MBTI

【MBTI】性格タイプ別、働き方診断 ~適した職場環境と同僚とどう関わるか~

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

職場はほとんどの人の生活の重要な側面です。
一部の人々が繁栄する特定のキャリアにおいては、他の人々は自分自身が落ち込んでいくのに気付くかもしれません。
あなたの性格タイプに応じて、職場でどのように行動するかをみていきましょう。

INFJ

多くの場合、INFJタイプは職場において非常に独特です。
このタイプは自分を表現できる必要性を感じており、自分の仕事に意味があることを確認したいとも思っています。
それゆえ自分の能力を大切にし、能力を過小評価されない職場で最も幸せになります。
自分自身を抑え込み、何もしていないように感じさせる職場にいるならば、
非常に不満を感じ、職場の人に食ってかかるかもしれません。
このタイプはおそらく仕事を成し遂げるのに非常に効率的ですが、他の人の成長を助けたり、何らかの形で自分自身を成長させていける場所で最もうまく活躍します。
適切な仕組みを持ちながら、独立して目標を達成できる環境は、このタイプにとって最適です。

INFJタイプは非常に簡単に他の人と仲良くなり、職場ではおそらく同僚から非常に好かれるので、職場の常駐カウンセラーになるかもしれません。
多くの人が問題を抱えてこのタイプのもとへやって来て、悩みを聞いてくれるのを求めています。
他の人を助ける機会を享受しますが、
自分の領域があまりにも侵されている場合はイライラしてしまいます。

ENFJ

ENFJタイプは複数の作業を実行するのに非常に熟練しており、多くの場合上司に印象を与えます。
このタイプは、社会的にもキャリア的にも、職場のはしごを登ることに熱心です。
非常に速い学習者でもあり、自分の仕事で最高になることを試みます。
また自分自身に多くの期待をかけているので、処理することができるよりもより多くの仕事量を引き受けることになるかもしれません。このタイプは対立を嫌い、必要とされていることをするために尽力するので、他者を助けることができる環境で最善を尽くします。
また、意味のあるキャリアで働きたいと考えており、労働環境に構造をもたらすことに非常に優れているので、明確な方針が設定されていないことを嫌います。

ENFJタイプは同僚として非常に社交的であり、人気を博すよう努力しています。
また非常に優れたチームリーダーになり、多くの場合グループをまとめるのに秀でています。
しかしこのタイプは周りから好かれたいという願望のせいで、
同僚のストレス、そしておそらく仕事そのものでさえも引き受けてしまうかもしれません。

INFP

INFPタイプは、職場で価値のある有意義なことをしたいと強く望んでいます。
何らかの道徳的な目的を満たさない仕事をしていると、おそらく行き詰まり、不幸に感じるでしょう。
このタイプは自分がしている仕事へのある種の感情的なつながりを必要とするので、
それがなければ反発し、受動的攻撃的に感じてしまうかもしれません。
またこのタイプは、官僚社会のようなルールに従って演じることを要求するかもしれない職場を嫌うので、自分の作業プロセスに特定の自由を許可し、厳しい規則や方針を否定する仕事に満足します。
このタイプが感情的なニーズを満たす仕事に取り組んでいる場合、
非常に一生懸命働き、自分の仕事にとても専念しますし、
正しく与えられれば、驚くほど批判を受け入れ、成長と改善の機会と見なします。

同僚としてのINFPタイプは、誰と協力しているかに完全に左右されます。
このタイプは他の人とのつながりを作ろうとし、他の人と自分の仕事の経験を共有できることを楽しみます。
しかし、他の人が操作的または否定的であるならば、嫌悪感を抱き、関係を避けたいと思うでしょう。
社会のはしごを登る必要性は感じていませんが、本当のつながりを作りたいと思っているのです。

ENFP

ENFPタイプは、自分の創造性を表現し、新しい可能性を探る機会を与える職場を望んでいます。
このタイプは窮屈で厳格な仕事の場を享受せず、
おそらくそのような立場では閉塞感や不満を感じるでしょう。
一方で非常に順応性があり、上司を感動させる努力を楽しむでしょう。
またこのタイプは、注意散漫になり目の前の仕事に集中できなくなるのを防ぐために、いくつかの方針を必要としますが、仕事が与えられ、それを達成するのに十分に余裕のある環境を与えられるとより一生懸命働きます。
常に新しい道を学び、探求することができる限り、このタイプは素晴らしい労働者になるでしょう。

