MBTI

【MBTI】16タイプ別、気をつけるべきダメなコトについて

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJが気をつけるべき点

ISTJは行動に責任を負うことを嫌がります。時には責任感を負うことも大切です。周りからは無神経な人だと思われることもあります。
ISTJのタイプはすべて、個人的な責任、誠実さ、勤勉さが必要なので忘れないようにしてください。

ISFJ が気をつけるべき点

ISFJは自分が愛する人の面倒を見ることを得意としています。
ISFJはは通常寛大で、思いやりがあり、献身的な性格です。しかし、時々誰かからいらいらするような形で話しかけられると起こります。そして助けを必要な人がいても無視をします。気まづく感じることもあるでしょう。

ESTJ が気をつけるべき点

ESTJにとって、心臓は循環器系を介して血液を送り出す筋肉器官であり、意思決定に使う道具ではありません。
ESTJはしっかりと考える前に感情的になって意思決定を行ってしまことがあります。あまり感情的になりすぎると周囲からは嫌われることもあるでしょう。
感情的にならないことが性格を大きく転換点してくれます。

ESFJ が気をつけるべき点

ESFJは寛大で思いやりのある人々として知られています。ESFJは周囲の人々の考え方や感情を深く気にかけています。
そのため、ESFJはあまりにも人を楽しませることができます。しかし、楽しませたいあまりに相手の意図をすごく気にします。本当に楽しいのかなどと疑ったりすると、相手に気を遣わせてしまいます。相手は本当に楽しい状況なので気にする必要はありません。

ISTPが気をつけるべき点

ISTPは声を出して話す前に文章にすることにとても時間がかかります。周りの人はほとんどの場合、ISTPが何を言おうとしているのか分かりません。話す前には
ISTPが考えている以上に分かりやすく説明をすることが大切です。
相手に話を割り込みされることもあるかもしれませんが気にしないようにしましょう。

ISFPが気をつけるべき点

ISFPは自分の内部の感情や価値について知られることを非常に嫌っています。プライベートを極秘にしたいと考えています。しかし、周りの人はプライベートのことを良く聞きたがります。一方的に拒否をするのではなく真剣に受け止め、上手く話をそらすようにしてください。

ESTPが気をつけるべき点

ESTPは、挑戦することなどが好きで、常に自分の運命をコントロールしたいと考えている自由な人です。
自由と聞くと不誠実といった印象を受けるかもしれませんがそうではありません。ESTPはそれどころか非常に忠実です。目標に対して努力をかかせません。
しかし、この努力はときにストレスを与えることがありますので注意が必要です。

ESFPが気をつけるべき点

ESFPは断ることが苦手です。個人的に何かを受け取らないでと言われていた場合であっても可愛そうだといったような理由で受け取ろうしてしまいます。しかし、それは相手から見れば同情や見下しと思われてしまいます。相手のためにした方が良いと思ったことでも意外と相手から良く思われていないことはあるのです。周りから批判されないようにその場その場で対応していきましょう。

INTJ が気をつけるべき点

INTJは話をするとき、さまざまな角度から分析的に話をします。話す前には熟考し、論理を慎重に検討します。しかし、周りからすればINTJは返答が遅いと思われてしまうことがあります。何らかの手がかりを持っていないと話さないタイプなので早めに回答することを注意してください。

INFJ が気をつけるべき点

INFJは洞察と予測がすばらしいく、多くの場合、他のタイプと意見が異なります。その意見を周りに伝えたとき、具体的な言葉で説明するのが難しく周りからは疑問に思われます。説明は分かりやすく行ってください。INFJの洞察は恐ろしく正確なので、周りからは嫌がられます。

ENTJ が気をつけるべき点

ENTJは嫌いなものがあれば、過小評価してしまいます。ENTJは非常に目標志向で、​​野心的で、革新的です。そのため、目標に対して厳しい態度を取ります。また、ENTJは目標が達成することができないと聞くと相手に問い詰めてしまいます。

ENFJ が気をつけるべき点

ENFJは自分の考え方を相手に押し付ける傾向にあります。
ENFJは自分の考えだけではなく、周りの人の考え方も時には大切です。相手を理解し、効果的にコミュニケーションをとることで絆が結ばれることもあります。また、ENFJは利己的である可能性が高いです。ENFJを利己的であるため周りからは非難されることも多くあります。
そのため、ENFJは同じ状況である人の明考えを理解できます。
可能であれば助けてあげるようにしてください。

INTPが気をつけるべき点

INTPは人をランク付けする傾向にあり、
自分より下のランクだと思った人は人々をほとんど尊重しません。敬意を払うのは役職などについている人です。そのため周りからは都合のいい人だと思われてしまいます。どのような人にもある程度平等に接するようにしてください。

INFPが気をつけるべき点

INFPは、より深い意味を見つけるように常に動いています。実際のシナリオ、音楽、映画、などでは背後にあるより深い意味を見つけることを本当に楽しんでいます。しかし、実際に深く入り過ぎて、周りが見えなくなることが多々ありますので注意が必要です。

ENTPが気をつけるべき点

ENTPはさまざまな視点からすべてを見ています。そのためルールがあっても疑問を抱くことが良くあります。しかし、ルールは簡単に変えることができません。
周りからは面倒くさい人間だと思われることがよくあります。時には疑問に思ったことを見逃すことも必要です。

ENFPが気をつけるべき点

ENFPは想像力にすぐれているため、相手の未来をどんどん想像してしまう傾向にあります。そして想像したことを周りに話してしまいます。相手が想像している未来でなければ、嫌がられることもあります。周りに伝えられるのが屈辱的という人もいますので注意をするようにしてください。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。