MBTI

【16タイプ】ENTPと怒りの向き合い方について

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

怒りは全ての人がごく当たり前に持っている感情です。いつも怒ってばかりの人もいれば、怒りを上手に制御できる人もいます。怒りに関して大きな問題となるのは、怒りを抑え込んで我慢する状態が続くと、精神状態が悪化してしまうということです。こうした怒りの感情を長期間にわたって抑え込んでいると、自分が何を感じているのかすら分からなくなってしまいます。怒りの感情をどのように扱うかは人それぞれです。MBTIそれぞれのタイプがどんな時に怒りを感じてどう対処するのかを知ることは非常に有益となるでしょう。

些細な怒りは抑えるENTP

ENTPはとても情熱的な性格なので、怒りを感じることは頻繁にあるでしょう。しかし、ENTPは、湧き上がる怒りを抑えて、感情を上手に制御したいと考えています。ENTPは、感情を制御して、合理的で論理的なことに集中するのが好きです。また、ENTPは、自分の感情が選択に影響を与えることはあってはならないと考えているので、感情は隠そうとします。他人に気がつかれないように注意しています。しかし、ENTPが本当に怒っているときには、かなり威圧的になるかもしれません。というのは、ENTPは、めったに感情を表に出しませんが、実際にはとても情熱的だからです。

感情の制御が上手なENTP

ENTPはさまざまなことで怒りを覚えることがありますが、そのほとんどは流すことができます。大抵の場合、ENTPを怒らせたり、イライラさせたりするのは、無知な人や愚かな人と付き合うことです。ENTPの神経を逆なでするようなことをすると怒りを抑えきれなくなります。ENTPは、愚かなことをやり続ける人々の存在に深い欲求不満を感じます。長い行列にはまり込んでしまったような些細なことで、ENTPは苛立ちや怒りを感じることは勿論あります。しかし、ENTPは、状況を論理的に判断し、自らを落ち着かせることが得意です。ENTPは、何事にも起きている理由が必ずあることを理解しているので、怒りに負けたくないのです。ですから、ほとんどの場合、ENTPは、物事が起こっている理由を論理的に理解して感情を爆発させることなくその場をやり過ごすことが出来ます。

ENTPが怒りを爆発させるとき

ENTPが本気で怒ってしまうと、周囲も驚くようなかなりの激しさになります。ENTPの怒りの爆発は、誰かが意図的にENTPの愛する人を操作しようとしているときに起こりやすく、これは本当にENTPをキレさせてしまうでしょう。特に、他人を支配しようとしている人や被害者のふりをしている人を見つけた時は、ENTPは絶対に許せません。ENTPは、厳しく非難したいと考えます。特に、事実や情報を無視し続け、話を聞いてもらえないかのように被害者を装う人に特に深い怒りを感じます。このようなタイプの人に対しては、ENTPは間違いなく、かなり激しく、時には恐ろしい方法でそれらに対処します。ENTPは、不安を増大させるような言葉によって、相手を徹底的に追い詰めていきます。

怒りを爆発させたENTPの後悔

ENTPは、ほとんどの場合、感情をうまく制御し、必要なときにだけ感情を外に出します。ENTPは、自分が発した侮辱や非難がどれだけ人を傷つけてしまったのかを気にすることがあります。ENTPは、事実や情報を使って人を追い詰めますが、それは自分が他に打つ手がなく必要だと感じた時だけに仕方なく行っているのです。ENTPは、相手が何を言えば傷付くかが手に取るように分かってしまうので、言葉による攻撃に長けています。しかし、大切な人に対してこのようなことをすると、たとえその場では正当なことをしたと思っていたとしても、罪悪感を感じることがあります。ENTPは、人を傷つけること、特に大切な人を傷つけることを楽しんでいるわけではありません。ただ、ENTPは、人が人を操ったり、利己的になって話に耳を傾けることができなくなると、限界に達してしまいます。ENTPは、限界に達すると相手を正す必要性を感じます。この論理的な言葉の数々は非常に辛辣なものになります。

より良い怒りの対処法

ENTPが抑えきれない怒りを感じた時は、それを少しでもいいので表現するのが最も良い方法です。ENTPは、あまりにも長い間、怒りを我慢したり、感情を外に出せないことが長く続くと、欲求不満になります。ENTPは、たくさんのことに腹を立てているのは確かですが、それを全く表現できないと、押し殺した感情に圧倒されてしまい、気が滅入って健康に良くありません。ですから、ENTPは、何かに腹を立てたり、怒りを感じた時には、必ず友人の前で見せると良いでしょう。そうすれば、今までよりずっと上手に自己管理することができます。少しだけ感情を外に出すことで、感情を解き放ち、怒りの感情から完全に抜け出すことができます。ENTPが、自分の中に閉じこもって、その感情を発散させたり管理したりする方法を見つけられないと、事態はさらに悪化します。これは、ENTPが怒りの感情について長く深く向き合う必要があるという意味ではありません。ENTPは、少しだけ感情を発散するだけで、怒りを忘れて前に進むことができます。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。