MBTI

【MBTI】16タイプの思考型(T型)が秘めている欲求について

16種類の性格タイプは、それぞれ素晴らしい能力と才能に恵まれています。ですから、得意とする分野もそれぞれに異なります。

例えば、NJは未来の流行を把握することができます。また、SJは何が信頼できて健全なのかを強く認識しています。NPは抽象的な関係性に素早く気付くことが出来ます。SPタイプは観察力があり迅速に対応します。そして、普段は他人には隠しているような人生において心の底から手に入れたいと望む秘密の願望もそれぞれに異なります。

性格タイプの文字が何を意味しているのかわからない場合は、それを分解してみましょう。

最初の性格コード

「E」で始まる場合は、外向的であることを意味します。周囲の世界との相互作用からエネルギーを得えて活動します。
「I」で始まるなら、内向的であることを意味します。内省と省察という内面の世界からエネルギーを得て活動します。

2番目の性格コード

「N」である場合は、直観的であることを意味します。可能性と想像力を駆使して、現在存在するものよりも、抽象的かつ理論的思考によって未来に焦点を合わせます。
「S」である場合、感覚的であることを意味します。自然の世界に触れ、五感で物事を感じます。現実的で実用的なことを優先し、今目の前で起こっている自分の体や周囲の細部に意識を向けます。

3番目の性格コード

「T」がある場合、思考型であることを意味します。意思決定を行う際には、客観的な論理を重視します。長所と短所を考慮し、正確性をチェックします。
「F」がある場合、それはあなたが感情型であることを意味します。決断を下すときには、人間関係の調和と倫理を考慮します。自分の価値観や周囲の人にどのような影響を与えるかを優先して考えます。

4番目のコード

「J」がある場合、判断的態度を持つことを味します。物事に対して、決断を下すことをが好きです。自分の世界を整理して明確な計画を立てる傾向があります。次のことを始める前に、1つのことを完全に終わらせようとします。
「P」がある場合、それは知覚的態度を持つこと意味します。自分の優れた適応力を誇りに思っており、物事の多様性に惹かれるので、あらゆる選択肢を検討します。仕事と遊びを混同しがちです。

ENTPの欲求とは?

独創的で好奇心旺盛なENTPは、まるで探検家のようです。問題を分析し、さまざまな角度からあらゆる可能性を検討するのが好きです。そんなENTPですから、目標を達成し、変化を促すために人を動かし、意図した状況を形作るのは簡単です。しかし、目新しさと変化が常にENTPを前進させているとしても、心の何処かでは、落ち着ける場所を待ち望んでいるようです。そう、勿論、ENTPは、安定よりもリスクを取ります。

しかも、単調さが嫌いです。ところが、心の奥底では、安定した単純な喜びに満ちた未来の人生を切望しています。毎日同じ時間に朝の散歩をして、好きなコーヒーを飲むために同じ場所に立ち寄る人を想像してみてください。変化と同時に安定を求めるという矛盾した欲求は、時にENTPを混乱させることがあるかもしれません。いつの日か、自分の抱える問題の全てが探求されたとき、心穏やかに安定した日々を送ることを秘かに願っています。

INTPの欲求とは?

INTPは、世界の仕組みを理論化して分析を加えた上で説明することの達人です。物事の根本的な原理を理解し、本質を定義することができます。ですから、予期せぬトラブルにより複雑な問題が発生したときや、斬新で独創的な視点から物事を解決したい願う人はINTPのもとを訪れるでしょう。そんなINTPですが、他人の感情に関しては興味がなく冷たい人と思われてしまう傾向があります。しかし、実際には、心温まるような感情的なつながりを望んでいます。ただ、感情を理解することが苦手なので、状況に応じた言葉を上手に選ぶことが出来ません。時には、INTPが、本気で他人を気にかけていることを知らない相手から「ロボット」と呼ばれることに苛立ちを感じることもあるでしょう。また、周囲の人間関係を外部の観察者のように捉える傾向があり、自分もその一部になりたいと切望する瞬間があります。年齢を重ねて成熟するにつれ感情的な相互作用を理解できるようになるでしょう。

 

ENTJの欲求とは?

