MBTI

【MBTIタイプ別】恋愛における懸念事項【Nタイプ編】

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ENFPの場合

ENFPは目新しさと情熱を追い求めています。それは恋愛においても同じで、ENFPは相手の新しい一面を見せてくれることを求めるでしょう。

ENFPが恐れているのは、この「新しいものを追い求める姿勢」が原因で、相手にプレッシャーをかけてしまうことです。このプレッシャーが原因となり、相手が性格を偽るようになってしまうような展開がイヤなのです。

ENTPの場合

ENTPは、探索が好きなパーソナリティです。恋人と二人きりで過ごす落ち着いた時間もいいのですが、ENTPはどうしてもこの時間に「……もっとエキサイティングな、別のことが出来たかもしれない」と思ってしまいます。

このような特性からENTPは、落ち着いた関係を相手が求めている時、不満を抱えてしまいます。あらゆる可能性にいつでもアクセスできることを望むENTPは、それが”安定”と引き換えに鎖されてしまうことを、最も恐れているのです。

INFPの場合

INFPは、恋人が自分に対して誠実であることを強く求めています。嘘をつかないことは最も譲れないことでありますし、隠し事をされることも好ましくないと感じるでしょう。またINFPは相手に支配されることを嫌うため、お互いを尊重しあえる関係を望むでしょう。

このような特徴から、何かと「~すべき」と語尾につけがちな相手にINFPはウンザリしてしまうでしょうし、そう指摘される場面がくることを非常に恐れています。たとえば、恋人から箸捌きにケチを付けられると、INFPの心はあっという間に醒めてしまうでしょう。

INTPの場合

「自律性が保たれている状態」というのは、INTPにとって欠けてはならないといえる重要な要素です。従って、INTPが一番恐れていることは「自分の人生を操作するハンドルを、誰かに握られること」でしょう。

たとえ恋人といえ、家族といえ、INTPの人生を勝手に左右することは許されません。またINTPの趣味や仕事を妨害したり、彼らの思考や思想を否定したりすれば、INTPは一瞬にして恋人に愛想を尽かすでしょう。

ENFJの場合

ENFJが恋愛に求めているのは、嘘偽りのない関係と情熱。なのでENFJが恐れているのは、嘘をつく人物および常に受け身の人物を恋人に選んでしまうという展開でしょう。常に受け身の人物が恋愛にもたらす停滞は、ENFJを無気力にさせますし。嘘つきが恋愛にもたらす悪影響は、言うまでもありません。

ENFJが恋愛に求めているのは、自由なアイディアを共有し合い、そして共に成長できるような、切磋琢磨できる関係です。常に受け身の人物、嘘をつく人物はさることながら、秘密主義者や怠け癖がある人物がパートナーになってしまった時には、ENFJはヤキモキしてしまいます。

ENTJの場合

ENTJはビジョンと野心を持ち合わせた、時代の先駆者的なパーソナリティです。ENTJは常に「自分自身をより良い状態にアップグレードし続けること」を重視し、パートナーにもしばしこの条件を求めます。そんなENTJが恐れているのは、自分と同じペースで歩いてくれるパートナーが現れてくれないことでしょう。

ENTJは世間話に一喜一憂する人や小さな夢を追い求める人に興味はありません。高い目標を持ち、大志を抱く人に興味を持ちます。ですが、そのような人物はそうそう簡単に見つかるものではありません。なので「生涯、理想とする相手に出会えないのではないか?」という不安が、ENTJにはあるのです。

INFJの場合

INFJはある意味、恋愛に希望を求めているといえます。明るい将来を夢見る気持ちを、恋人とは共有したいのです。そんなINFJが恐れているのは、不安ばかりが共有されるような関係でしょう。

感情的に不安定であったり、ネガティブな性格であったり、辛辣で冷徹な人物であったり……そういった相手が恋人である時、INFJは苛立ちや不安といった不愉快な気分にばかり苛まれてしまいます。ともに幸福を追求できるような相手が、INFJにとっては理想なのです。

INTJの場合

INTJは、結婚すればいずれ離婚することを知っています。離婚せずに添い遂げることになったとしても、パートナーへの不満を少なからず抱え続ける一生を過ごすことになることを知っています。――ゆえにINTJは「結婚は合理的でない」というのです。となればその前段階、恋愛にもなかなか踏み出せないでしょう。

「10年後には、この相手の一挙手一投足に舌打ちしているようになっているかもしれない」と思うと、INTJは一歩を踏み出すことができません。つまりINTJが恐れているのは、パートナー選びの失敗なのです。自分の人生をパートナーに台無しにされることを恐れているあまり、恋愛に発展することすら恐れてしまいます。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。