MBTI

【MBTI】各性格タイプとマルチタスク

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

マルチタスクに向いている人もいれば、中には一度にあまりにも多くの物事に圧倒される人もいます。ここで、各性格タイプがマルチタスクにどれだけ向いているかを示します。

INFJ

INFJは、常にタスクを考え、それを実行することができます。このため、彼らマルチタスクに向いており、一度に多くのことを処理することができます。中には情報の処理に苦労している人もいますが、INFJはそんなことはありません。しかし、彼らの心は異なる方向に向かっているため、マルチタスクをすることで効率が悪くなってしまうことがあります。彼らはしばしば、何かに浸り、迷いがないことを可能にするのに1つの堅実なタスクを好みます。INFJは確かにマルチタスクができくなってしまうと困ってしまうようです。

ENFJ

ENFJは、多くの場合、一度に異なるタスクの一部を選択する傾向があります。彼らは愛する人の世話をできるようにしたいと思っており、妨げられたくないのでよく行動に移します。ENFJは、すべてが正しい順序であることを確認するために、異なる用事を引き受けるでしょう。彼らは確かにマルチタスクに向いており,心の中で多くの異なる考えや計画を処理しながら、そのタスクに集中することができます。

INFP

INFPはマルチタスクを楽しむことはありません。INFPは、様々なことに集中することができますが、あまりにも長い時間、この状態でいることを嫌います。彼らはしばしば精神的にマルチタスクに慣れており、数多くのアイデアが一度に彼らの心の中をさまよっています。INFPは通常、同時に多くの考えを抱えています, それはたまに彼らが目の前にあるものに集中することができないことを表しています.INFP は通常、物理的なタスクによるマルチタスクを嫌います。

ENFP

ENFP は、あまり気が散らない限り、マルチタスクに向いています。彼らは常に非常に活発であるので、彼らは一度に多くのものに対応することが得意です。ENFPは、異なる考えやアイデアで満たされています。一部の人はまだ一つの物事にしか対応できませんが、ENFPはそんなことはなく、一度に複数のことに対応できる可能性が高いです。ENFP は、複数のタスクを一度に処理する能力と、それらのタスクを見事に実行する能力を持つことで周囲の人たちを驚かせることがよくあります。

INTJ

INTJ のマルチタスクの能力は、そのタスクの内容に完全に依存します。INTJは、一度経験したこのあるタスクである場合、一度に複数のものを引き受けることができるでしょう。新しいタスクを引き受けることになると、INTJはそれを理解することに焦点とエネルギーを捧げます。彼らは何か他のものに気を取られることを嫌いますが、どんな時でも新しい情報を吸収することができるでしょう。INTJは実際に何か新しいものを引き受けることで、タスクを中途半端したくはありません。彼らは、複数のタスクを効率的に行なうことが可能です。

ENTJ

ENTJは、多くの異なることを一度に処理することができますが、これらは一度経験したタスクである場合に限ります。彼らはまた、すべてを効率的かつ迅速に行うことができるように、自分の仕事を委任することに熟練しています。ENTJが何か新しいものを引き受けている場合、彼らは以前のタスクを丸投げしようとしません。彼らは、あまりにも多くが一度に自分のキャパシティよりも上にないように物事を成し遂げることを意識しています。ENTJはあまりにも多くのタスクに不満を抱き、圧倒されると周りの人々のせいにすることがよくあります。ENTJは、一度に1つのタスクを引き受け、迅速かつ効果的に物事を成し遂げることができるときは最善を尽くします。

INTP

INTPは、常に異なる考えやアイデアを持っています。彼らは一度に多くの考えを同時並行することができますが、物理的なタスクを同時並行することは困難になります。彼らはよく理解し、すでに実行する方法を知っていると、マルチタスクが可能になります。INTP は1 つのことに集中することを好むかもしれませんが、実はマルチタスクでもうまく対応することができます。彼らは平凡な仕事や退屈な仕事を嫌い、生活の中で十分な興奮を持っていない場合は退屈してしまいます。

ENTP

ENTPは一度にさまざまなもの同時並行することが得意です。彼らは自分の限界を押し広げ、本当に何ができるかを常に見極めています。ENTPは物事が乱雑になることを恐れず、実際にこの方法でより多くのことを学ぶことができると信じています。彼らは常に異なる考えを一度に心の中に浮かばせ、これらの考えを完全に両立させることができます。また、一度に異なるタスクを同時並行することができ、対応することができます。

 

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。