MBTI

INFPと他タイプの相性や人間関係

INFPの人間関係

INFPの人々は基本的に性格が穏やかで、ポジティブに選択肢やアイデアを検討するタイプといえるでしょう。
INFPは人々に対して、新しい可能性を思い描いており、直面した問題に対しても、創造的で柔軟な解決策を思いつくのが得意です。INFPは一般的に自身の周りの人々に対して、柔軟に話を聞いてくれるようなタイプで、聞き上手でもあります。INFPは思いやりがあり協力的で、INFPは周りの他の人たちの考えや意見を受け入れる傾向にあります。そのため自身の価値観や思いを持っているにも関わらず、相手に伝えられなかったり発揮できないことも考えられるでしょう。

INFPが相方や恋人である場合

人間関係では、INFPは周りの人に対して協力的であり、忠実なタイプでしょう。
INFPは友人や恋人になる人を慎重に選び、強い絆を結べそうな人であることや、自身と一致した価値観である人を探します。
INFPの人自体は自身の価値観が強く、気持ちもしっかりしていますが、スピリチュアルな側面があります。
INFPは、その自身の根本的な価値観に反しない限り、幅広く他人の行動や好みを受け入れる懐の広さはあるタイプです。INFPの人たちはINFPのパートナーの個性を尊重し、自身の価値観も、パートナーや友達の価値観も尊重することができるでしょう。

また、INFPは、人間関係の問題に遭遇した時の想定を行なっていることも多く、対人関係の問題に対して創造的な解決策を持っていることも多いでしょう。彼ら・彼女らは非常に人間関係に敏感なところもありますが、対立や衝突を嫌うために現実逃避している部分もあるでしょう。
人間関係で密接な関係を築くことや他人と協調性を持っていることはINFPにとって重要な要素ですが、自身の考えや感情を処理する時間には時間を必要とするため、自分の時間が必要なタイプと言えるでしょう。

そして、INFPは自分自身を表現することを好んでおり、自分探しやなりたい自分を模索するためにも、束縛を嫌い自由を求めるタイプです。彼ら・彼女らは献身的で愛情のあるパートナーを大切にしながら、パートナーと共に人生の意味を探していくでしょう。

両親としてのINFP

INFPは思いやりがあり、協力的で、順応性があります。親としてのINFPはそういった意味でも、暖かい親になることでしょう。親となったINFPは、厳格なルールや、家庭内での秩序などの厳しさを持つタイプではなく、問題に直面した際に順応的に解決することでしょう。
INFPは自身の子供が何か意思決定を行う時には寛大であり、かなり親身に協力的であるでしょう。一方で子供がINFPの親の価値観に違反する場合には、ルールを作ったり秩序正しさを求めるところがあるでしょう。
そういったことから、INFPの子供たちは、INFPの親の価値観に反すると、秩序正しさを求められたり自由が制限されることがあるかもしれません。

INFPと他のタイプの相性

INFPと相性のいいタイプ

INFPと最も相性の良いタイプは、ENFP,INFP,ESTJ,ISTJの4タイプと言えるでしょう。
これらのタイプは、INFPの持っている価値観や、生活スタイルが似ている可能性が高いでしょう。必ずしも、これらのタイプと同じような価値観を持っているとは限りませんが、近い傾向があるので、比較的であって間も無く仲良くなる可能性が高いでしょう。

INFPと場合による関係のタイプ

INFPとの関係性で、場合によっては仲良くなるタイプは、INTP、ENTP、ESFJ、ISFJの4タイプです。これらの4タイプは価値観が全く共通しているわけではありませんが、いくつか異なる部分が魅力に感じる可能性が高いタイプと言えるでしょう。そのため、そういった違いが、INFPに対する攻撃性を生み出す可能性もあることから、場合による関係になります。INFPは、これらの4タイプの人々のことを理解し、知ることで相手が興味深く魅力的なタイプに見えることもあるでしょう。INFPとこの4タイプとの関係は、共通点を探すこと・お互いの魅力に気づくことがポイントになってくるでしょう

INFPと補完関係

INFPと補完関係にあるタイプは、ESFP、ISFP、ENTJ、INTJの4タイプとなります。
これらのタイプはすぐに仲良くなるタイプとは言えませんが、お互いの違いを理解することで、自身に足りない価値観や視点を持っていることに気づき、お互いを支え合いできるような関係になることがあるでしょう。これらの4タイプからは学ぶことも多いです。仲良くなるまでには時間がかかるかもしれませんが、いい関係を築くことができるでしょう。

INFPと対立的な関係

対立的な関係にあるのは、ISTP、ESTP、ENFJ、INFJの4タイプと言えるでしょう。
これらの4タイプの人々は、INFPの価値観や考え方と対立するタイプでありますが、真逆の価値観から最も学べる機会も多く提供されるでしょう。これらの4タイプは、価値観が異なるので、理解に苦しんだり、間違った人々だとみなしてしまうかもしれません。しかし、柔軟性があり友好関係を築くことがうまいINFPの長所を生かすことで、対立的な価値観を受け入れるきっかけを作ると大きく成長することができるでしょう

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。