ENTJは、自ら描いた成功への地図に従って、行動計画を練り、戦略的に行動します。さらに、効率性と論理性を重視した上で目標を達成します。ENTJの人生観には、筋の通った戦略的なものがありますが、大多数の人には見えない、よりソフトな面も持ち合わせています。ENTJは、地位や目標の達成よりも意味のあることを成し遂げたいと思っています。経済的な成功や名声よりも、偉大な価値を世界に貢献したいのです。慈善活動であれ、環境保護活動であれ、社会から取り残された人々への救済であれ、多くの場合、自分が信じている理念に向かって不断に取り組むことになります。しかし、ENTJ自身のこの側面は、内に秘められたものなので、実際に分かる人はほとんどいません。

 

INTJの欲求とは?

INTJは、この先何が起こるのか、先天的に理解しているようです。優れた見識と戦略的な論理を使って、進歩と革新の道を切り開くでしょう。直感的で支配的な性格タイプであるINTJは、多くの時間を将来の可能性のイメージに没頭する傾向があります。複雑な概念を描き、哲学や隠された意味を探求することを楽しみます。しかし、時には、抽象的なものに執着しすぎて、人生における具体的な喜びを見逃しているように感じることがあります。心の奥底では、冒険をしたり、身体の限界を追求することを夢見ます。未来への思考から抜け出して、今この瞬間に焦点を合わせるのは難しいこともありますが、年齢を重ねて成熟すればするほど簡単になります。

 

ESTPの欲求とは?

ESTPは、何に対しても準備しておくことを好みます。危機に直面しても、驚いたことに、自分は順応性があり、心の準備ができていると考えます。人々はESTPの問題解決能力と冷静さを頼りにしています。しかし、エネルギッシュで機転が利く一方で、自分の心の状態を静かに見つめ直す内省に惹かれる部分があります。小さな時間を割いて将来の変化について考えることは、非常に活力を得ることが出来ます。そのような瞬間には、今まで見たこともないような意味の積み重ねに気づき始めます。ESTPは、自分の周囲の現実的な世界に集中しがちですが、物事の根底にある意味や重要性についての洞察を求めることもあります。年をとるにつれて、抽象的な思考や将来の可能性についての夢のために準備が出来るようになるでしょう。

 

ISTPの欲求とは?

ISTPは、状況を分析し、効率を考慮に入れた独自の見解を示す能力に優れています。穏やかで落ち着いた態度と客観的な人生観で尊敬されています。しかし、ISTPの率直で控えめな外見の下には、暖かさと人とのつながりを切望しています。他人の気持ちを察する能力がもっとあったらいいのにと思うこともあります。そんなISTPは、感情豊かな環境で苦労することがよくあります。時として、他人の感情の機微は、曖昧で無意味に見えることがあります。他人からは、感情に対して無関心と思われてしまいますが、実際には、他人の感情をとても気にかけていますし、個人的なつながりを切望しています。ただ、どうやってそれを表現すればいいのかわからないのです。大人になるにつれて、感情のプロセスも成熟するので、感情的なつながりが容易になり、他者の価値観、意見、ニーズを理解しやすくなるでしょう。

 

ESTJの欲求とは?

ESTJは、混乱した状態から秩序を築く場合に多くの人々から頼りにされるでしょう。最も効率的で、安定性と一貫性を両立させる方法を見つけ出すことが出来るからです。しかし、ESTJの率直で冷静な態度の下には、熱い情熱が秘められています。ESTJは、非常に個人的な価値観に突き動かされています。特定の価値観に魅了され、ひとたび困難に立ち向かうと決めたら、何が何でもやり遂げます。それがホームレスのシェルターでの手伝いであれ、反対する政治的見解に抗議することであれ、地元の動物保護施設から犬を育てることであれ、自分の人生にとってプラスの影響を与えることを望んでいます。ESTJは、道徳的な調和、信頼性、そして個人的な意味と充実感を求めます。

ISTJの欲求とは?

ISTJは、計画的で、勤勉で、現実的です。責任感が高く周囲から評価される人です。そんなISTJは、仕事を終えた後、趣味や個人的な興味を追求する自由がある生活を送りたいと考えています。実用的で論理的な態度の下で、自発性と冒険に溢れたアイデアをひそかに楽しみたいと願っています。時には、自分の衝動を信じて、新しい場所を探索し、ためらうことなく試してみたいと思うこともあります。そして、非現実的な可能性やつながりについて模索したりします。しかし、しばらくすると、やるべき仕事を思い出します。今まで考えていた非現実なアイディアは、非生産的に思えてしまうので、それらのアイデアをすべて棚上げにしてしまいます。年をとって大人になると、自分の衝動をより信頼し、新しいことに心を開いて挑戦出来るようになるでしょう。

ABOUT ME
青木 常久
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行なったり、カウンセリング業務を行なっています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。