同僚としてのENFPタイプは非常に人気があり、熱心です。
このタイプは自分の仕事を他の人と共有できることを楽しんでおり、実際に自身にとっても必要なことです。
他の人と一緒に仕事をしたいと熱望しているので、志を同じくする人々と解決策を見つけます。
さらに、同僚を友人やより深いレベルでつながることができる人と見なしているので、
他人の意見を聞き、意見を共有する能力は、このタイプを成功につなげるでしょう。

INTJ

INTJタイプは、独立して仕事に集中できる職場を楽しんでいます。
このタイプは知的で刺激的な仕事を望んでおり、簡単に退屈することはありませんが、
明確な方針のないどっちつかずの仕事を嫌います。
このタイプは単に最高レベルの輝きをもって自分の仕事を達成したいだけです。
他の人が自分の仕事を妨害している場合には、欲求不満になりますし、職場内での無意味なことやゲームが好きではありません。
また、明確な要件を望んでいる一方で、他の誰かの影響なしに、自分の仕事を達成できる余地も必要とします。
このタイプは自分自身が卓越できることを知っており、他の人から過小評価されるのは嫌いですし、上司が自分の高い基準に達していない職場においては、すぐに苛立ちます。
ただしこのタイプは自分の仕事を大切にし、それを非常に真剣に受け止めているので、
とくに論理的な言葉で向けられた批判についても、とても上手に処理することができます。

同僚としてのINTJタイプは、自分自身の才覚に任せるのが最善です。
このタイプはチームで作業することもできますが、自分自身で最善を尽くします。
仕事よりも社会的な楽しみを大切にする人々に悩まされ、おそらくそういった人々を解雇するかもしれません。
しかしもしこのタイプが信頼し大切に感じている同僚を見つけた場合は、その人ととてもうまく働くでしょう。

ENTJ

ENTJタイプは、スキルを向上、成長させる余地がある職場を高く評価しています。
絶えず挑戦したいと思っているので、ゆっくりとしたペースではすぐに欲求不満になるでしょう。このタイプは仕事を成し遂げるための生来の能力を持っており、非常に卓越して仕事を行います。また非常に順応性があり、与えられたあらゆる状況を操縦することができます。このタイプは特に社会福祉の仕事で出世するのが得意で、職場で感じよくするのが上手です。
また非常に組織的で、新しいスキルを学ぶこともできますが、一か所に拘束されるのを嫌います。自分のキャリアに成長の余地がないと分かると、おそらく昇進の機会がある人のためにその仕事を離れる必要性を感じるでしょう。

同僚としてのENTJタイプは非常に有能で好評です。
社交的で、仕事に他の人を巻き込むことを楽しんでいますし、他の人を導く生来のスキルを持つ優秀なチームリーダーになります。
当然のことながら、職場でのリーダーとして自分自身を主張するので、圧倒的と見なされる場合もありますが、意志が強いとはいえ、同僚から評価されることもよくあります。

INTP

INTPタイプは、知的自由度が高い場所で最高に仕事をします。
このタイプは管理されたり、常に監視されたりすることを嫌い、
上司から信頼されているときに最善を尽くします。
また精神的に刺激的な職場を望んでおり、そこでは成長し、新しいものを探求する余地があります。
ですので特定の単純な作業に縛られていると、作業が困難になり、全体像を見失う可能性があります。
このタイプは生来の問題解決者であり、条件が正しければ、優秀な労働者になりえますし、
新しい状況に適応する能力が非常に高く、すばらしい結果をもたらします。

同僚としてのINTPタイプは実際に驚くほどうまく行動します。
このタイプは、理想の人物像に適合した人物とうまく連携できます。
世間話を嫌い、大人数のグループに投げ込まれた場合は、おそらくイライラするでしょう。
しかしこのタイプは他人を理解するのが非常に得意で、信頼できる人を本能的に理解しています。
また他の人に自分のスキルを示す機会を楽しんでいます。
そして、少人数のコミュニティであればあるほど、同僚とうまくやれます。

ENTP

ENTPタイプには、アイデアを求められ、評価される職場が必要です。
このタイプは同僚と新しいアイデアについて討論でき、
チーム内でうまく仕事ができることを楽しんでいるので、
チーム内でアイデアを行き来できる環境は、このタイプにとって理想的です。
このタイプは厳しい方針を嫌い、ルールに従うのは得意ではありませんが、
権威に苦労するがゆえに、権威を超える働きに挑戦することを楽しむことができるかもしれません。
またこのタイプは厳格な方針を嫌う傾向があるため、好きなようにやれば、非常にうまく働くことができますし、
新しい可能性を探り、自分のペースを設定できる環境で最もよく仕事ができます。
さらに論理的に表現されている場合、批判の処理に対しても非常に上手に対処します。

