MBTI

もしも16タイプが最年長の子供だった場合には…

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

最年長の子供としてのISTJタイプは間違いなく家族のルールを守り、良い手本を示すことに焦点を当てています。
このタイプは勤勉なので、成功するために努力するようになります。
また、最年長の子供である場合は特に、両親に自分のことを印象づけたいと思っています。
失敗を認めたくはないし、積極的に模範を示す必要があることを理解しています。
そのため自分自身に多くのプレッシャーをかけ、年下の兄弟に見られている時にはさらに自分に厳しくなります。

ESTJ

最年長の子供としてのESTJタイプは、年下の兄弟をとても大事にします。
このタイプは時々少し偉そうかもしれませんが、明確なリーダーシップの役割を引き受け、
兄弟に良い例を示す必要があることを知っています。
成功することは非常に重要であり、家族が誇りに思うような方法で自分の才能を披露するでしょう。
このタイプは間違いなく両親を幸せにしたいし、両親を感心させるために一生懸命働きます。
また、兄弟が彼らの指示に従い、効率的で成功する人になる方法を学ぶことを望んでいます。

ISFJ

最年長の子供としてのISFJタイプは、二次的な母親の役割を担うかもしれません。
このタイプは当然、両親を助けたいと思っており、家庭を手伝うためにできる限りのことをします。
自分にとって重要性がなくても、年下兄弟に適切に行動する方法を見せたいと思うでしょうし、
間違いなく家族のルールを守るのに協力しますが、兄弟たちに対しても非常に気遣い、世話をするでしょう。
このタイプは協力的であることを楽しんでおり、兄弟が成功し、良い人間になる手助けをしたいと思うでしょう。
最年長の兄弟として上手くやれることが多いですが、
親に印象づけるために自分自身に多くのプレッシャーをかけることもあります。

ESFJ

最年長の子供としてのESFJタイプは間違いなく、年下の兄弟の成長を助けることに焦点を当てています。
このタイプはよく兄弟が学校や生活の中でうまくいくのを助けることを引き受けますし、
良い手本を示して、成功するように自分自身に多くのプレッシャーをかけます。
家族はこのタイプにとって大きな意味を持つので、周りの人を落胆させたくないと思っています。
周りの人々が自分を見ていることを知っているときは特に、自分自身に非常に高い基準を設定してしまいます。
このタイプは多くの場合、愛する人へ与えることに非常に集中し、
年下の兄弟を支援するために必要なことは何でもします。

ISTP

ISTPタイプは他の人に支配されている感覚を嫌うので、最年長の子供としては苦労するかもしれません。
家族を愛してはいますが、家族のためによい年長者を演じるプレッシャーを感じたくないのです。
このタイプは自分の時間を必要とし、度々孤立し、家族を驚かせたり混乱させたりすることがあります。
年下の兄弟の世話をするためにできることは何でもしますが、
リーダーとしての役割に不満を抱いているのかもしれません。
このタイプは他人の責任を背負いたくないので、ただ単に兄弟が自分自身で生きていくことを好みます。

ESTP

最年長兄弟としてのESTPタイプは、この役割では苦労しているかもしれません。
このタイプは確かに家族に印象づけたいとは思っていますが、失敗すると非常に罪悪感を感じてしまうでしょう。
これにより特にプレッシャーが強すぎる場合、家族から離れてしまうことがあります。
このタイプは自分たちの愛情をとても気にかけており、
実際には時々処理できる以上のストレスを抱えてしています。
しかし最終的には、年下の兄弟に対して保護的な役割を果たす可能性が高く、
兄弟を助けるためにできることを行います。

ISFP

ISFPタイプは自由な精神を持つので、最年長の子供として過度のプレッシャーを感じる可能性があります。
このタイプは単に自分たちの生活を平和に生きたいと思っており、
自分たちがやりたいことを気軽に楽しんでいます。
その一方で、間違いなく家族のことを気にかけており、年下の兄弟の近くにいることを望んでいます。
このタイプはよい手本を示す必要があると感じるよりも、むしろ兄弟との友情を感じたいと思っているので、
この種の圧力を望まず、自分自身と周囲の世界を探検する余裕を求めています。
また、兄弟が彼ら自身で生きていくことを奨励し、成功するようにと圧力をかけたりはしません。

ESFP

ESFPタイプは間違いなく家族の中で最年少であることを好むので、リーダー的な役割では苦労するかもしれません。
このタイプは、楽しいことを好むので、成功するのにあまりにも多くのプレッシャーを感じて嫌だと思ってしまいます。
まだ幼い頃は、年下の兄弟のまぬけさを恥ずかしがることがあり、
特に自分の評判を脅かす場合は、兄弟を公の場で遠ざける可能性があります。
しかし、年をとるにつれてどんどん変化し、兄弟に近づきたいと思うようになるでしょう。
このタイプは単に楽しんでいることを好むだけでなく、
兄弟の世話をしなければならないことで、ストレスや動揺を感じる可能性があります。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。