MBTI

ESTJのリーダーの特徴とは?上司になったESTJのリーダーシップについて

ESTJのリーダーはビジネス上の駆け引きや組織化することの上手いのリーダーでしょう。ESTJのリーダーは非常に仕事を大切にするリーダーであり、ESTJのリーダーは仕事が規定されたプロセスに従って、そして与えられた決められた期間内に行われることを大切に考えています。

ESTJは指示を与えること、チームや事業の方向性を設定することにおいて正確に伝えることのできるタイプであり、チームに対して献身的で、我慢強く、責任感の強いリーダーです。 

ESTJのリーダーの特徴

ESTJのリーダーシップ

ESTJは仕事を大切にするタイプの人です。ESTJのリーダーは自身の生活の中で目標・目的を達成するために自分自身を訓練することが得意です。そして、そこには我慢強さがあることでしょう。

しかし、ESTJのリーダーは大きなアイデアやビジョンに対しては行動を起こせないタイプでもあります。それは、ESTJの目標は目に見えないものや抽象的な物を得意としておらず、認めない傾向にあるからです。ESTJのリーダは、短期的に解決するタスクを実行し、即時に目標を達成することを理想としていることでしょう。

ESTJは、目の前に直面している問題を解決することは得意であり、そのようなシーンで問題は感じることがないでしょう。ESTJは自分が設定した期限までにタスクをしっかりやり遂げることが得意で、信頼性も高いタイプです。もし、ESTJが困難な作業に直面した場合、ESTJはなんとしてでも終わらせるように、睡眠や社交性を犠牲にするかもしれません。 

ESTJの持っているビジョン

ESTJが好むチームの方向性や、持っているビジョンは、一般的には建設的で具体的なステップを持っていることでしょう。この傾向はESTJ自身のみならず、チームにおいても同様に適用されることでしょう。ESTJの持っている将来像のビジョンは明確で具体的なステップで設定され、明確な言葉を使いチームのメンバーに共有されることでしょう。しかし、提示された中で、チームメンバーに伝わらないことも少なくはないでしょう。

その一方で、ESTJは周りの人を励ましたり、やる気を起こさせるのが難しいと感じるかもしれません。ESTJの指示は一般的に、すぐに行動できる点、そして具体的であるために、ESTJのメンバーは仕事の背景にあるより大きな全体像を理解することが難しいと感じるかもしれません。そのような問題点を抱えているESTJですが、大きなビジョンをチームメンバーにも明確に示し共有してもらうことができれば、よりチームが成長することでしょう。

ESTJのチームワーク

ESTJのリーダーは、周りの人の気持ちを考えることよりも仕事を特に優先するタイプです。ESTJは、物事がスケジュール通りに遂行されることを確実にしたいと考えているタイプです。それだけでなく、ESTJのリーダーはチームのことを強く思っており、全てはチームのことを第一に考えていることでしょう。そのため、ESTJは時に頑固であり、支配的になることも少なくないでしょう。

ESTJリーダーはシンプルであり、率直な発言から敏感なチームメイトは傷ついてしまうことがあるでしょう。そして、このESTJの悪気ない率直な発言に傷つくチームメイトという問題点が残り続ける限り、チームの中はギクシャクすることも覚悟する必要があるでしょう。

ESTJの目標達成力

ESTJはチームの組織化やルールづくりの面に関しては非常に適性を持っているタイプです。ESTJは人・物の両方のリソースを明確に使い分け、そして計画された方法で組織化してうまく作り上げ運用することが得意でしょう。ESTJにとってプロジェクト管理はお手の物で、計画を立てるだけではなく、しっかり遂行することでしょう。ESTJがリーダーであれば、目標が期限内に達成されることは高く期待できます。 

しかし、ESTJの欠点として柔軟性にかけているところがあります。そのため、途中プロジェクトに変更が生まれたり、柔軟な対応を求められる場面ではESTJは困惑することも少なくないでしょう。また、ESTJはチームメイトによる仕事が自身のルール通りに行われていないことを徹底して管理しようとするような問題に直面することもあるでしょう。

ESTJのリーダーシップを育てる

ESTJがリーダーシップを育てるためのヒントは次のとおりです。

大きなビジョン・目標について説明する

ESTJがそうだとは限りませんが、チームの中には組織の信念や価値観を共有することで、一生懸命働き、所属している組織のために献身したり、努力する人も実際にいます。チームに何をしなければならないのかだけではなく、なぜその仕事が必要であるのか、そしてどのようにすることで組織が目標を達成することができるのか、大きなビジョンや目標をチームメンバーに共有してください。その環境下では多くの人が最善を尽くすことでしょう。

チームメンバーを褒める

ありがとうのような感謝の気持ちや褒め言葉は、多くの人をやる気にさせることのできる些細な行動です。もし、仕事が上手く行っている場合やプロジェクトが完成した場合には、その成果を共にもたらした人に感謝し、褒めることをするとよいでしょう。チームの中には、周りの人に認められたい・褒められたいことをモチベーションにしている人も少なくないです

早く決断しすぎないこと

ESTJは決断が早すぎるために、仕事の質や適切なパフォーマンスを残すことのできる選択を間違えてしまうことがあるでしょう。ESTJにとって、判断を早まることを出来るだけ回避し、事前に学習するように努めルと良いでしょう。そして、チームの個人個人がどこにモチベーションを持っているのかを理解することが大切です。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。