MBTI

【MBTIタイプ別】子供が求めているものについて【SPタイプ編】

子供が保有するMBTIタイプが、その性格にどのような影響を与えるかを考えたことはありますか?

子育てというのは、これ以上ないと思えるほど大変な仕事ですが、遣り甲斐があります。これに反論できる人物は、そう滅多にいないでしょう。

とはいえ、子供の性格はそれぞれであり、一冊の教育本だけで子育てが上手くいくことはまずありえません。それに、長男・長女の攻略法が分かったと感じて安堵したとしても、次男・次女もいて、三男・三女も……終わりがありません。もしかすると、分かったつもりになっている長男・長女の攻略法にも欠陥があるかもしれないのですから――つまり正解も答えも無いのです。

もしあなたが子を持つ親である場合、愛情だけでは子育てができないことを知っているでしょう。子育ては、子供を褒めて抱き締めて愛を示すだけでは終わらず、時に躾けや教育があり、意見の相違から喧嘩をすることもあるでしょう。それに子供の潜在能力を引き出すことといえば、まあなんと難しいことか! そんな子育てに、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

※留意事項:
この記事では、典型的なパーソナリティモデルから考えた傾向を示すことができますが、その内容がすべての人々に当てはまるわけではありません。あくまでも参考程度に、ご覧ください。

また、お子さんのパーソナリティタイプが分かっている場合は、下記の記事からヒントやコツを得ることができますが。もしお子さんのパーソナリティ分からない場合は、当サイトにある他の記事を参考にして、大まかなタイプを割り出してみてください。

もしもあなたが親ではない場合は、将来への予備知識として楽しむことも出来ます。もしくは、あなたの子供時代がどうであったかを理解する材料にして、自己理解をより深めていきましょう!

【冒険家】なSPタイプ編

ISTPの子供の場合

ISTPの子供は、幼い頃から独立心旺盛であり、そして冒険心に溢れています。また問題を解決するために必要な、分析的な機知を持っています。

素早く回転する卓越した思考力の持ち主であるISTPは、他のSPタイプと同様に、常に自分の力を試そうとするでしょう。自分の能力は使えるものか、自分の知識は正しいものであるのかどうか、それを試す機会を常に求めているのです。

幼い頃は、親の家事手伝いにISTPの注目は向けられ、お手伝いの中で自分の実力を試そうとしますが。年齢を重ねていくごとにISTPの興味の幅は徐々に広がっていき、スポーツや機械いじり、何らかの学問などに没頭するようになり、次第にその道のマニアとなっていくでしょう。

そんなISTPはたとえ親からだろうとも、指図されたくないと考えている傾向を持っています。なので自分のやることにやたら干渉されたり、止められたりすることをISTPは嫌がるでしょう。ゆえに、成長していくごとにISTPは「一人でやりたい」といった旨を言うようになるはずです。

なので、相当危険なことに興味を示さない限り、ISTPの子供には一人になれる部屋や時間を与えて、好きにさせておくと良いでしょう。一人になることにより、ISTPは自由に創造性を働かせることができるようになります。木工や裁縫、PCの組み立て等……何に興味を示すかは人により異なるでしょうが、想像力豊かな作品を創り上げては、「これを見て!」とISTPは親に見せびらかしてくれることでしょう。

このように、基本的にはマイペースで我が道を往くタイプであるISTPですが。彼らには感情に弱いという弱点があります。分析的に見て、論理的に考える能力に強く依存しているパーソナリティであるため、感情というノイズに思考を邪魔されてしまうと、途端に取り乱してしまうのです。

なのでISTPがどこか不安げであったり、様子がおかしい時には、彼らが自分の感情を理解するための助け舟を出してあげるようにしてください。ISTPの心の中で起こっていることを親は共に分析し、そして彼らの語る言葉に耳を傾けましょう。この時、ISTPを軽くあしらわないことが重要です。

最後に、ISTPは真面目ですが、とてもマイペースでもあります。優勢機能として、疑念と探求を司る内向的思考を持つが故に、「暗記」を強く求めて「本当にそれが正しいかどうかを議論すること」を否定する学校生活には、馴染めないかもしれません。ISTPにとって学校とは、監獄になり得る可能性もあり、学業に対して拒否反応を示すようになる可能性もあります。このため、ISTPを勉強の面で支援するような体制を家庭内、もしくは外部に用意する必要があるかもしれません。

ISFPの子供の場合

ISFPの子供は思いやりに満ちた、優しい性格を持っています。しかし、その一方でISFPは揺らがない、強い信念を持っている子供でもあります。

幼少期のISFPは、自分がどんな人物であると認識されているのかを知りたがるでしょう。真面目であるのか、良い子であるのか、マイペースで自由な子と思われているのか、自分の印象を知りたがることでしょう。またその行動は、「自分がたとえどんな子供だとしても、親は愛してくれるかどうか」を確認したい、という欲求と繋がっています。無論、他のFタイプと同様に、ISFPも親から多くの愛情表現を求めています。

とはいえISFPは比較的、親からすると育てやすい子供であるかもしれません。要領が良く、共感力もあって、間違いを冒すことも少なく、それなりに頭が切れて機転が利き、何よりも親切な性格であるからです。やや感情に振り回されやすいという点を鑑みても、どちらかといえば素直で優しく、大人しいタイプといえます。

が、ISFPは強い感情を持つタイプであり、「これは許せない!」と感じたときにはガンとして譲らないという頑固さを持つパーソナリティです。年齢が若ければ若いほど、この頑固さを制御することができず、時に泣きじゃくってまで、食い下がろうとするでしょう。

