MBTI

【MBTIタイプ別】2020年に是非チャレンジしてみて欲しいこと

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ENFPの場合

ENFPは、想像力と情熱を持ちながらも、少々飽きっぽさが目立つタイプです。そんなENFPは今年、目標を一つに絞り、一貫した行動を取るよう心がけてみてください。そうすることにより、協力者が集まるでしょう。

そして自分の健康に注意を払うようにしましょう。何かに没頭するあまり、食事や寝る時間を忘れないようにして下さい!

ENTPの場合

ENTPはアイディアを次々と生成し、そのアイディアを実現に向けるためのロードマップを策定できるタイプです。今年はその能力を活かすため、実現を目指すプロジェクトを一つに絞り、それに集中してみてください!

INFPの場合

INFPは確たる信念を持ち、創造力に溢れるパーソナリティです。今年は是非その信念を、アートという形にして世に出してみましょう!

イラストや文章、音楽など、好きなやり方で思いを形にしてみて、インターネットに投稿してみると良いかもしれません。

INTPの場合

INTPは柔軟な精神の持ち主です。なので今年は、今までは自然と避けてきた未知のジャンルに踏み込んでみると、面白い発見があるかもしれません。手始めに、その分野に関する本を手に取ってみることをお勧めします。

ENFJの場合

ENFJは共感力に長けた、良き友人となるパーソナリティです。しかし、良き友人であるからこその問題が発生しがちです。他人の問題を自分のことのように悩み、気を病んでしまいがちなのです。

これに対処するために、今年は「人と人との間に”境界線を設ける”」ということを学んでいきましょう。相手と自分は違う人間だ、ということを理解できれば、生きやすくなるはずです。

ENTJの場合

意欲的なENTJは、目標を果たすことに集中しますし、何かと主導権を取りたがるでしょう。それにより成功を掴み取るのがENTJですが、成功に固執するあまり本来の”目的”や”目指すべき理想”を見失ってしまうことがあります。

今年は時に立ち止まって、自分の歩みを振り返ってみてください。見失っているものがないかを、よく確認してみましょう。

INFJの場合

INFJには感情を把握し、操作するユニークな能力が備わっています。今年はその能力を、野心の為に活かしてみましょう。ちょっとだけ、ワガママに振舞ってみてください。

INFJは何かと他者を優先してしまいがちです。なので「ノー」と言える勇気を身に着けましょう。そして自分の為に、自分の能力を使ってみましょう。充足感や満足感が得られるはずです。

INTJの場合

戦略性と先見性を持ち合わせたINTJは、良くも悪くも群衆から浮いた存在となることがしばしばあります。その所為か、喧騒に悩まされることがあるでしょう。

今年はそういった喧騒からなるべく離れるようにして、静かな場所で自分と向き合うようにしてください。そうすることにより、前向きなアイディアが湧いてくるようになるでしょう。

ESFPの場合

明朗快活で、新しいことが好きなESFPは、行動を起こすことが好きです。そんなESFPは愛嬌のある人物でしょうが、落ち着きがないという側面もあるでしょう。

というわけでESFPは今年、腰を据えて何かを”学ぶ”機会を設けてみましょう。興味関心のある資格の取得を目指して、毎日地道にコツコツと頑張っていきましょう。中断せず、毎日続けることが大切です。

ESTPの場合

エネルギッシュなESTPは、常に刺激に飢えています。新しい刺激を求めるのがESTPなのですから、今年も新しいものを求めていきましょう!

新しい楽器に手を出してみたり、いつか役に立つかもしれないサバイバル術を勉強したり等、チャレンジしていきましょう。

ISFPの場合

自分独自の信念や価値観を優先するタイプであるISFPは、自分の思い描いた通りの生活をしたいと感じているでしょう。

今年も新たなトレンドが生まれるでしょうし、様々な変化が起こるでしょう。ですがその全てを受け取り、取り入れる必要はありません。今年も自分のペースで、自分に合うものを見極めて、柔軟に生活へ取り入れたりしていきましょう。

ISTPの場合

客観的でドライな性格の持ち主であるISTPの多くは、かなりストレスフルな生活を強いられているでしょう。協調性が強く求められる現代において、孤高を好むISTPは、やや過干渉ともいえる周囲にウンザリしているかもしれません。

そんなISTPに必要なのは、ストレスを解消する時間です。毎晩特定の時間以降にはスマートフォンの電源を切って熟睡してみることの他、一人で朝早くに走ってみたり、気晴らしにツーリングに出てみたりといった刺激を受けることも、ストレス解消には有効です。

ESFJの場合

ESFJは思いやりに溢れ、正義感から行動を起こすタイプです。そんなESFJは世話好きであり、人の世話に集中するあまり自分自身のことを疎かにしがちです。

なので今年は、自分自身を気に掛けるようにしましょう。人の世話をするには、まず自分自身が万全の状態であることが大切です!

ESTJの場合

リソースを管理し、タスクをコントロールすることが得意なESTJは、目標を達成することが大好きです。根本から仕事人間であるESTJは仕事では成功を収める反面、感情面が絡む問題(恋愛や家族間での出来事)では失態を冒しがちでしょう。

そんなESTJは今年、数字や理性に囚われ過ぎないように心がけてください。本当に楽しいこと、本当にうれしいこと、心の底から満足出来ること。それは一体何なのかを、じっくり考えるようにしてみましょう。

ISFJの場合

ISFJは、快適な環境を作り出す達人です。混沌の中にそっと秩序をもたらすことが得意なISFJですが、そんなISFJはある意味において混沌や変化に耐性が無いタイプであるともいえるかもしれません。

いつも通りの日常を重んじ、安定したことを好むISFJではありますが、今年は思い切って生活に変化を加えてみましょう。小さなことでもいいので、日常のルーティーンに新しさを加えてみてください。もしかするとその小さな変化が、ISFJに大きな成長をもたらしてくれるかもしれません。

ISTJの場合

誠実さと一貫性を美徳としているISTJは、とても頼りがいのある人物です。が、その反面”堅物で頑固”ともいえる側面を持っています。誠実さと一貫性にこだわるからこそ、変化を受け入れることが苦手なのです。

そんなISTJは今年、「自分の人生の意味は何か」「自分が本当に求めているものは何か」について今一度考え直してみましょう。もしかすると今の状態は、ベストとは言えないものである可能性があります。人生を最高のものにするために、”自分の流儀”を少し見直してみましょう!

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。