同僚としてもENTPタイプは優れており、他の人と非常にうまく連携しています。
チームメイトとして優れており、多くの場合、一緒に働く人々から好かれていますし、
外交的で社交的であり、他の人と一緒に新しいアイデアを探求する機会を楽しんでいます。
このタイプの機知とユーモアのセンスは、討論中に議論が激しすぎる場合に、
気分を明るくすることができます。

ISTJ

ISTJタイプは、性格タイプの中で最も勤勉な労働者のタイプのひとつと見なされることがよくあります。
このタイプは強い義務感を持ち、卓越して自分の仕事をやりたいと思っており、
上司に感銘を与え、何でも達成できることを証明したいと考えています。
また、適切な構造と指針を持つ職場を楽しんでおり、物事が明確でないのは嫌いです。
さらにこのタイプは、他の人が不満を感じるような仕事をする能力が非常に高く、
より細部に気を配らなければならない仕事を実行できますし、
非常に適応力があり、渡されたあらゆる仕事について完成させる方法を理解するのが得意です。

ISTJタイプは内向的であり、自分自身を保つことを楽しみますが、素晴らしい同僚になりえます。
このタイプはひとりで働くことができるときに最善を尽くしますが、
同僚との適切なレベルの世間話をすることもできます。
また非常に頼りになり、仕事を成し遂げることが常に期待できるので、
一緒に仕事をするよい同僚になることができます。

ESTJ

ESTJタイプはルールに従うのが非常に得意で、職場でとても信頼されます。
このタイプはしばしば積極的であると見なされ、出世する機会を楽しんでおり、
非常に高い水準の卓越性で自分の仕事を達成したいという強い願望を持っています。
仕事を成し遂げる能力は、このタイプが非常に重視するものなのです。
このタイプは能力がないと見なされたくないので、どんな仕事にも適応するよう努めます。
また非常に率直で、理にかなった範囲内で意見を表明することがよくあります。

同僚としてのESTJタイプは社交的であり、他者とのつながりを楽しんでいます。
好きになりたいと積極的に働き、同僚の士気を高めますし、
同僚同士の秩序を作ることに非常に優れており、偉大な指導者にもなり得ます。
またこのタイプは押しが強いですが、実際には他の人と非常にうまく連携し、
人々を結びつけるためのコツを心得ており、
さらに人々を理解するのが得意で、個人個人に合うように教育の方法を合わせることができます。

ISFJ

ISFJタイプは非常に組織化された予測可能な職場を楽しんでいます。
仕事の安全が確保されている場所で働きたいと思っているので、
そうではない職場では、不安を感じたり欲求不満を抱くようになります。
安全な環境にいる場合、このタイプは立場を維持するために、非常に懸命に働きます。
このタイプは忍耐強く信頼できる労働者であり、他の人が回避するハードワークを喜んで行うでしょう。
またコミットメントを非常に真剣に受け止め、他の人の下で働きたいと思っています。
自分の上司が攻撃的な態度をとらない限りは、命令を受けても気にしませんが、
攻撃されると個人的な失敗と見なすため、批判をうまく処理できない場合があります。

同僚としてのISFJタイプは親切で忍耐強く対応しています。
このタイプは同僚を助け、チームでうまく働くことができることを楽しんでいます。
時々恥ずかしがり屋かもしれませんが、他の人とうまく働くことがとても可能です。
このタイプはしばしば好意的であり、他の人を助けるために最善を尽くしますし、
平和を維持すること好み、同僚の間の調和を生み出すよう努めています。
信頼できる人物であり、キャリアのはしごを登るために思い切った行動を示したりはしません。

ESFJ

ESFJタイプは職場の環境次第で成功することがよくあります。
このタイプは規則に従うのに非常に熟練しており、自分の仕事の義務を果たすことを強く信念としています。
また有能であると見なされたいと思っており、仕事の要求水準を予想以上に超えてしまいます。
このタイプほ方針と期待を明確に定義している限り、優秀な労働者になって働きますし、
構造と仕事の安全が確保された環境で最善を尽くします。
このタイプはしばしば上司から非常に尊敬されており、信頼できる忠実な労働者と見なされています。
しかし批判については自分の技術への個人的な攻撃として受け取るので、苦労するかもしれません。

