MBTI

【MBTI】16タイプと感覚について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

うまくいかないこと、組織がまわらにことにイライラする事があります。
そして、その状況を打破しようと思い行動に移します。
物事はどんな問題が起きても前に進む事が大事なことと思うのです。
解決できな事が起きている時には、自分で処理をして行こうと思っています。
誰かの足をひっぱたり、何か邪魔をする様な人がいる時にはその人と向かい合って、2度と関わらない様にと距離を持つのです。

ESTJ

スムーズに物事が進まない時には、解決するべく方法を考えています。
難しい状況でっも立ち向かい、良い方向へ進めるようにと様々なことを考えています。
積極的に話、冗談も交えながら相手が壁を作らずに上手にこの状況を変えていこうと思うのです。
無理に何かをするのではなく、柔軟な対応をしながら解決をしていきたいのです。
どんなことでも固くならずに、柔らかな心でいる事が大事だと思っています。

ISFJ

議論をしても解決をする事がないと思う事がある様です。
そもそも問題が起きる様な状況が好きではありません。
どんなものでも、スムーズにコミュニケーションをとりながら進めていけると思うからです。
環境を乱す様な人がいる時には、きちんとむか合う事で話ができ、不必要な議論はせずに状況を変える事ができると思っています。
問題を解決するよりも、問題を起こす人を排除する方が効率的と考えて位しまうところがあります。

ESFJ

不和により、組織などが弱ってたち行かなくなると思っています。
この不和は関わり人間同士から生まれているものなので、この問題を起こす人を排除する事が一番早い方法と考えている様です。
感覚的に平和をもたらす事ができる人かどうかをよく考えていて、平和を乱すことを注意深く話をすることもあります。
自分の感情にはとても敏感ですが、あまりにも物事の理解ができない人には少し強いものの言い方をするかもしれませんね。
それほど不和を乱す人を嫌うのです。

ISTP

弱くなっている状況を他人が干渉したり、介入することを好みません。
自分で立て直しをしようと思うのですが、誰かの手によって環境が悪くなっていたり状況が悪化した時には、その原因となる人をシャットアウトすることもあります。
状況からではなく、そういう問題を起こす人のことを感覚でわかっているのです。
物事の改善は、少し強い方法かもしれませんが関わりを断つことが最善策と思うこともあります。
はっきりとした行動を取るところのある人なのかもしれません。

ESTP

自分のテリトリーを乱された時には、それを仕掛けてきた人の挑戦なのかもしれないと思っています。
そして、そういう人たちよりも優れた行動を取ろうと考えています。
物事が間違えていると思ったと気には、それをしっかりと証明できる様に様々な情報を集めて事実を確認するタイプです。
自分の持つ感覚を大事にしながら、この集めた情報で間違いを正そうとしていきます。
そんな時でも、自分の気持ちや思いだけで動くのではなくきちんと情報を持って生きていこうとするのです。

ISFP

物事がうまく進まなくなった時、否定的でネガティブな考えになってしまいがちですが、このタイプの人はこれをチャンスの様に捉えます。
安定することは大事ですが、変化があることは成長ができることでもあると思うのです。
目的のある人生を望んでいるので、その時々に何が起きても常に乗り越える事ができるのです。
また自分の感覚や気持ちに従う人ですので、その時々の状況をうまく乗り越える事ができるのかもしれませんね。

ESFP

もしかしたら、トラブルや問題に気がつかないことがあるかもしれません。
とてもポジティブな人ですので、物事を否定的に捉えることはあまりないのです。
毎日の生活や仕事をとても大事に考えていて、そのリズムを乱すことはしたくないと思っています。
自分のこの様な安定のある生活を乱す人が現れた場合には、すぐに排除することになるでしょう。
実際に相手と話をしててお互いに尊敬しあったり、理解しあえるようにと話し合うのです。
少し感情的になってしまうことがあるかもしれませんが、それでもわかり合おうと思う気持ちが強いのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。