MBTI

【MBTI】INFPとISFPの共通点から見るIFPタイプ

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

たくさんの人たちはFJタイプについての記事の紹介をしていますがIFPタイプについて紹介をしている記事は比較的少ないです。
IFPのタイプは他人から共感を求められやすい性格で思いやりがあると周りからは思われています。

そのためFJタイプと似ているように思われがちです。しかし、FJのタイプとは変わった方法で自分自身を表現する傾向にあります。IFPのタイプの機能スタックのほとんどはFiです。内向的感情を持っています。

Fiの機能スタックを持っている人は常に自分自身の価値観や好みを探しており、自分の考え方に周りが合わしてほしいと考えています。周りからは自己中心的と思われがちですが自分自身はそんな自覚は一切ありません。自分の利益のために行動はしていないからです。
また、感情的になることが多いため、自分自身の考えは常に伏せようとしています。怒りやすいということを理解しているすごいタイプの人です。

Feタイプはだれかのために行動をするのではなく、自分のために行動をします。一方で、FPタイプはだれかのために行動を行なうような人物です。
内向的感情とは自分の利益のために行動するようなわけではありません。IFPタイプは自分のために動くことが多いため、周りの人たちは勘違いして自己中心的な性格だと思ってしまいます。しかし、実際には違います。このタイプは自分の価値観を大切にしますが、自分が愛する人や友人も大切にします。

また、IFPは弱い立場にある人や困っている人のために尽くそうという考えを持っています。電車などで座れない人がいたときにには席を譲ってあげるような優しい人物でしょう。いじめなども放っておくことができません。
IFPのタイプは他人の感情を常に読み取ろうとしています。年を取るにつれてこの精度は上昇する傾向にあります。

結果IFPのタイプは簡単に人の感情を読み取ることができ、相手の気持ちを把握できます。
IFPは相手の感情を理解したあとには自分に置き換えて物事を考えます。
想像力豊かな人が多く、新しいものを作るのが得意です。
上記のことなどからIFPは他人に対して思いやりが強いということが分かります。
幼い頃はまだ、経験が少ないため人の感情を読み取るのに時間がかかります。通常の人たちともあまり変わらない可能性もあります。
しかし、成長に伴い能力は進化していきます。感情を読み取る力は成長と年齢がイコールで結ばれると考えて良いでしょう。

内向的な感情とすぐに許してしまう心

IFPのタイプはすぐに他人のことを許してしまうような性格だと周りからは思われています。まさしくそのとおりで何事もすぐ許してしまうため、良し悪しの判断力がなく、時に判断に困る場面があります。
そのため多くの人たちはIFPのことを利用して、何でも任せようとすることがあります。
また、ストレスがたくさんたまってしまう可能性があります。
騙してこようとする人もいますが中には健全な関係を保てる人もいます。そういう人とは友人や恋人のような関係を築ける可能性が高いでしょう。

IFPの内向的な感情は自分自身の価値を最も大切にしています。
Fiスタックの機能を持っているためある特定の人たちに対しては関心を持っています。
IFPは危険なことには常に敏感です。不正などがとても嫌いで許すことはできません。
IFPのことをよく知らない人は見た目でクールな人、もしくは孤独な人に見える可能性があります。
IFPのタイプは信頼を得るまでは感情を表に出さないのです。もし、このタイプと仲良くなりたいと思っているのであれば、まずは信頼性を持つ必要があります。

内向的な感情と職業

MBTIにおいて、INFPは、芸術や科学、執筆などのさまざまな分野で活躍をしています。
新しいものを作ることが得意で仕事にすると良いでしょう。
また、落ち着いて細心の注意をしなければならない仕事もIFPのタイプには向いています。

内向的な感情は美しい

IFPの内向的な感情には嘘が全くないため、美しいです。正直な気持ちが表に現れています。
しかし、その反面他人には気を遣うことが非常に多いです。
穏やかな性格の持ち主であるIFPは他人を自分の意思により傷つけるということはほとんどないです。
IFPは思いやりの心を持っているのです。
このタイプは想像以上に聞く力が強いです。注意散漫になることなどはほとんどないでしょう。
聞く力が強いため、友人や恋人に相談されたときには的確なアドバイスを与えることができます。
時々、聞こえなくてもいいことが聞こえてしまうのでそこは気にしないようにしましょう。

IFPは他人の感情を察知してストレスがたまる

IFPは、他人の感情を必要以上に理解することができます。そのため、ストレスが溜まりやいです。負担になりすぎないように時にはリフレッシュすることが大切です。
IFPは優しい心を持ちすぎて何でも許してあげるため、他人の努力にも手助けをしたりします。これにより、よく過労状態に陥ってしまうことがあります。
そんなときには一人の時間をつくり、他人との接触をさけることが良いと言えます。
また、芸術的なものに逃げるのも良いでしょう。芸術は自分の気持ちをぶつけることができます。自由に何でも表現をすることができ、他人からは何も文句を言われることなどはありません。特に絵画や音楽などはおすすめです。
その他の方法は自分自身の感情を紙などに書き留めることです。これも自由に表現ができますし、だれにも文句などは言われることはありません。しかも、安心することができます。
自分自身の考え方に真っ向から立ち向かうことができるこの方法は辛くなることもあるかもしれません。
しかし、良いこと、悪いことを客観的に判断ができる良い方法です。試してみるのもいいかもしれません。
ストレスが溜まったときにはそのことばかり考えすぎないことが大切です。頭の中のすべての力を使い果たすまで考えるのは頭がパンクをしてしまう可能性があります。家の中で遊ぶのが好きな人であれば自然を探検してみたり、普段外でよく遊ぶような人は本を読んでみたり、ゲームをしてみたり、音楽鑑賞をしてみたりするとストレスが減っていくでしょう。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。