MBTI

【MBTI】ISFPのFi-Niループ: ループの意味と解消法

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

過度なストレスが掛かった時に起こる「ループ」。内向的な性格タイプの場合、このループは「内向的な心理機能にのみ目を向けるようになる」ことを意味します。

このループというものにはしばしば「制御不能で不安定な状態」というような悪印象が付き纏いますが、これは必ずしも悪いことばかりのものではありません。ループによって、目の前にある課題を乗り越えられる可能性が出てくることもあるからです。

とはいえ、このループというものが精神面に過度な負荷をかけるのは事実。ループの最中にある時は、心理機能の処理において普段ではあり得ないような強い偏りが発生するため、ループが長引けば長引くだけ精神面に不調をきたす可能性が出てきます。なのでこのループを解消する手立てが、時として必要となるでしょう。

ISFPは過度なストレスが掛かった時、Fi-Niループを発現させ、内向的な心理機能のみに依存するようになり、外向的な機能を無視するようになります。普段であれば、周囲の様子を気に掛けるISFPですが、ループに入るとこれが失われ、自分の世界に引きこもるようになるでしょう。

そして周囲の様子を気に掛けなくなることはつまり、現実を見落とすことを意味します。実際に起こるかどうかも分からない不安に駆られ、その世界にこもるISFPは、明らかに普段とは異なる挙動を見せるようになります。

普段のISFPは、外向的感覚(Se)に強く依存している

通常、ISFPは優勢機能・内向的感情と補助機能・外向的感覚の二つに強く依存しています。これによりISFPは、自分の信条と現実を摺り合わせた、丁度いい塩梅のマストな行動を起こすことができます。そして、この「丁度いいバランス」を生み出すためには、外向的感覚が必要不可欠となります。

外向的感覚は、過去の経験や未来への憂いに囚われることなく、現在の”瞬間”に同化することを助ける心理機能です。これを補助機能として保有するISFPは、将来への不安から竦み足になることは少ないですし、あくまでも今に注目し、今のために行動を起こそうと考えるでしょう。

自分の価値観に照らし合わせると「こんなの間違っている!」と思えることを糺すべく、まさに”今”行動を起こす。こういったISFPが持つ勇敢さも、外向的感覚に起因するところが大きいでしょう。そして、さりげなく困っている人に手を差し伸べられる機転も、外向的感覚なくしては成り立ちません。

そんなISFPは、どちらかといえば物質世界の住人であるといえるでしょう。形而上学的な抽象的概念についての話よりも、目に見えるものや手で触れられるもの、耳で聞こえるもの……といった、五感で実在を確かめられるものを好む傾向にあります。そして、この傾向によりISFPは「確かめようがない未来を憂いていては、何もできやしない」という風な考えを持っていることが殆どです。つまり、普段のISFPはあまり将来を悲観視しないのです。

また、自分の信じるものをとても大切にするISFPですが、この「自分の信じるもの」とは「他者が信じるもの」と比較できる状態にあってこそ、初めて成り立つ概念でもあります。そのためISFPは、多少なりとも個人主義的な性質を持つとしても、他者という存在が無くてはその存在を確立できないパーソナリティでもあります。

この「他者と自分を比較する」というプロセスは、しばしば芸術的な表現を通して行われます。絵を描いたり、音楽を奏でたり、手芸をしたり……このような芸術的行為も、外向的感覚なくしては始まりません。

ただし外向的感覚を保有するISFPが惹きつけられる芸術とは、目で見たり、耳で聞けたり、触れることができたりするような、何かしらの形があるものが多いとされています。抽象的な概念を楽しむ詩や、幻想的すぎて現実味がないファンタジー小説には、ISFPはあまり惹かれないでしょう。この傾向もまた、外向的感覚によるものです。

「Fi-Niループ」にある時のISFP

ループに陥った時のISFPは、内向的な心理機能にのみ集中するようになります。優勢機能である内向的感情(Fi)、第三機能である内向的直感(Ni)にのみ依存するようになり、通常では考えられないような行動をするようになるでしょう。ISFPは目の前にある現在を見なくなり、今行動を起こした結果としてやがて顕現するであろう”将来”に執着するようになります。

ループにより、普段あまり活用されない第三機能・内向的直感が暴走すると、「将来に何が起こる可能性があるか」を理解しようと躍起になり、過剰に現状を分析するようになります。

この傾向はISFPの感じているストレスが強ければ強いだけ、より内向的感情と密接しあい、ネガティブな分析結果を出すようになります。そうして悲観的になればなるだけ、内向的感情はより荒れていくでしょう。まさに悪循環なのです。

ループ下にある時のISFPは、とにかく「何が最善であり、将来に良い結果をもたらすのか」という議題について頭を悩ませます。そのため必死に考えるようになりますが、必死に考えるあまりに腰が重くなるのです。間違いを犯すことに対し非常に警戒心を抱くようになり、それが行動を起こすために必要な勇気と自身を削いでいきます。これは普段のISFPなら考えられないことです。

ループの期間が長くなれば長くなるほど、ISFPの内なる感情は荒れ、それは周囲に漏れ出すようになります。苛立ちから八つ当たりが増えたり、精神的に過敏な傾向が現れるようになるかもしれません。そうして周囲の人々の目が冷たくなれば、ISFPは一気に自信を無くし、そして他者に対する信用も無くし、心を閉ざすようになるでしょう。

自分が何を誤ったから、このような結果となったのか。ISFPは、それを一人で考え続けるようになります。そして再び「どう行動を改めれば、このような事態は避けられるのだろうか」という考えを巡らせるようになります。あらゆる可能性を理解しようと、ISFPは考え続けるでしょう。ただただリスクを考え続けるだけとなり、何も行動は起こせなくなるのです。

ループから逃れる方法

ISFPがFi-Niループから脱出するためにすべきことは、補助機能である「外向的感覚」に集中することです。

今に着目し、今ある瞬間に同化できるようになれば、ISFPは一人で抱え続けていたストレスから目を逸らせるようになりますし、他者と関わりたいという欲求が復活するようになるでしょう。

例えば、植物園に出かけて色鮮やかな草花の鑑賞を楽しむことができれば、次は「身近にある花を探して、写真を撮ってみよう」という思いが芽生えるようになるかもしれませんし、実際にそれを行動に移せるようになるかもしれません。そして一人で写真撮影を楽しんでいると、次第に「この写真を誰かと共有したい」または「撮影会を開いて、友達とこの楽しさを共有したい」という感情が湧いてくるようになるでしょう。

最初の一歩さえ踏み出せれば、ISFPはスムーズに次の段階へと移行できるようになります。一人で景色を楽しんだり、料理作りを楽しんでいるうちに、やがて他者の存在が視界に入ってくるようになるはずです。

このように、「勇気を持って最初の一歩を踏み出してみる」ことができれば、後はスムーズに運び、ループを脱却できるようになるでしょう。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。