初めての性格分析はこちらから👇

【16タイプ診断】ISFJの恋愛スタイル

一般的に、誰かを好きになった時には、気軽なボディタッチをしたり、言葉で好意を伝えたりするでしょう。しかし、ISFJの愛情表現はとても控えめであることが多いため注意が必要です。ISFJは、多くの場合、好意を抱いている相手がいても、目立った愛情表現はしないでしょう。

なぜなら、ISFJは、自分がどのように相手から思われているかをとても気にするからです。相手が自分をどう思っているのかを探るために、身振り手振りや、言葉による反応に敏感に注目します。もちろん、ISFJは最初の一歩を自ら踏み出すこともできますが、時間をかけて安定した関係を構築した上で告白することが多いようです。

個人的な関係を築く上で、ISFJは、相手と意見が対立することで紛争が起こったり揉めてしまうこと、傷ついてしまうことを極端に恐れていることでしょう。そのせいか、自分の意見が相手と対立してしまうことを考えてしまうと、自分の意見を出さずに相手の意見に合わしてしまうのです。そんなISFJ を安心させるには、ISFJを愛しているという誠実で一貫性のある行動が必要です。

ISFJの恋愛スタイル

1.ユーモアを駆使して仲良くなります

SJタイプは一般的に真面目な印象がありますが、リラックスしている時にはユーモアのセンスがあります。ISFJは、恋愛関係において優れたユーモアのセンスを上手に使って相手の楽しませます。ISFJは、相手が興味を持っている事柄に関して一緒に笑い合うことで徐々に距離を縮めていきます。

2.相手に感動を与えます
ISFJは自然に相手の欲しいものを与えることが出来ます。

ISFJが恋をしている相手がいたならば、想像を超えるような感動を相手に与えることでしょう。ISFJは恋する相手に気を遣いまるで王族のように扱います。そして、相手への誠実な愛情を精一杯表現します。食べ物や音楽、照明などの雰囲気に最大限こだわり、相手を喜ばそうとします。その様子は時として滑稽に感じられるかもしれませんが、ISFJの恋する相手に対する献身の現れなのです。

3.プレゼントで気持ちを掴みます

ISFJは大切な相手に対する膨大な情報を正確に記憶する優れた機能を備えています。相手がたった一度だけ言ったことでも正確に覚えています。大好きな相手が何かを欲しいと呟けばそれを確実に手に入れてプレゼントします。そんなISFJは魔法使いのようです。それは、些細な贈り物であっても同じです。例えば、大切な相手がマッサージオイルが欲しいと呟いたなら、いつも利用しているインターネットショップから確実に探し出してプレゼントをします。持ち前の想像力と生まれ持った感性を活かして相手を喜ばせます。ISFJは、相手のためにしたことで喜ばれると、やってよかったと心からの喜びを感じます。

4.絶妙な距離感を取るISFJ

豊かな愛情
ISFJは、明確な好意を示すまでは、相手との距離がありますが、相手が自分に好意を抱いていると確信して、自ら心を開いた相手に対しては、豊かな愛情表現をします。ISFJは、内向型の中では最も親密な関係を築きます。愛する人と繋がり互いに支え合いながら、喜びを分かち合います。ISFJは、責任感が強いので、本当に好きな相手であれば比較的長く続きます。うまくいかないことに対してどうすれば解決できるかを考えることができます。相手のことを思いやる気持ちもあるのでうまくいけば愛し愛される理想的な関係性を築くことができるでしょう。