MBTI

【16タイプ】性格タイプ別、良いカウンセラーになれる人診断

MBTI診断とは

このブログで紹介しているMBTI診断テスト(16TEST, 16分類テスト)は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。

適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。



このようなMBTI診断は16TESTというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。まずは受験してみましょう!

16性格診断を試す(無料)

エニアグラム診断を試す(無料)

ISTJ

ISTJにとって、カウンセラーの仕事としての最も良い部分は、介入する必要を感じることなく本当に聞く能力の部分です。ISTJは人々に物事を話してもらえるようにする方法を知っていますが、あまりにも長い間となると疲れ果てることがあります。絶え間ないかかわり合いはしばらくすると少しエネルギーを消耗する可能性があるため、ISTJにとって他者に常にカウンセリングをしなければならないことは、自分の人生に余地をほとんど残さないという仕事になる可能性があります。しかしISTJは他人のために影響を与えたいと思ってもいるので、カウンセラーのような仕事はやりがいがあるものなのです。

ESTJ

他人の感情に注意を払う必要があるので、ESTJはカウンセラーとしての仕事は本当に楽しまないでしょう。ESTJにとって最大の苦労は、他人が自分の気持ちを絶え間なく表現できるようにしなければならず、本当にそれから逃れる余地がないことです。しかし、一方でESTJは他の人を助けることを気にしているので、どんな仕事にもぴったり合うかもしれません。ESTJは物事を成し遂げるために一生懸命働くので、それが何であっても自分の仕事で最高になりたいと思うでしょう。

ISFJ

ISFJは生来の共感的な人であり、他の人々を理解してつながるこの能力は、ISFJをカウンセリングの仕事において優れたものにします。ISFJは特に人々が自信を取り戻し、自分自身について気分を良くするのを助けられることを楽しんでいます。ISFJは、人々を助け、他の人々に本当に変化をもたらすことができるときにやりがいを感じたいと考えています。多くの時間とエネルギーを他の人を幸せにするために費やしているので、専門家としてこれを使用できることはISFJにとって本当にやりがいがあることなのです。

ESFJ

ESFJは他者を助けることに関心を持つ思いやりのある人々なので、カウンセラーであることがしばしば理想的です。ESFJは通常、何らかの形で他者を助けるキャリアを追求したいと考えています。カウンセラーとして、共感を使って周囲の人々とつながることができることを楽しんでおり、本当に変化をもたらす方法を見つけたいと思っています。自分がカウンセラーであり、他の人のために変化をもたらすことができることは、ESFJにとって本当にやりがいのあることなのです。

ISTP

ISTPは、優れたカウンセラーになれるタイプの人のようには見えないかもしれませんが、これは多くの場合、人生のどこにいるのかによって異なります。少し疲れ果ててしまうため、あまり成熟していないときには、カウンセラーのような仕事に本当に適合するのに苦労するかもしれません。しかししばらくすると、成熟したISTPは少なかった能力が進化する可能性があるため、カウンセラーとしての手助けと支援が容易になります。

ESTP

ESTPは、特定の境界で苦労するというだけの理由で、カウンセリングの仕事で焦り、疲れ果てる可能性があります。ESTPは仕事と私生活を分離するのに苦労する可能性が高く、そのため実際に切り離すのに苦労します。ESTPは、表に出さなくても人々のことを気にしてしまうので、カウンセラーのような仕事には本当に対処するのに苦労していることに気づくことがあるのです。

ISFP

ISFPは他人の話を聞くことを楽しむ気遣いのある人なので、他人が安全だと感じるのを助ける能力は、カウンセリングの仕事に役立つ可能性があります。しかしISFPにとって、カウンセラーになることは実際には難しいかもしれません。なぜなら、自分の仕事の生活と私生活を分けるのに苦労しているからです。クライアントの問題を抱え続けてしまう可能性が高く、それを手放すのが本当に難しい場合があります。

ESFP

ESFPは友好的で社交的な人ですが、カウンセリングの仕事は難しいかもしれません。ESTPは、クライアントを仕事に戻す方法を本当に知らずに、本当に分離して境界を作成するのに苦労するかもしれません。クライアントの問題を家に持ち帰り、代わりに私生活に焦点を当てているべきであるときでさえ、助けになりたいのです。

性格診断をもっと知りたいあなたが読むべき3つの書籍

①MBTIへのいざない - ユングの「タイプ論」の日常への応用


16タイプ性格診断 - MBTIを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。

②ユング心理学でわかる8つの性格



心理機能を知りたいあなたへお届けする1冊になります。16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット(心理機能)を理解することで16性格診断を理解することができます。この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。

③新版エニアグラム【基礎編】


9タイプ性格診断 - エニアグラムを知りたいあなたは絶対に読むべき1冊。エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。


ABOUT ME
魔王
「今すぐ使える心理学」を立ち上げた張本人であり、過去に性格心理学の研究・恋愛心理学の研究を行なっている中で、誤った知識が世の中に蔓延していることに課題を感じ、学術レベルで心理学を学び、企業向けにコンサルティング業務を行っています。 - 九州大学出身、「性格心理」や「芸術」について学ぶ。性格心理学を用いた製品開発やチームマネジメントの第一線で活動中、現在メディア事業部マネージャーとして性格心理学を実践しています。