MBTI

ENFPのリーダーの特徴とは?上司になったENFPのリーダーシップについて

ENFPのリーダーは情熱に溢れており、周りの人を巻き込む力があるカリスマ的リーダーになるでしょう。ENFPは仕事に対して精力的に取り組み、そして周りを励ますことができ、そして思いやりのあるENFPは自然と多くの人々を引き付けることから、カリスマとして活躍することも少なくないでしょう。そしてENFPのリーダーが持っている世界観やポジティブなビジョンはENFPリーダーのチームに所属しているメンバーに強い影響を与えることでしょう。ENFPは人脈を大切にしていることから、幅広い連絡先のネットワークを持っていることも多く、ENFPは仕事においても、共に仕事する上で理想的な人を見つけることが得意でしょう。

ENFPのリーダーの特徴

ENFPのリーダーシップ

ENFPはあらゆる物事に偶然性や直感を大切にして生きています。ENFPが何かしらインスピレーションを受ければ、ENFPは行動に移すためにエネルギーを費やすことになるでしょう。ENFPは、何かプロジェクトを始める時やアイデアを行動に移し始める時に、極端にエネルギーを発揮することでしょう。

あらゆることのなかでも、ENFPは新しいビジネスやアイデア、そして人と人のつながりに特に関心を持つことでしょう。

ENFPは、直感に動かされるタイプですので、斬新な発想をすることのできるタイプですが、タスクを開始することに比べて、タスクを完了するのが難しいと感じることが多いタイプです。プロジェクトが日常的なルーティンワークになったり、習慣化させる必要が出てくるとENFPは困難に直面することでしょう。

ENFPは新しいプロジェクトを開始する際には、特に注意をする必要があります。完成させることを重要視しなければ、信頼を損なってしまうこともあるでしょう。

ENFPのビジョン設計

ENFPはチームメンバーに将来のビジョンを共有することが得意であり、自然な形で受け入れられることでしょう。チームメンバーがENFPの持っている価値観や信念を侵害しない限り、ENFPは組織のビジョンに柔軟に作り上げることができるでしょう。ENFPは喜んで話し合いの場を設け、議論し、そしてさまざまな可能性を模索するために、色々な人の意見を柔軟に聞き入れることでしょう。

ただし、ENFPリーダーは、注意散乱な側面がありますので、一度にあまり多くのことをやろうとせず、1つに集中し固執する必要があることを理解しましょう。あまりにも多くのアイデア、プロジェクトを一度に実行しようとすることは、単にチームのメンバーを混乱させる結果をもたらすことでしょう。結局、一度に多くのことを達成しようとすると、何も達成できない可能性が高いです。

ENFPとコミュニケーション

ENFPのリーダーたちは、一人一人の個性を重んじ、そしてその可能性を信じるタイプであります。ENFPが状況を判断することと同じように、ENFPには個人が誰であるかというレベルを超えて、どのような特徴を持っていて、個性があるか、どうなりたいかに焦点を合わせます。ENFPは人間観察力が高いタイプであり、他の人たちがどのような課題を持っているか素早く読み取り、何を求めているか理解することができます。そのため、ENFPはかなり聞き上手な性格と言われるでしょう。

ただし、ENFPリーダーは、ネガティブなフィードバックを避けることがよくあります。ENFPはまた、人を信頼しすぎて他人を受け入れすぎるところや、メンバーを喜ばせるためにリーダーシップを諦めてしまうところがあるでしょう。

ENFPの目標達成

ENFPは、自身のビジョンを実行することになると、機知に富み、創造的なタイプです。ENFPは本能的に自身が直面する課題を解決するために、革新的な解決策を考えることができるでしょう。 また、ENFPはタスクを実行する中で、チームメンバーにも独立性を与えることを好むでしょう。

しかし、ENFPは細部にこだわるシーンや、ルーティンワークのように仕事が変化すると飽きてくる可能性が高く、最終的には創造的な仕事をすることが向いていることでしょう。このようなENFPの仕事のスタイルは信頼を失う原因となることも少なくなく、口だけの行動しない人と評されることもあるでしょう。

ENFPのリーダーシップを育てる

ENFPの人がリーダーシップを育てるためのヒントは次のとおりです。

直感力を紐づける

ENFPのリーダーはあるアイデアから別のアイデアへと頻繁に走りがちで、他の何かがENFPの目を引いたときに他の人に実行を任せる傾向があることでしょう。その結果、チームメンバーに仕事を任せすぎることで、過労にしてしまうことがあります。たとえENFPにとって新しい興味が生まれたとしても、その興味関心と仕事のバランスを考え、1つの考えに固執すること、そして直ぐに別のものに走ることは十分に考える必要があるでしょう。

ビジョンを言語化し、伝える

ENFPの大きなアイディアとビジョンは周りの人の一部を刺激するかもしれませんが、その一方ではENFPの大きすぎるアイデアやビジョンはあまりに曖昧であると考える人もいることでしょう。ENFPは、ビジョンを人々が理解できるように簡単に分解し、それぞれ階層化することで伝達できるように努力しましょう。人々はENFPのリーダーのビジョンとそしてそのタスクが明確であるとき、能力を発揮しやすいことでしょう。

バランスを取る

ENFPのリーダーは、メンバーを大切にし、そして励ましていることが多いでしょう。ENFPのリーダーは、他者の仕事に対して基本的にポジティブな視点をとっており、もしミスをしたとしても学習の機会とポジティブな見解をすることでしょう。ENFPにとって、メンバーの成長と、そのメンバーのパフォーマンスのバランスを適切に取る必要がありそうです。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。