MBTI

【16タイプ】それぞれの性格タイプと集団性

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

ISTJは、必要なときに他の人と協力して最善を尽くします。ISTJは、勤勉なので、職場で必要な仕事は集団であろうとなかろうと完璧にこなします。しかし、ISTJは自分で作業することを好むことが多く、完璧に作業に没頭できる場所があるときに最善を尽くします。そうは言っても、ISTJは、上手に集団に集団に馴染んで周囲の人々から能力以上のものを引き出します。ISTJは、チーム内の不快な人々を避けることが得意であり、やるべきことに集中して良い結果を残します。

ESTJ

ESTJは集団での作業に優れています。ESTJは、しばしばグループのリーダーと見なされ、主導権を握り、率先して行動することを微塵も恐れていません。そして、ESTJ自身も、集団における重要なメンバーでありたいと感じたいと願っています。ESTJは、非常に勤勉なタイプであり、困難な仕事でも喜んで引き受けます。ESTJは様々な集団の環境で上手に機能し、指揮をとるのに優れています。

ISFJ

ISFJは集団という環境では不安を感じることがあり、他の人々の前で意見を求められた時などは、不安になることがあります。例えば、会議の場などで、即座に役立つアイデアを思い付いて発表するように命じられるとプレッシャーを感じてしまいます。しかし、ISFJは非常に勤勉なタイプであり、集団の中では指導者に抜擢されやすいでしょう。とにかくISFJは、自分が信頼できる人々と協力していれば、うまくいきます。ISFJは、自分で仕事をする方が好きではありますが、チームで働くことにもプレッシャーを感じながらも上手に適応することができます。

ESFJ

ESFJは集団での作業に優れており、場の雰囲気を変えることが得意です。ESFJは、集団のメンバー間の調和を保ちながら、前向きな雰囲気を作りだします。ESFJは常にチームのリーダーになりたいとは思っていないのですが、どういうわけか、気が付くとリーダーになっています。ESFJは、人々との連携に優れているので、集団行動が得意です。集団であっても、プレッシャーを感じることなく、落ち着いて物事を分析できる環境があれば、さらに大きな成果を出すでしょう。

ISTP

ISTPは自分で作業することを好むので、チームでの作業を強制されると不安になります。ISTPは、カリスマ的なタイプなので、友達を簡単に作ることができますが、友達と常に一緒に過ごしたい訳ではありません。多くの状況で、ISTPは物事を適切に行うための静かな環境を必要とします。そして、ISTPは、一人で分析や問題解決を行えることを楽しんでいます。ISTPは集団の中で働くよりも、単独で仕事をする方が合っています。

ESTP

ESTPは勤勉でカリスマ的なタイプで人気者ですが、集団での仕事はそれ程好きではありません。ESTPは、単独で物事を成し遂げることを好み、集団のメンバーによって抑制されていると感じます。ESTPは、信頼できる相手と一緒に作業するのならば良いのですが、お互いの責任を果たせる場合に限ります。ほとんどの場合、ESTPは単独で仕事するので、集団の中での仕事を余儀なくされたときに大きなストレスを感じます。ESTPは、確かに社交的で冒険家ですが、それは職場を離れた時のことです。

ISFP

ISFPは集団で仕事をするよりも、単独の仕事で最善を尽くします。特にメンバーが騒々しく不愉快な行動をする場合は、不満を感じる可能性があります。ISFPは静かな環境を好み、自分の采配で物事を実行できるようにしたいと考えています。他人の判断したことに従うのはISFPに欲求不満を感じさせるだけです。ISFPは、自分の仕事を一人で、あるいは親しい友人や愛する人と一緒に行うことを好みます。

ESFP

ESFPは集団での仕事でうまく機能し、常に周囲に人がいる状況を好みます。ESFPは、集団の中で積極的に行動します。また、ESFPは、まるでパーティーをしているように楽しみながら集団の目標を成し遂げます。ESFPと集団のバランスが取れている場合には、集団に大きく貢献します。集団の誰かがストレスを過度な緊張でストレスに晒された時にも、気分を明るくしてあげることができます。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。