MBTI

【MBTI】16タイプ別の恋の仲介者

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

他人の恋人探しを手伝うのを楽しむ人がいる一方で、
知らず知らずのうちに恋のキューピットを果たしている人もいます。
ここでは、性格タイプに基づいて、あなたの仲介人度がどれくらいかみてみましょう。

ISTJ

ISTJタイプは仲介人向きのタイプではなく、干渉しないことを好みます。
このタイプは、人々が独立心を持って、自分自身で選択をする機会があることを信じています。
また感情に敏感ではないので、ふたりを親密にしようとするのはこのタイプにとって自然なことではありません。
人々が自分自身で恋愛に関する決定を下せるようにした方が良いからです。
そのためこのタイプの人は仲介人向きではありません。

ESTJ

ESTJタイプは仲介人にあまり向いていません。
恋愛に関しては人々が自分で選択できるようにしたいのです。
このタイプは、自分の人生や選択について助言することで人々を助けられると信じていますが、
多くの場合、恋愛に関するものではありません。
このタイプは人々を結び付けようとはしませんし、またそれを息苦しく感じます。
このタイプは人々の恋愛に関する決定に巻き込まれたくないので、確実に仲人向きではありません。

ISFJ

ISFJタイプは優れた仲介人を演じ、多少のお節介は気にしないことがあります。
親しそうに見えるふたりがいれば、しっかり介入して、彼らをより近づけようとします。
このタイプは他の人の感情を理解するのが上手なので、ふたりをつなぐ方法を見つけ仲介することができます。
このタイプの仲介術とは、お互いの気持ちを理解できるように手助けし、ふたりを幸せにすることです。

ESFJ

ESFJタイプは、特に他の人を幸せを求めているので、仲介人と見なされることがあります。
愛する人たちが一緒に幸せになることができるとわかったら、協力するように働きかけます。
このタイプは他人の感情を理解するのが得意であり、ふたりが自分の感情を表現するのに苦労している時も調停役をうまくこなします。
このタイプは、ふたりを幸せにするために仲介人になることができます。

ISTP

ISTPタイプは干渉することを嫌うので、間違いなく仲介人向きではありません。
特に恋愛に関しては、人々が自分で選択できるようにしたいのです。
このタイプは、誰かと誰かを一緒にしようとすると、本当にイライラするので、仲人の仕事をしたいとは思わないでしょう。
このタイプにとっては独立が重要なので、他人の恋愛に干渉する必要性を感じることはほとんどないのです。

ESTP

特に意味がある場合において、ESTPタイプは仲介人をする必要性を感じることがあります。
このタイプは自分の愛する人に幸せになってもらいたいし、
時には愛する人にとって何が最善かを知っているように感じます。
このタイプは、ふたりの人間が明らかにいい雰囲気であることを確認できると、少し干渉しようとしますし、
その人たちがすでに他の誰かと関係を持っている場合は、怒り出すかもしれません。
このタイプは、何が最善であるかを知っており、愛する人が幸せであることを望んでいるようです。

ISFP

ISFPタイプは、特に誰かが考えに反対している場合には、仲介人を楽しめません。
このタイプは人々が恋に落ちるのを見て楽しむので、邪魔するものがなければ、友人同士を会わせるのを手伝います。
このタイプにとって恋愛はかなり楽しいもので、ふたりを結びつけることは素晴らしいことなのです。
正しいことをしていると思える場合や、自分の愛する人が怒らない限り、時々世話を焼くことができます。

ESFP

ESFPタイプは、最も愛する人々のためであれば、時々仲介人を演じることができます。
身近な誰かが恋愛の最高の選択をしていないのを見ると、世話を焼く必要性を感じるかもしれません。
このタイプは、よくユニークな観点から物事を見て、お互いにふさわしいと思える人同士をつなぐために最善を尽くします。
また、人々に自分の選択を行うための余地を与えることを好むと同時に
少し首を突っ込んで口出しするのが最良の選択のように思える部分も見つけます。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。