MBTI

INFPのリーダーの特徴とは?上司になったINFPのリーダーシップについて

INFPのリーダーは、心からの平和主義者であり世界をより良い場所にするために、情熱的で思いやりのあふれたリーダーであることでしょう。INFPのリーダーは、自分自身とその周りの人々の両方において、強い関心を持っています。INFPは、スポットライトが当たるような表舞台は避けたいと感上げていますが、INFPの人が強い信念を持っている場合には、表現者として表舞台に立つこともあるでしょう。

INFPのリーダーの特徴

INFPのリーダーシップ

INFPは、たいていの事柄については、ほとんど気にすることなく、自分たちが強く興味関心を持っていることについてのみ非常に集中し、気にしているタイプです。そのため、人生に対しては比較的、ゆとりを持って過ごしているタイプでしょう。INFPは本当に必要なことのみ行動したいと考えているタイプであり、スケジュールや期限などを守ることはそこまで得意ではないでしょう。

INFPは内気であることも多いですが、強い世界観と強い理想を持っており、身近な人にはその自身の思いを表現します。 INFPが取り組んでいる自分たちの仕事が、自身の壮大なビジョンの一因となっていると信じている場合には、根気強いタイプとなり、非常にやる気を持って、ビジョンの実現を追求することができるでしょう。そのようなINFPのリーダーは、しばしば自分自身と同じように周りにも卓越性や完璧さを求める理想主義の顔を持っていることでしょう。

INFPの持っているビジョン

INFPは自身が持っている理想のためには、自然と熱心なリーダーとして活動することでしょう。INFPのリーダーが将来のためのビジョンや理想を周りの人と共有するとき、自然と周りの人は刺激され、チームを組成することができるでしょう。

INFPは既存のシステムの問題に敏感であり、特に人権や価値観を侵害するような問題にはかなり敏感です。これらの問題を解決するための革新的な解決策を発見し、表明することができることでしょう。

しかし、INFPのリーダーたちは、理想主義者であり完璧主義者である側面から、他者にも強要してしまうことがあるでしょう。すなわと、INFPのリーダーはあまりにも多くの方法について、理想を求めすぎることで、チームのメンバーが燃え尽きる事が多い傾向にあるということです。また、INFPは長期的なビジョンに集中しすぎているために、目の前の問題点を解決できずに、チャンスを逃すこともあるでしょう。

INFPとコミュニケーション

INFPのリーダーは、個性を重んじており、一人一人の才能や個性を大切に思っています。INFPが状況判断することと同じように、INFPはその人が誰かだけではなく、特殊な才能を見抜く力を持っていることでしょう。INFPは、理想を強く掲げているタイプであり、非常に目の肥えた人が多い傾向があり、他の人たちの気持ちや状況を素早く完治し、何が求められているか素早く理解することができます。その結果、INFPは優れた聞き手として活躍することもできるでしょう。

しかし、INFPのリーダーは、ネガティブな意見を発することや、意見が対立することを避ける傾向があるでしょう。INFPは、人を信頼しすぎて他人を受け入れすぎたりし、周りの人に対して良かれと思ってリーダーシップを失うこともあるでしょう。

INFPの目標達成力

INFPは、未来志向ですが具体的な計画を立てることはあまりしないタイプのリーダーです。その代わりに、INFPのリーダーは現在の状況に柔軟に適応し、それに応じて行動することを好むでしょう。プロジェクトでは、INFPは自分自身とチームメンバーに高い完成度を求めることでしょう。

ただし、INFPのリーダーは通常、スケジュールや締め切りなど、締まりのある仕事をする事が得意ではないでしょう。INFPのリーダーはタスクを実行する中で詳細を見逃していたり、締め切りやスケジュールを厳守しないかもしれません。これらの行動から、メンバーの信頼を失うことも少なくはないでしょう。

INFPのリーダーシップを育てる

INFPがリーダーシップを育てるためのヒントは次のとおりです。

バランス感覚を取る

INFPが掲げるビジョンはレベルが高く素敵なものですが、そのビジョンを達成し、維持し続けるためにはお金が必要であり、ビジネスする必要があることでしょう。INFPは自分がしていることに対して、抽象的な価値や感情などの概念に対して重きを置いているために、ビジネスとしてビジョンを成り立たせる機会を見逃すかもしれません。そのビジョンの収益性や長期的なビジネスの持続可能性についても考え、決断する事が大切です。

組織の権限をうまく使う

INFPのリーダーが他の人と仕事をする中で、INFPは自然に説得することで、仕事をすることを好むでしょう。つまり、仕事を行う・達成する過程で、他の人を強制するためにリーダーの権限を使うという考えは独裁的に感じたりすることから、好まないかもしれません。

しかし、INFPのリーダーは自分自身がリーダーとして与えられた権威の使用を検討し、結果を出すために意識して使用する事が大切です。つまり、言い換えれば、必要に応じてタスクを実行するように人々に、リーダーという立場を活かし指示する必要があります。リーダーという立場ですので、メンバーは同意する必要さえないでしょう。

プロジェクト管理を学ぶ

INFPが最も苦手としている分野の1つは、スケジュール管理、期限を管理し特定のプロジェクトやタスクに対して、設定したルールで作業する能力です。INFPが自身のために設定したスケジュールやルールを守るために、意識して訓練すると良いでしょう。どうしても苦手な場合には、他者に手伝ってもらうことも良いでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。