MBTI

INTJのリーダーの特徴とは?上司になったINTJのリーダーシップについて

INTJは先見の明を持っており深い世界観と計画性から、思慮深く戦略的なリーダーです。INTJは注目を浴びることは得意ではないですが、目標指向であり、革新的なアイデアを持っており、実際に行動を起こし目標を実現することを望んでいるタイプです。そのため、少し活気的ではないように見えますが、INTJはリーダーシップを発揮し、組織の中の戦略家、マネージャーとして活躍することも多いでしょう。

INTJのリーダーの特徴

INTJのリーダーシップ

INTJは自身の生活や仕事において、整理して取り組むことを好んでいることでしょう。達成したい目標・仕事がある場合には、その目標や仕事に応じて計画を立てることができ、遂行することを得意としています。INTJは自身の行動に意味を求めており、あらゆる方法において計画を大切にしており、スケジュールとして設定されています。

INTJは自身の人生においてもこだわりを持っておりその実現を果たそうとしていることでしょう。そのためにも、通常INTJはしっかりとした戦略や目標を持っていることが多いです。INTJは自身のビジョンを中心にした生活を計画しており、ビジョンを実現させるために忠実に仕事をこなすことでしょう。

ビジョンを持っているINTJ

INTJは、自身が達成したい目標について明確なビジョンを持っています。INTJは長期的な目標と目的を持つタイプであり、効果的かつ効率的に目標を達成することができるように組織を導くことができます。INTJは戦略的に計画することが得意ですので、周りの人や会社よりも先に業界全体の傾向やパターンを見つけることができるでしょう。

しかし、INTJは周りの人に自身が持っているアイデアやビジョンを明確にし、共有することに問題があることが多いとされています。INTJの洞察力は正確ですが、言葉で表現し共有することが苦手です。このため、INTJはチームワークすることを苦手としていることも少なくないでしょう。

INTJの人間関係について

INTJは人間関係よりも仕事を優先するタイプであり、INTJの主な関心事はどのように自分のやるべきタスクを消化するかということです。INTJの意図している内容はINTJの部下や同僚の中では、尊敬されることも多く、鋭いです。 

大きなビジョンを追求するために設計されたINTJの論理は、よく考えられたものであり、そのビジョンを一緒に追求するために、周りの人を励ますような側面もあることでしょう。

しかし、その一方でINTJのリーダーたちは、無意識のうちに職場で他の人たちとつながる必要性を感じていないことも多いでしょう。INTJは一人で仕事をすることを好む個人主義者の傾向を持っており、人間関係を築く努力をしていないことも多いでしょう。INTJはそのような人間関係の問題を雑にしていないか注意する必要があります。もし上手く対応できない場合には、人間関係のギスギスした職場環境になることも多いでしょう。

INTJは目標達成主義

INTJはプロジェクトを実行し、遂行することに長けています。戦略的かつ革新的なアプローチを取る、INTJは戦略的にリソースを割り当て、行動計画を立てることでタスクに優先順位を付けていることでしょう。INTJは計画をしっかりと完成させることから、信頼も厚いでしょう。 

ただし、INTJは計画を実行する中で他者の意見を取り入れることに難のあるタイプです。INTJが自身の方法論を変えるとき、人に聞かれるまでは自分の中でのみ閉じ込めていることでしょう。INTJはまた、仕事の途中に提案された変更に対して抵抗力があり、方法論に固執しているタイプでしょう。そのため、柔軟性に欠けていることが裏目にでることもあるでしょう。

INTJのリーダーシップを育てる

INTJがリーダーシップを育てるためのヒントは次のとおりです。

自身の情報をいち早く周りの人と共有する

INTJは洞察力のあるタイプですが、知っているのは自分だけということが多いでしょう。INTJがリーダーシップを育むためには、周りの人の意見をしっかりと受け入れ、自身の洞察したことを共有し、新しい意見を磨き上げると良いでしょう。他の人が、INTJの持っている論理的な過程をしっかりと共有することができれば、考えを受け入れられることでしょう。

周りの人を褒める

INTJは挑戦的な環境や、実力主義的な環境を好むため、自分自身が成長するためには批判的な環境も好むことでしょう。しかし、多くの人が同様な環境を好むとは限らず、実際には批判的な環境を苦手とし、褒められたり周りの人に認められることによって仕事のやる気を出すことができるタイプの人も多いです。仕事をしていく上では色々な人と仕事をすることになってきます。その為、周りの人に感謝することや褒めたりすることを意識してすると良いでしょう。例えば、電子メールで些細なことでも感謝を示したり、感謝を示した手紙を渡すということです。INTJのリーダーの組織では、このような感謝の気持ちを渡す仕組みが取り入れられると、ものすごい効果があることでしょう、

対人関係の問題を理解する

INTJは対人関係を理解するように努力し、自身の戦略的洞察を適用すると、リーダーとしてさらに効果的になることができるでしょう。対人関係を意識したINTJは周りのメンバーをやる気にさせ、強いつながりを築くことができるので、お互いの個性を最大限に発揮できるような組織となっていくことでしょう。人によって何に重きを置いているのかは異なりますが、何が人々を動かすのか、何が人々をやる気にさせるのか?と研究することで、より良い組織を作ることができるでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。