MBTI

ENFP(広報運動家)とINFP(仲介者)の違い

ENFPとINFPの心理機能の違い

MBTIテストによっては、自分がENFPとINFPのどちらかに当てはまるという診断結果が出ることもあるかと思います。実際に、ENFPとINFPは価値観も、判断方法もすごく似ているのですが、やや異なります。シンプルに答えれば、E/Iの違いであり、個人が使う心理機能の優先順位が微妙に異なります。

ENFPの心理機能

ENFPの心理機能は以下の通りです。

  • 第一機能(主機能) – 外向的直観
  • 第二機能(補助機能) – 内向的思考
  • 第三機能 – 外向的思考
  • 第四機能(劣勢機能) – 内向的感覚

INFPの心理機能

INFPの心理機能は以下の通りです。

  • 第一機能(主機能) – 内向的感情
  • 第二機能(補助機能) – 外向的直観
  • 第三機能 – 内向的感覚
  • 第四機能(劣勢機能) – 外向的思考

ENFPとINFPの違い

社会適合力の違い

まずは、社会適合力についての話をします。INFPは共感性があり、他人の気持ちがわかる優しい人の印象を受けますが、ENFPもそれは同様です。ENFPの方が規律や習慣付けが苦手な分、社会不適合者になりやすいと言えるでしょう(INFPも苦手)。両者とも愛されキャラになりやすいです。

新しいことに対する取り組みの違い

ENFPの方が、積極的に新しいことに取り組みますが、INFPは取り組みたいとは思っているもののENFPほどは取り組めません。その結果、ENFPの方が積極的に新しいもの/ことに取り組むことができるタイプと言えます。

考えることに対する違い

ENFPは、ポジティブにどんどん新しいことを始めますが、そのときに他の人に承認されるかなどはあまり考えません。一方で、INFPはENFPよりも精密に物事を考える傾向があります。INFPはENFPよりも心配性であることが多いと言われています。INFPは悩みが多いタイプで、ENFPは悩みがないタイプと言えます。

また、INFPは熟考するタイプで、考える時間が必要ですが、ENFPはテキパキと答えを出すことのできるタイプで、素早く考えます。

嫌なことを経験した時の違い

通常は、INFPの方がENFPよりも物事を引きずる傾向があります。恨みを持った場合にENFPはすぐに忘れることができますが、INFPはなかなか忘れることができません。ENFPのようにリラックスすることで忘れることができないので、ストレスを抱えやすいでしょう。

優先事項に対する違い

ENFPは、他人の感情や他人が必要としていることを優先したいと考えていますが、INFPは誰かの優先事項に乗っかりたいと考えています。INFPの方が少し受け身であるところがあります。

人の好き嫌いに関する違い

INFPは特定の価値観を持つ人を嫌うことが多いですが、ENFPは多くの人を受け入れられるような余裕を持っており、人をあまり嫌うことをしないタイプと言えます。INFPは、ENTJやINTJといった競争第一のように平穏を乱してしまう競争を持ち出すタイプの価値観の中ではストレスを感じることが多いと言えます。

挑戦に対する違い

ENFPは挑戦に対しても冒険的で、リスクを取ることも全く問題がないと考えます。その一方で、INFPは挑戦に対しては用心深く、リスクを取ることはなかなかできないタイプと言えます。

INFPは一度決心すると、簡単に諦めたりせずに、夢に向かって貪欲に突き進むことができます。一方で、ENFPは飽き性なので、未完成作品を作ってしまうことも多く、計画を無視して突っ走ることがよくあります。

恋愛のパートナーに対する価値観の違い

ENFPは、自分の付き合った恋愛のパートナーを理想として、欠陥には目をつぶろうという思考をしています。その一方でINFPは理想がかなり強く、その基準をしっかりと満たしているかどうかしっかりと見ます。その為、INFPは理想の相手を見つけるまでに長い時間をかけることもあるでしょう。

 

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。