ESFJタイプは非常に社交的な同僚であり、新しい友達を作る機会を楽しんでいます。
このタイプはチームワークが得意で、しばしばチームをまとめる接着剤のような存在になり、
他の人を結びつけ、仕事を成し遂げるために調和を生み出すことを楽しんでいます。
このタイプはしばしば職場で非常に人気があり、喜んで他の人に援助の手をさしのべます。
しかし自分が処理できるよりも多くの仕事量を引き受ける傾向があるので、
疲れや欲求不満を引き起こすかもしれません。

ISTP

ISTPタイプは、十分な自由が許される職場で最善を尽くします。
厳格な方針を嫌い、成長する余地がないと閉じ込められていると感じることがよくあります。
このタイプは物事を修正するのが非常に得意で、自分で一連の仕事を実行できることを楽しんでいます。
またこのタイプはとてものんびりと構えていて、おそらくほとんどの目標を簡単に達成するでしょう。
非常に賢く熟練した労働者であり、適切な環境で抜きん出るでしょう。

同僚としてのISTPタイプは通常とても好意的ですが、自分自身を維持することを好みます。
このタイプは自分ひとりで、または他の尊敬できる同僚と一緒に働くことを好むので、
周りの人はしばしばこのタイプを控えめだが楽しい同僚と見なします。
このタイプののんびりした性格は非常によく見受けますが、
一方で無愛想なところは時々少し手厳しいく思われるかもしれません。

ESTP

ESTPタイプは多くの場合、職場で成功し、ほとんどの仕事を簡単に実行できます。
このタイプは、1つの地位に長時間留まるのが嫌いであり、
昇進する機会を可能にする仕事で最善を尽くしています。
また常により良い仕事を探しており、成長と発展を望んでいるので、
行き詰まった感じを嫌い、苛立ち、しばしば前進することを許可しない仕事を放棄します。
またこのタイプは人脈作りが得意で、官僚的なゲームを楽しんでいるので、
上司に好かれ、よく認められれる方法を持ち、上司を感動させることを楽しむことができます。
ただしあまりにも多くの規制を嫌い、職場での当たり前な自由が許可されている場合に最善を尽くします。

同僚としてESTPタイプは外交的で社交的です。
このタイプは、怠け者で期待を持たせない同僚に不満を感じるかもしれません。
自分自身の仕事能力を損なう可能性があるので、
同僚の失敗を同僚自身にとっての問題と見なします。
さらに自分の同僚が仕事で良い仕事をしている限り、このタイプは同僚に対して非常に助けとなり、友好的になるでしょう。
また、職場を仕事以外でも維持できる新しい友情を築く機会と見なすこともよくあります。

ISFP

ISFPタイプは、創造性と探求の自由を可能にする職場環境を楽しみます。
制限が多すぎて行き詰まっている場合、非常に不幸と不満を感じるでしょう。
このタイプは、統制されたり、何をすべきかを告げられることを強く嫌い、
攻撃的な指導者に親切に対応しません。
もしこのタイプが厳格で融通のきかない仕事上の立場にある場合、
おそらく自分の仕事上の努力を怠けてしまうでしょう。
方針と自由とのバランスがある限り、このタイプは職場で非常にうまく働きます。
臆病になる傾向がありますが、職場で非常に能力があり、
多くの場合、膨大な量のスキルを持っているのです。

ISFPタイプは恥ずかしがり屋で控えめですが、優れた同僚になりえます。
このタイプは他人の周りにいることが好きであり、とても好感が持てます。
周りにいるのが楽しいし、のんびりとした雰囲気を持っているので、
しばしば他人に対して非常に忍耐強く、簡単にイライラすることはありません。
対立を避けることを好み、むしろ自分の仕事を他の人と分けて判断してもらいたいのです。

ESFP

ESFPタイプは、新しい経験を示さない職場環境を嫌います。
このタイプは細部に気を配る作業を好まないので、平凡なことに苛立ちます。
速いペースと多くの変化の機会がこのタイプの成功を引き起こすのです。
このタイプはまた挑戦力に非常に優れており、高ストレスの職場環境への対応に驚くほど熟練しています。
複数のタスクをうまく処理するのが得意で、目の前にあることに非常にうまく対処しますが、
長期計画に苦労するかもしれず、いつも自分の仕事についての批判を受け止めるわけではありません。
自発性のおかげでこのタイプは新しい状況に非常によく適応することができるのです。

同僚としてのESFPタイプは非常に社交的で、周りにいるのが楽しいです。
同僚と仲良く楽しみ、非常に簡単に友達を作ることができ、他の人とうまく働き、チームで働く機会を楽しんでいます。
このタイプは世界の社会的側面で成功するので、人々と一緒に置かれたその分野で実際最もよく働きます。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。