MBTI

ISFPの恋愛は?ISFPの恋人の特徴

ISFPの性格と恋愛の特徴

ISFPは物静かで、周りと協力的で優しい性格であり、その心には情熱が溢れています。ISFPは物事への柔軟性が優れており、多くのことを受け入れられるタイプです。ISFPは親密な関係を築くのもうまく、世渡り上手でしょう。

ISFPはストイックですが大人しいタイプですので、過小評価されがちです。ISFPは、実際には、非常に人の気持ちにも敏感なタイプであり、個人的にも深い感情を抱いています。彼誰かと対立することで傷つくことを避けたいために、ISFPは自身が信頼できると感じている人々にだけこの感情的な側面を示すことでしょう。

ISFPは自身の意見と恋人の意見が対立した時には、恋人の意見を受け入れるところがあるでしょう。ISFPは、恋人にスケジュールや、お金の使い方、など最終的な決断を下させることでしょう。それは意見を持っていないというわけではなく、衝突を避けたいからなのです。ISFPにとって、衝突を避けることは自身の考えを恋人に共有することよりはるかに重要です。その結果、ISFPは意見を欠いているように見えるかもしれません。そのため、ISFPの恋人は、ISFPに対して判断を仰ぐ必要があります。

同じように、ISFPは恋人の求めていることを満たすために自分の要求を後回しにします。ISFPは非常に人々を考えており、他人のために自分を犠牲にできるいい人なのです。

ISFPはサポーターである

ISFPは注目の的のスポットライトが当たる立場よりも舞台裏を好むタイプであることから、ISFPは恋人に対しても協力的な応援者になることでしょう。ISFPは自身の強い主張をすることはあまりないです。ISFPは、恋人や周りの人に対して奉仕的であり励ますことをして、常に恋人の後ろで静かにサポートしています。

ISFPは「今」を大切に生きている

ISFPは根本的に、長期的な計画を立てる必要性や長期的な見方で意思決定を行う必要性を感じていない傾向があります。ISFPは自分の意見を主張することで対立することを避けたいと思っているために、未来志向の人が決めた長期的な計画や決定に従うこともあるでしょうが、それが続くとストレスに感じ、関係が悪化することがあるでしょう。関係悪化を避けるためには、未来志向に対する理解を仰ぐ必要があるでしょう。

ISFPは些細なことに満足できる

ISFPは日常的な些細なことに幸せを感じるタイプです。高価な季節に旅行に出かけたり、ブランド品を身につけ続けることにはあまり興味がないでしょう。しかし、デートにおいて映画に出かけたり、外食をしたりと、そのような活動は大切に思っていますし、したいと思っているタイプです。

 ISFPは資金運用は苦手

ISFPはお金の使い方がシンプルですが、資金運用や将来設計には向いていません。ISFPは長期的視野に立って物事を考えることはあまり得意ではないために、資金運用をすると上手くいかないことでしょう。ISFPがお金の管理をする場合には、お金の管理をすることが得意な人や長期的な視野を持ち合わせた人と一緒にすることが良いでしょう。

ISFPの恋愛の長所

  • 感情の問題に敏感
  • かなり親密な聞き手
  • 実用的で芸術肌
  • 自分のライフスタイルを恋人に合わせられる

ISFPの恋愛の短所

  • 対立を避けてしまう
  • 繊細
  • 将来的視野がかけている
  • 時々人間に対して皮肉になる

ISFPが恋人と関係を築くためには

ISFPが恋人と関係を築く上では、以下のポイントに注意する必要があるでしょう。

自身の意見を伝える

ISFPは意見の衝突を恐る性で、本当に思っている自分の意見についてはほとんど言わない傾向があります。ISFPの持っているニーズはISFPの恋人のニーズと同じくらい重要であることを忘れがちであり、自己献身的です。ですので、ISFPはできる限り、恋人と意見を共有すること理解するべきでしょう。恋人も同様に、ISFPの求めていることが何なのか知りたいと思っているでしょう。

対立を受け入れる

ISFPは自分が他の誰かと何か話すことによって衝突することを避けようとしているでしょう。確かにISFPが恐るように、意見の対立は、かなり醜い結末を招きますが、一般的な対立は関係が密接になるために役立ちます。もし、あなたがISFPである場合に、対立から逃げていると自覚できたときに、一度主張してみるといいでしょう。そうすることにより、相手の言葉もより明確に理解できるでしょう。

一人の時間を求める

ISFPは、自身が何もかもから離れて、一人でいる時間があることを恋人や周りの人に知ってもらう必要があります。一人でいて、心の調和を求めることでしょう。ISFPにはリフレッシュ期間が必要ですが、時間は決まっておらず、すぐの可能性もあれば、数週間の可能性もあるでしょう。

ISFPと恋愛する上でのポイント

哲学的な問いを投げかけない

ISFPは人生において、具体性やシンプルであることを求めています。そのため、哲学的な問いを投げかけられ、大きなテーマに基づいた目的や背景などを議論することはISFPにとって、複雑であり、意味を感じられないことでしょう。ですので、ISFPに対しては複雑すぎる話を投げかけないようにするべきでしょう。

意見を共有する

ISFPと意見や感情を共有できないと悩む、主な理由は、ISFPが判断または批判されることを恐れていることから自身の意見を所長しないことからです。ISFPは超敏感なタイプであり、仮に自身の意見を持っていても、対立する場合には取り下げてしまうところがあります。ISFPは、恋人のことを信頼し、十分に安全に感じるとき、心を開くことでしょう。

一人の時間を与える

ISFPは社会から距離を置き、一人でいる時間やスペースを求めます。しかし、それは人が嫌いだからではなく、孤独になることにより、自分自身を見つめ直したり考えを温めたりと、必要な時間なのです。時々、一人の時間を求めるのがISFPですが、これを嫌いになったとか、放棄であるとか見なさないようにすると良いでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。