しかしこの頑固さは決して我が侭な思いから発動するものではなく、その多くが「道理にかなってない!」や「モラルに反してる!」という思いに基いているため、可能であれば親はISFPが「なぜ、ここまで頑固になるのか」という思いに理解を示してあげてください。またISFPに「泣くな!」と叱ること、ないし「大人になれ」と突き放すことは、トラウマになりかねないのでお勧めできません。

そんなISFPは、感覚的であり創造的。つまり、直感に従うままに作品を創り出すことを得意としています。そしてこれは、工芸や絵画といったことに限りません。体を動かして表現するような活動、たとえばダンスやアイススケートなどにも興味を示したり、精力的に活動するかもしれないでしょう。ともかく、幼い頃からあらゆる芸術に親しむことは、将来的にISFPの糧となるので、できれば多くそういった機会を用意してあげてください。

最後に、ISFPは子供の頃から頑固さを咎められることが多く、それが原因で自分に自信を抱けないケースも多いです。そして自信の無さから、せっかくの強みである「共感を兼ね揃えた知性」を活かしていけず、積極性も抱けなくなるのです。このため、ISFPの持つ個性を褒め、自発性を築くような子育てを心掛けてほしいものです。

ESTPの子供の場合

ESTPの子供は、幼い頃から大胆不敵なチャレンジャーでしょう。ESTPは退屈さが大嫌いで、この退屈さを紛らわすためなら、火遊びや刃物など、あらゆる危険な物や試みにも興味を示します。このためESTPの子供は「目を離したら、何をしでかすか分かったもんじゃない!」と、度々親をハラハラとさせることでしょう。

その一方でESTPは、非常に機転に富み、それでいて順応性がとても高いという特徴を持ちます。どんな道具も大抵はすぐに使いこなしますし、予想外の事態が発生したとしても、子供らしく取り乱して泣きじゃくることはせず、寧ろ「なんか面白そうなことが起きた!」とワクワクしてるかもしれません。そんなESTPには「勇敢」という言葉が似合うでしょうし、また彼らもその言葉で褒められることをとても喜ぶでしょう。

このような性格から、ESTPは幼い頃から多くのものに興味を示し、あらゆる技術を習得しようとするでしょう。なのでより多くのワークショップに参加させることは、ESTPの退屈さを紛らわすうえでは非常に役に立つでしょう。

しかし先述の通り、ESTPは危険なことにばかり注目しがちです。なので様々な技術を習得させるよりも前に、「火がどうして危ないのか」といったことを教えて安全意識を高めたり、「親が居ないところで、勝手に刃物へ触れてはいけない!」といった取り決めを作る必要があるでしょう。

そしてESTPはとてもエネルギッシュであり、その有り余るエネルギーを消費させることは、幼少期においては特に重要です。このエネルギーは物理的に、つまり遊び回らせることにより、消費させることができます。

公園やジャングルジムに連れて行って好きなだけ遊ばせたり、スポーツイベントに参加させるなど、活発に遊び回らせて疲れさせることが大事です。これによりESTPの子供も満足するでしょうし、親も気を張り詰めなくて済むでしょう。

そんなESTPはもしかすると、学業において苦労することがあるかもしれません。というのも、半日ずっと椅子に座って、教科書と睨めっこをしなければならない日々は、言うまでもなくESTPにとって苦痛以外の何でもないからです。それにESTPは実践を通して学ぶため、座学にはあまり適性が無いのです。このため、ESTPを勉強の面で支援するような体制を家庭内、もしくは外部に用意する必要があるかもしれません。

ESFPの子供の場合

ESFPの子供は、他に類を見ないほどのパッションとエネルギーを持つ、愛情深い存在です。彼らはいつでも熱意に溢れているでしょうし、どんな雰囲気も活気に返る方法を自然と知っています。

明るく朗らかなESFPは若い頃、どこに行っても無条件に愛されるでしょう。ユーモアや笑顔、素早い機転、それらを駆使して楽しい雰囲気を作ることに、幼い頃から長けているESFPの周りには、自然と人が集まります。

そんなESFPに対して親が示すべきなのは、「ESFPがいかに楽しく、そして優しい存在であるか」ということを認め、感謝すること。それと、「いついかなる時でも、ESFPを愛している」という無条件の愛です。

このタイプは時として「笑顔でない自分には価値が無い」という思考に囚われて自らの首を絞め、虚無感に襲われることがあります。それを避けるためにも、親はどんな時でも子供を愛している、と示す必要があるでしょう。

ともかく、ESFPは活気の塊であり、多くの物事に興味を示し、多くの人に関心を示し、色んな場所を探索するでしょう。そんなESFPにはESTPと同様に、エネルギーを発散する場所が必要です。公園で遊び回らせること、スポーツに参加させること、友達の家に遊びに行かせることで、その有り余るエネルギーをより良い方向に活かすことができるようになります。

そしてESFPには一緒に遊び、そして笑顔で抱き締めてくれるような親を求めています。エネルギッシュであり活動的でありますが、思いやりに溢れた優しい性格を持つESFPは、同じように優しく温かい親に恵まれたとき、より成熟した性格を持つとされています。

またESFPは外向的な性格であるものの、感情を司る心理機能が内向きに働いているため、意外と心を開かずに本音を明かさない傾向にあります。時には異常に静かになったり、人付き合いを全てシャットアウトしてしまうこともあるかもしれません。もし何か思い悩んでいることがある様子である時には、下手に聞き出そうとはせず、ESFPには一人になる時間を与えたほうが良いでしょう。

最後に、ESFPはスケジュール管理を大の苦手としています。朝の早起きに始まり、提出物の期日を守ることなど、ついつい忘れてしまったり、先延ばしにしてしまうでしょう。なのでカレンダーに書き込むようにしたり、スマートフォンにアラートを設定したりと、スケジュール管理を補助するツールの使い方をESFPに教えていく必要があるでしょう。

ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。