MBTI

【MBTI】16タイプごとの落ち着きのない姿

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ型

ISTJ型の人々は、快楽さに浸るのが大好きで、一部を除いて簡単に落ち着きがなくなることはありません。彼らにとって、堅実さと安定感は喜びと精神的安らぎを与えてくれます。ISTJ型の人々は、いつも混乱を望んでいるわけではなく、自己の幸福を実感できるよう自らを変えていきます。その代わりに、人生の裏側を探り出します。彼らは、常に活動し続けることを好むわけではなく、自分自身で定めた期限内に快心の手順で目標を達成するのをとても喜びます。

ESTJ 型

ESTJ型の人々は、不自由で人生の目標達成が難しく感じた時にだけ落ち着きをなくします。彼らは、これらが意外に楽しく感じられるので、自らの人生が快調で平易になりそうという理由で落ち着きをなくすわけではないのです。ESTJ型の人々にとって、落ち着きがなくなりそうな時は、単に彼らが時流に乗れず目標達成を妨げられる苦しみを絶え間なく感じている時のみです。彼らは、自分達の人生で安定して生き、その快楽感を味わうために一生懸命働こうと考えているのです。

ISFJ 型

ISFJ型の人々は、人生が万事計画通りなのか安楽かどうかは気にかけません。そして、これらのために彼らが落ち着きをなくすことはありません。ISFJ型の人々が落ち着きをなくすのは、愛する人が必自分達を必要としているように感じても助けられない時だけです。実際は大半のISFJ型の人々は落ち着きのない人々ではなく、人生の中で特定の快楽に浸って生きることを楽しんでいます。彼らは、満足感を得るためにいつも変化や冒険を体験する必要はないのです。ISFJ型の人々は、真に愛する人々が安全で幸福感に包まれて、安定した人生を歩んでもらいたいだけなのです。

ESFJ型

ESFJ型の人々は、人生で堅実さと裕福さを重視することはなく、変化を望むだけの理由で落ち着きをなくすことはありません。ESFJ型の人々が落ち着きをなくす時、それはしばしば、目標になかなか到達できていないか、または愛する人を十分に世話ができないことが一因です。彼らは、もしもっとやれるべきだと思っていても単にそれをできなければ、落ち着きをなくしてしまいます。大抵、ESFJ型の人々は変化の必要性をいつも感じているわけではないので、ちょっとした快適さと単調さは気になりません。

ISTP型

ISTP型の人々は、もし1ヵ所にあまり長く留まっていると、落ち着きをなくし、何か新しいことを体験する必要性が求められます。ISTP型の人々は、いろいろ跳び回って現在の瞬間を充実できるように、開放感を味わいたいと思っています。彼らは、停滞感に苛まれるのが嫌いで、何か新しく刺激的なことに熱中できるのを心から楽しんでいます。ISTP型の人々は、人生の中で冒険を求めており、それがないととても落ち着きをなくしているように感じます。

ESTP型

ESTP型の人々は、とても簡単に落ち着きがなくなりやすく、退屈しやすいので、未知の体験を自由にさせた方がよいかも知れません。ESTP型の人々は同じ場所にあまり長く留まっていると感じた時、何か新しくわくわくするものに跳びつけることを願っています。彼らは、生まれつき熱心で情熱的な人々なので、自分の人生の中で特別な冒険と熱烈さを期待しています。ESTP型の人々にとって、落ち着きをなくすのは容易で、それ故に未知の体験を味わえる開放感が望まれます。

ISFP型

ISFP型の人々は、人生でかなり多くのものを追いかける空想家なので、簡単に落ち着きをなくします。彼らは、新しいことを体験したいのです。そして、あたかも閉塞感や不自由さ感じることを嫌っています。ISFP型の人々にとって、自分の人生の中で情熱と興奮を味わいたいので、ただ快適な所で安全に甘んじるのは本意ではないのです。自己の興味を湧き立たせるものがないと、ISFP型の人々はとても簡単に落ち着きをなくすでしょう。

ESFP型

ESFP型の人々は、停滞を嫌い、何か新しい出来事がないと退屈してしまう恐れがあるので、確かに容易に落ち着きがなくなります。ESFP型の人々は、未知の体験を望んでいる、非常に情熱的な人々です。いろいろ跳び回って冒険を探し求める何らかの自由がないと、ESFP型の人々は落ち着きをなくし、とても苛立つでしょう。彼らにとって、停滞や一人よがりほど好ましくないことはないのです。そして、彼らはより刺激的なものに憧れています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。