MBTI

【MBTI】16タイプごとの分析

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

ISTJは非常に熱心な人々であり、物事を成し遂げるための実用的な手段に集中します。彼らにとって感情を探求する論理的な理由が存在しないため、感情に焦点を当てていません。 ISTJは間違いなく分析的な考え方を持ち、さまざまなことを完全に理解できます。新しいことを試す前に、常にできるだけ多くの調査を行い、情報を完全に理解しようとします。彼らは何かのために十分に準備されていないような状態を嫌い、プロセスを事前に分析して理解することに努めます。

ESTJ

ESTJは分析よりも実用的で、物事を成し遂げることを好みます。彼らは他の人が避けるかもしれない重要なタスクを実行することに非常に集中しています。 ESTJは調査を行うことができますが、多くの場合、より実践的な学習者です。彼らは自然にパフォーマンスに優れており、周りの誰よりも上手になるように自分をプッシュします。 ESTJは分析が好きではないかもしれません。重要なタスクを実行することから注意をそらすことがよくあるからです。

ISFJ

ISFJは主に他人のニーズへの配慮に焦点を当てており、一般に情報の分析には焦点を当てていません。彼らは完全に情報を研究し、理解することができ、彼らは単に他のことを頭に持っています。 ISFJはしばしば他人の感情に敏感であり、人々の世話をしたいという願望によって彼らの思考が曇る可能性があります。 ISFJは勤勉な人々であり、非常に大きな心を持っていますが、彼らは一人でいることを楽しんでいます。 ISFJは、単独で他の人の意図を分析することがありますが、これらの考えを避けようとすることがよくあります。

ESFJ

ESFJは思いやりのある人々であり、主に他人のニーズに配慮することに集中しています。彼らは確かに情報を分析する能力があり、しばしば自分の行動を考え直します。 ESFJは他人の世話に集中しているため、物事を正しく行うために自分に過度の圧力をかけることがあります。これにより、ESFJは自分の行動を考え直し、他の誰かを失敗させないことを期待してすべての物事を分析する傾向があります。彼らはまた、深刻なストレスを感じる時期を非常に分析的な段階でもって経験します。

ISTP

ISTPは確かに分析的な人々であり、さまざまな情報に飛び込みます。彼らは事実を分析し、自分のアイデアをよりよく形成する方法を見つけるのが大好きです。 ISTPは多くの場合、実際の作業を上手にこなすことができ、それによって情報を取得して物事を実際に機能させることができます。彼らは当然、観察と分析に熟練し、実際に物事に取り掛かるには十分な余裕があることを好みます。 ISTPは、特にそのような活発な内面を持っているので、独立することがあります。

ESTP

ESTPはさまざまな情報を調査して飛び込むのが大好きで、知識を吸収することに長けています。彼らは他人に操られている人ですが、時々彼ら自身の考えに巻き込まれることがあります。 ESTPは、前進することに集中し、現時点での生活が良ければそれで良いと考えます。 ESTPは、一人でいる時間が長すぎると物事を考えすぎて、ネガティブな考えを持ち始める可能性があります。 ESTPが単独で長期間命令されていると、自分の行動を過度に分析し、自分の過ちに不満を感じることがあります。

ISFP

ISFPは、今を生きることのみを考え、一般的に分析的な人だとは見なされていません。彼らはしばしば自分の美学に焦点を当てており、彼らの周りの世界の美しさを見付けることが得意です。過剰分析はしばしばISFPを動揺させ、否定的な考えで圧迫します。彼らは彼らを幸せにするものに集中し、彼らの周囲の積極性を吸収できることをうれしく思っています。

ESFP

ESFPは明らかに分析的な人々ではなく、逆に周囲を積極的にさせます。彼らは主に今現在の瞬間を生きることに集中しており、否定されることで圧迫されるのを嫌います。 ESFPは、自分が気にかけている人といることが好きで、単に他人を笑顔にしたいなのだけです。 ESFPは物事の分析を楽しむことはありません。それは、彼らが悲しむことで動揺したり、不満を宿すことにつながるだけだと考えているからです。彼らはむしろ額面価格で物事を取りたいと思っており、分析に時間を費やしても意味がないと考えています。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。