

INFPエニアグラムタイプ2

NIFP2は、特に自身の真正性と性格に強い誇りを持っています。善良で正しくあること、また自身の個性に自信を持ちます。本物でありたいという最大の才能は、未来の自身よりも過去の自身の方が現実的で信頼できると感じている点です。

INFPエニアグラムタイプ3

INFP33つの見栄が、このタイプ特有の性格を育てる原動力になっています。INFP3が、注目と名声を得られる唯一の方法は、より派手に、格好良く、世渡り上手な性格を開発させることだと考えています。NIFP3は、名声をさらなる情熱への糧にし、今後の人生にも役立つと信じています。

INFPエニアグラムタイプ4

INFP4は、倫理や善悪に同じ懸念を抱かず、理想の人生を歩む他人を羨む傾向にあります。他人への羨みと自身を比較して疑問に思うことがあります。しかし、同時に自信の価値や関心に夢中になり、他人との幸福の共有を避けようとします。

INFPエニアグラムタイプ5

INFP5は、自身には世の役に立つ資質や価値がないと感じる傾向にあります。しかし、この自信過剰にならない謙虚で勤勉な力は、将来役に立ちます。INFP5は、直観力や感覚、知覚の能力を発揮するのには苦労しますが、伝統的で単純、論理的で手狭な能力に重点を置きます。

INFPエニアグラムタイプ6

INFP6は、複雑で深い人生の論理的な意味を探っているため、常に苦労が絶えません。また、直観的に感じたものや知ったものを信用できず、自己の価値を過少評価しがちです。自己の力不足に不安を抱き、本来の能力(聞く力、気付く力、個性)を見付けられずにいます。人間関係、友情、チャンスに慎重な傾向があり、物事が起こる理由に倫理的な説明を求めます。実際のところ、この理解のために必要なのは、手助けとそれを体感することです。

INFPエニアグラムタイプ7

INFP7は、通常、落ち着きがなく、欲求不満で、本能的、探求心や好奇心が強い特徴があります。全てのことをいち早く知りたいという欲求で、このタイプは、自身が得た情報の真偽を見極める過程を逃してしまう可能性があります。そのため、その情報価値に目を向けず、ただ大量の情報を集めているだけになる場合があります。この真実の欠如が原因で、INFP7の落ち着きのなさと欲求不満が生まれていると言えます。

INFPエニアグラムタイプ8

INFP8には、強力過ぎる、根拠のない直観と感覚があります。強い創造性と信頼性がある一方で、自己反省や内省力が欠けています。時間をかけずに、先見性と高い意識を駆使して物事を理解し、アイデアを持って、問題に向かうことができますが、意欲が強過ぎるために、その範囲が他人にも及ぶのは問題です。INFP8の感覚や価値を状況や場所を問わず、発揮させる必要はありません。

INFPエニアグラムタイプ9

INFP9は、他人の視点や思考をも分析してしまい、他人の思考による自身の思考の混乱を招いてしまいます。相手の脳内を確実に見ることは不可能ですが、INFP9は、常に自身以外の人について考えている傾向にあります。この傾向は、起こりうる問題やデリケートな話題に気付く前に察知し、問題を回避することができます。また、この能力は、自身の感情や関心の理解と認識を深めるためにも重要になります。

INFPエニアグラム社会的サブタイプ

INFPエニアグラム社会的サブタイプの人は、人や集団の管理、コミュニティ関連の問題の対処、プレゼンテーションやイベントの開催に対しての自己能力に不安を感じやすい傾向にあります。社会的な圧力は、そこにいるINFPの人間にとっては脅威です。このタイプは社会に馴染むためには、関心、直観、創造性、自己を抑え、ストレスや不安感に対して自己価値を示す必要があると感じます。解決策としては、順守を強いられるプレッシャーのある大規模なグループや確立されたコミュニティでこそ、自分が誰なのかという、個性や自己価値を認識する力を養う必要があります。

INFPエニアグラム性的サブタイプ

多くのINFPエニアグラム性的サブタイプの人は、親密な関係になると、相手に対して、過大な親切表現の必要性を感じます。ロマンチックで理想が高い傾向があります。そのため、相手には、大げさで演技っぽい印象を与えてしまします。このタイプは、デートや恋愛イベントに深く関わりたい傾向があり、この感覚を抑制され過ぎるとその関心事への興味を維持することが困難になります。

INFPエニアグラム自衛本能サブタイプ

INFPエニアグラム自衛本能サブタイプの人は、自衛に関する不安感を抱く時こそ、INFP特有の力と能力を発揮します。普段は、ファンタジーの世界にこもりがちで、実存的、倫理的な思考を探って、人生の問題や課題に立ち向かいます。このタイプは、より良い回答や理解を見付けるまでは、外の世界に出ることを避けようとします。また、平和や安全に対しても強い執着を示します。現実世界から身を守るために、外の世界でも自己が良い状態でいられる活動に専念するでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。