MBTI

INTPと他タイプの相性や人間関係

INTPの人間関係

INTPは、洞察力に満ちた頭のキレが特徴的な独創的なタイプになります。INTPは、鋭い思考を持ちながら、独立心を持っているタイプで、コミュニケーション能力に問題を抱えていることが多いです。しかし、複雑な概念を相手にしたり、革命的なアイデアを議論するときにINTPの持ち前のキレの良い思考が活躍します。

INTPは無限に考えを広げることができ、新しい可能性を検討することに長けていますが、その中でも合理性を持ち、論理性が約束されないアイデアには厳しいです。

恋人や友達としてのINTP

INTPは独立心を持っている、頭のいい恋人や友達であることが多いでしょう。INTPは知的な好奇心が旺盛であり、自身の能力に見合っている恋人や友達を求めていることでしょう。

INTPはENTPと同様に、日常生活において不器用であり、世の中の当たり前を無視してしまうところがあるでしょう。伝統的な行事などに関心を持つことは少なく、合理的な生き方を求めているタイプです。他者にとって、それが伝統を乱すことだとしても関係なく、INTPにとって「〜〜すべき」といったべき論は通用しません。

INTPは物事の先にある背景や真実を探求し、分析する傾向がありますので、相手にすると少し厄介に思うこともあるかもしれないでしょう。

INTPは自身の考えやアイデア、そして興味を探求するためにある程度の自由さを必要としています。そのため、ENTPほどではないですが、束縛に弱いでしょう。INTPの創造性や論理的思考を生かすために、恋人や友達は理解してあげる必要があるでしょう。

両親としてのINTP

INTPが両親になる場合には、子供に対して独立心と問題解決能力を培うことを期待するでしょう。INTPは合理性を重要視しているために、めったなことで同調することは少ないでしょう。そのため、子供からすると難しい親に感じるかもしれません。

INTPは常に自身のアイデアやプロダクトに対して思考を張り巡らせているため、子育てはあまり向いていないことでしょう。INTPの子育てにとって、最も楽しみになることは、子供の若い心と刺激的な子供の創造性を共有することでしょう。

INTPと他のタイプの相性

INTPと相性のいいタイプ

INTPと最も相性の良いタイプはINTP、ENTP、ESFJ、ISFJの4タイプになります。

これらの4タイプは、情報の捉え方・判断は異なるかもしれませんが、持っている価値観や思考が結果として近くなるタイプです。一見近づきにくいタイプだとしても、付き合っていくうちに、最も親密な関係になる可能性が高いタイプと言えるでしょう。

INTPであれば、ESFJが対極的なタイプですが、情報の捉え方も情報の判断も全く異なるので、距離を近づけるのに苦労することでしょう。一定の壁を越えることができれば相手から学ぶことが最も多く、結果としてうまく自分の価値観にフィットすることから、自身の価値観を豊かなものにすることができるでしょう。

INTPと場合による関係のタイプ

INTPと場合による関係性になるタイプは、ENFP、INFP、ESTJ、ISTJの4タイプになります。

これらの4タイプは、考えている思想や哲学は近いことが多いでしょうが、情報の捉え方や見え方など、異なる部分を少し持っているタイプと言えるでしょう。

共通点が多い分、近づきやすいタイプではありますが、異なる価値観も少しあります。共通点が多い分、異なる価値観を魅力として受け取ることができれば、親密な関係になるのも早いでしょう。ただ、異なる点から対立も起きる可能性を秘めていることには注意しましょう。

INTPと補完関係

INTPと補完関係にあるタイプは、ESTP、ISTP、ENFJ、INFJの4タイプになります。

これらの4タイプは、根本的に自身の考え方や価値観とは反対の立場にあることが多いでしょう。一方で共通している部分もあり、一定の共通点があるために相手のことを理解する可能性を提示してくれる、自身の視野を広げるきっかけになるタイプでもあります。

思想・哲学の対立から衝突もよく起こるかもしれませんが、これらのタイプを通して学ぶことができれば、価値観がより豊かになるでしょう。

INTPと対立的な関係

INTPと対立的なタイプは、ESFP、ISFP、ENTJ、INTJの4タイプになります。

これらのタイプは、自身の価値観や思考に対して全くの対極的な立場を取っている可能性が高いタイプとなります。対立関係にあるタイプは、基本的には自分が苦手としている価値観で世界を見ているので、特にとっつきにくさを感じることでしょう。

これらの4タイプは、自分とは全く異なる価値観を持っていることから、対立関係になりやすいタイプと考えることもできますが、正反対の価値観を持っている学ぶべき相手と言えるでしょう。